絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

#あの時の話 No.0

 この記事を書いているのは、カテゴリーとして分類としている「#画学生時代の話」の記述を終わりかけている時だ。

 実際とは違った日に文章を書き、この投稿日を指定して投稿することで、この「#画学生時代の話」の最初にこの記事を持ってきた。

 

 この記事を読んでくれている人の殆どは、絵に関するキーワードでネット検索をした人だと思う。

 これからはじまる話は、僕が画学生だった時の話を中心にしているので、僕の学んできた絵の話についてはよく出てくる。

 絵の話と同時に、僕のトラウマとなっている根暗な話しも、非常に多く書き綴られている。

 話もかなり長いので、そういうネガティブな話が苦手な人は、この『#あの時の話』と分類したカテゴリーの話は、あまりオススメしないことを、最初に書いておく。

 

 カテゴリーで『#あの時の話』と分類しているものは、タイトルにナンバーを振っていて、後から書いているこの投稿は『No.0』とした。

ここで述べているカテゴリーとは、記事のタイトルの下にある#の付いたタイトルを指している。

 なぜ『No.0』を作ったかというと。

 知り合いへ「ここがはじまりだよ」と伝える意味合いを主としている。

 それともうひとつ、ことわりを最初に書いておきたかったから、というのもある。

 これから始まっていく話は、何年か前にアメーバブログで書き綴っていた話を基に、文章を訂正しながらこのはてなブログへ移行投稿している。

 僕は文書を書くのが下手で、その訂正も難航している。

 毎回の投稿に時間がかかっているだけではなく、後になってから再び訂正をしていることもあるもので。

 だから順に読んでいると、文脈的に少しおかしかったり、補足説明が不足していたり、そういう部分が出てくると思う。

(そうならないよう、気は付けているのだけど…)

 そのことを、ここで伝えておく。

 

 これからはじまる話は、主には2つのカテゴリーで書いていく。

 話の全体は『#あの時の話』とする。

 その内、はじまりから画学生を卒業するまでの話を『#画学生時代の話』とする。

 『#あの時の話』の終わりは、2019年11月に終えた民事訴訟についての話までとする予定である。

 

 という訳で、まずは『#画学生時代の話』から、はじまります。