絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

2度目の美大・芸大受験1 No.94

美大受験

 平田先生が亡くなっていたことを知ってから一ヶ月以上、物思いにふけるばかりで何もしていなかった。

 それから我に返り、これからやらなければならないことを整理して考える。

 日本画の未提出課題が幾つかあり、それについては一応は全部やる。

 この時期になってしまったなら、やっつけ仕事や納得のいかないものになろうと、関係はない。

 2年次の学年末から、3年次のこの時期も似通った状態になることは予想できていたから、気持ちの割りきりはできている。

(とはいっても。割りきれていなかったから、教員達の意見を聞こうとしたり、制作に時間をかけてしまい、提出期限に間に合わなかった訳だが。)

 前以て予想していただけに、1・2年次よりはマシな状況にはあった。

 講義関係で求められているレポート提出や試験等は、すぐに手をつけなければ対応できない。

 困ったことに、受験しようとしていた武蔵野美術大学多摩美術大学のどちらかの試験日が、講義関係の課題や試験等と絡んでいた。

 どっちの美大がどうだったかは覚えていないのだけど、物思いにふけていたうちに、片方の美大の入試日は過ぎていた。

 それから我に帰ったその日のうちに、もうひとつの美大の受験会場へ向かう準備をしなければ、受験は受けられないという状況になっていた。

 当初の予定では、これをギリギリのスケジュールでこなしていく予定だったのだが、僕がひと月以上物思いにふけていたことで、どちらかを選びどちらかを棄てなければならなくなっていた。

 悩みはしたのだけれど、美大の受験は諦めて、今いる大学の課題関係を優先して取り組むことを選んだ。

 

芸大の受験準備

 芸術大学の入試に関しては、きちんと都合をつけて受験することは出来た。

 実際に受験したのは、東京芸術大学愛知県立芸術大学金沢美術工芸大学、この3校だ。

 大学の3年生になってから、試験用の絵の練習など殆ど出来ず、試験までにやったことは数点の石膏デッサンを描いたのみだった。
 着色写生の試験で使う水彩絵具なんかも、1年以上は触っていなかったと思う。


 この受験の一番の目的は、受かる事ではなく、有名大学の受験の難易度(どの程度の腕が必要なのか)を直接感じ、それに対しての自分の腕はどの程度かを把握することだった。

 

 よく思うのだけれど。

 絵を描いていると、自分の絵というものは、客観的に見れなくなるのかもしれない。

 僕の腕でも、意外といい処までいくのではないか。
そんな風に思うことは時々あった。

それでも、日本の芸大の代表的な大学なのだから、いま在籍している三流美大で、教員や同級生達から「まぐれで合格してしまった奴」等と散々に馬鹿にされている程度の僕が合格する筈はない。
 その可能性などを図々しく考えてはいけないとも考え、『もっと事実や現実を客観的にうけいれなければならない』等と、僕は自分に何度も言い聞かせていた。

 同時に、そんな考え方をしている僕の様な人間は、ロクな成果も出せないだろうとも考えていた。
 万が一の成果を出すのに、今の自分では必死さが無さ過ぎる。
 そんな風にも、ずっと考えは巡り続けてきた。

 それでも、芸大受験に挑んでいるこの時ばかりは、そんなことを考える余裕なんかも無かった。

 そして、平田先生との最後の電話での会話(亡くなる前)で、「今の美術大学は辞めずに続けた方がよい」「大学の先生に何を言われても、我慢しろ」という言葉を掛けられていた言葉も頭を巡る。

 その事で、亡くなった平田先生の言葉を汲み、他校の受験なんか辞めようかと、ギリギリまで迷ったりもしていた。

 

 言い訳のような話ばかりになっているけれど。

 実際に有名な芸大の試験を受けて一番感じたことは、僕自身の腕の鈍りである。

僕のデッサンや着色写生は、浪人時代よりも多少は丁寧になっている。
 でもそれは、手先の慣れとか作業性がよくなっただけのことだ。

 しっかりとものを見詰めたり、質感を描き表したり、そういう一番大切な処は浪人時代の方が出来ていた。

 試験用に決められた時間内で、デッサンや着色写生を計画的に終わらせる感覚も、この数年間ではかなり薄れていた。