絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

アメブロの後の話2 No.136

新店舗の状況

 入社当初、本当は働く筈だったパチンコ店の新店舗の話。

 そこは会社の一番新しいパチンコ店で、 僕もオープニングスタッフとして働く予定で採用され入社してきた。

 処が、旧店舗も人員を補充したいとのことで、同じ時期に入社した従業員のなかで、僕だけが旧店舗の従業員として働くこととなった。

 

 その店舗の従業員達は、入社した数か月後から会社と慢性的にトラブルを起こす。

 その内容も、僕の所属していた旧店舗と同じく、会社幹部のいい加減さや労働基準法違反といった待遇に、従業員達は皆で怒っていた。

 旧店舗との違いがあるとすれば、新店舗の従業員達は、皆が同じ時期に入社してきたもので、不満を皆で共有し結束していたことだろう。

 その従業員達の不満と結束に、Y店長は対処を出来ず、オープンした店舗の売上も見こんでいた額には届かず、いつも1番のトラブルを抱える店舗となった。

 会社としても、新店舗の従業員のやる気のなさをどうにかしようと、社長の指示でS本部長がよく新店舗へ行っていた。

 このS本部長は、従業員達を会社や自分の都合に従わせる為、いつも高圧的な態度で接することとなる。

 それが逆効果であるのに、そういう対処しか出来ずにいた。

 こういう不当な内容を、恫喝したり圧力をかけて従わせる組織というのは、その組織の維持も長くは出来ないという。

 その維持は長出来ても5~6年くらいだろうと、ビジネス書関係では語られている。

 僕の在籍した旧店舗も、従業員間の衝突を何度も繰り返したり、従業員が定着しなかったり、誰かが労働基準監督所へ動いて貰うように動いたりで、色んなトラブルを起こっていた。

 役職者であるS専務とS本部長とS主任は長く在職するけれど、その他の従業員は会社への不満から、長い人でも5~6年までは在職しないで退職している。

 新店舗に関しても、僕と同じ時期に入社してきた従業員達は、入社してから5~6年くらいの時期に、皆で揃って退職していった。

 組織としてのまともな機能と考えると、どこも半年~数年くらいしか、維持しているのを見かけていない。

 新店舗のトラブルと、一般従業員の殆どが退職することで、Y店長は責任をとらされ、新店舗の職務を解任される。

 その後、退職するかカラオケ店へ移動するかの選択を迫られ、カラオケ店へ移動してくる。

 こういう事柄を後になって振り返ると、全てが必然的に流れていた事柄の様に思えてくる。

 

 色々と細かな話を省いている兼ね合いから、色んな状況の説明は不足しているのだが。

 この時期の役職者のうち、何人かの役職は変わっている。

 S本部長は常務へ。

 Y店長は本部長へ。

 社長の次男であるSは課長へ。

 それから、僕は店長になるのを拒んでいるので、扱いは一般従業員のままでありながら、本社会議へ出席させられることとなる。

 そして、一度は退職したS専務は職場復帰し、役職は退職したときと同じ専務となる。

 

変われないカラオケ店

 パチンコの新店舗からカラオケ店へ移動してきたK本部長は、基本的には事務所で過ごす。

 役割としては、カラオケ店の売上を伸ば企画などを考え指示を出す、という話で移動してきた。

 社長からも

『カラオケ店なんか暇で、やることなんか何もない』

『現場での作業は、忙しい時に配膳と皿洗いだけしたらいい』

 等と聞かされていた様子で、Y本部長もその気になっていた。

 僕の休憩や休日の問題も、会社側はY本部長が対応する考えで片付けていた。

 それでもY本部長は、部下である僕の勤務状況等に関与する気はなく「俺にはそこに触れる権限はない」と語って逃げる。

 そんな立場で、現場の状況を把握する気もないままに、仕事上の指示を出してくるもので、僕はY本部長に意見し怒り、指示を拒否したりもしていく。

 仮に、そのY本部長の指示に従うにしても、僕には幾つも仕事を抱えている。

 本社会議で、社長へ報告して実施していた店舗の仕事もあったし、新人の教育をしたり、アルバイト達の終わらせられない雑務を期限内に終わらせること等、いつも本来の勤務時間以上に働いている。

 何等かの作業でY本部長も協力してくれ、店舗内の作業の分担を少しでも出来ていたならば、僕はそのY本部長の指示も聞き入れただろ。

 それさえもなく、休憩や休日はなかなかとらせて貰えず、サービス残業の時間を追加する前提での指示に、僕は怒っていた。

 この他にも(内容は省いてしまうが)、僕はY本部長の働き方に対して、様々な不満を持っていた。

 僕の意気込みとしても、

 『売上を伸ばすなら、店舗の体制きちんと整えた後に伸ばしてやる』

 という考えを持っていた。

 その為にも、今まず、従業員の数を揃えて、その従業員の教育から優先してさせて欲しかった。

 そうすれば、僕がいつも忙しく動かなくても多くの作業が進み、それ迄に手をつけられなかったことにも手をつけられる状況になる。

 そんな僕の意思を、Y本部長は聞き入れては貰えなかった。

 

退職の宣言

 実をいうと、S専務が職場復帰してから、すぐにカラオケ店の人件費削減を求められていた。

 その件については、僕は強く反対する。

 社長の許可のもとで、人を増やして教育していて、その後にこそ売上を狙うつもりでいた。

 そして今は、その準備の過程にあるのだ。

 この会社幹部達の行いたがる人件費削減は、社長に対して『やれることは全てやっている』と思わせたい意図を持っているのだろう。

 それでもカラオケ店に関しては、やれること、まだやっていないことは幾らでもある。

 それを僕にやらせないのが、S専務をはじめとする会社の幹部達ではないか。

 現状としても、カラオケ店は損益分岐点のギリギリまできている。

 これ以上は、売上を落とす要因を作ってはいけないのだ。

 S専務と僕との直接の会話では、S専務は人件費の削減を諦める。

 その後に、S専務はY本部長と2人だけで会話し、カラオケ店の人件費削減を決定する。

 その決定に、僕は再び抗議し反対をするが、僕の話は一切聞き入れられない。

 それならば、僕はもう辞める。

 年末年始という、一年で一番忙しい時期までは居るので、それ迄にカラオケ店の引き継ぎ関係をきちんとして、その引き継ぎをする者に、年末年始の営業を経験させて欲しい。

 そういうお願いを、僕はS専務に行った。

 僕のこの退職の宣言に、S専務は喜んだ。

 S専務は、カラオケ店の面倒なことへ一切手をつけないまま、自身の思うようにカラオケ店を動かしたがっていた。

 そこへいつも反発する高木が邪魔ではあったが、高木を辞めさせると、カラオケ店の店長業務をやる人物はいなくなる。

(他のパチンコ従業員へやらせようとすると、彼等は会社を辞めると言ってしまう)

 しかし、この頃にはY本部長がカラオケ店にいる。

 だから、高木が退職した後にこそ、Y本部長へやってみたいことを指示することとした。

 S専務も、よく『飲食店の経営なんか、馬鹿でも出来る』等と口にしていた程である。

 馬鹿な高木を、いきなりカラオケ店へ行かせても上手くやれてしまう、そんな程度の仕事と認識している。

 その為に、引き継ぎ問題は何もしないでも平気と考え、最後まで『引き継ぎは○○にさせる予定だ』等と言い逃れをしながら、誰にも引き継ぎをさせず、僕も退職時期を迎えてしまう。 

 カラオケ店の人員問題に関しては

「高木がいなくなるなら、人員をもう少し増やさなくては」

 と言い出し、やはり人員を増やすこととした。