絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

上司の強要への抵抗2 No.133

Mの指示

 S専務が退職したからといって『Mが高木を使って、カラオケを作り替えろ』というS専務の指示は消えない。

 

 S専務の指示は、カラオケ店の売上を上げる、ということを目標にはしているけれど、それに連なった腹黒い考えは色々とあった。

 色々とやった結果、売上が上がらすに以前より酷くなった場合は『高木が勝手なことをしたからだ』というかたちで社長へ報告する段取りになっている。

 逆に売上が上がった場合には、S専務が『俺が指示してカラオケ店の改善をした』と語る段取りとなっている。

 どちらに転んでも『やっぱり高木は使えない従業員だ』と語られる結末が明らかに待っていた。

 

 カラオケ店のことを全く把握していないS専務とMだけで、カラオケ店をどうするかの話し合いは進められる。

 その後で、Mから僕へ指示は出される。

『店のメニューの単価をもっと上げ、そのメニューの食材も普段使っているものよりも高いものを選ぶ。

 そのことで、◯◯産の食材を使っている、という表記をして、料金の高さも納得して貰う。』
『良いメニューを出していれば、高くても買う者は絶対にいる。』

 当初は『店のやり方を全てぶっ壊して、作り直せ』という指示だった。

 だからといって、そこへ会社の経費を使うわけでもなく、準備等で僕に自腹負担をさせる範囲を考えると、カラオケ店のメニューを変えるだけという結論となっていた。

 この方向でカラオケ店のメニューを変えろと指示してくるのだが、僕は『今はそんな時間的な余裕はない』と反発する。

 この時の僕も、やはり人手不足で困っている。
 平日の営業の殆んどは、一人で店をまわしているか、新人の教育をしながら店をまわしているかのどちらかである。

 その為に、設備の手入れや清掃や食材の仕込みやらの雑務で、殆んどの日は閉店後にサービス残業という形で作業を終らせている。

 週末は出勤するアルバイトの数は増えるが、それでも人員的に余裕はなく、接客以外のことは殆んど手をつけられない。

 そんな状況でも、S専務やMは指示を出してくるだけで、僕の手が空くような雑務の手伝いをしてくれる訳でもなかった。

 売上を伸ばす前にまずやるべきことは、人員を増やして、店が忙しい時にはきちんと対応できる体制を整えるべきなのだ。

 平日や、週末でも昼間のオーダーの少ない時間帯には、店には僕しかいない状態にある。

 そんな時に料理やドリンクのオーダーがきて、新規の顧客の受付やクレームが重なったときには、オーダーへの対応はその都度遅れていく。

 このカラオケ店の状況は、S本部長とS課長とで作っていったもので、僕としてはここから直すべきと意見する。

 しかし、S専務はS本部長やS課長と揉めたくない気持ちや、現場の細かな事情に耳を傾ける考えはなく、僕の意見は全て無視をする。

 そんな状況で、いつも暴言をかけられるもので、僕もS専務に対して『お前の身勝手な指示なんか聞けない』と反発し、時期に退職していった。

 Mも、S専務と一緒にカラオケ店にやってきて、S専務と一緒になって僕を馬鹿にし、僕の面子を潰して言うことを聞かせようとしてきた経緯がある。

 だから僕は、Mに対しても同じ様に抵抗し、反論し、揉めていった。

 ただ、このMに関しては、部下という立場でS専務の意向に従いる部分が強くて、こう動くのも仕方なかったのだろう、とは思っていた。

 そういう仕方なかったのだろう…と見る部分があったからこそ、僕はMに対して怒り文句を言ったり、不貞腐れたりもしながら、ある程度の意向や指示には従った。

 この『ある程度』という言い回しには、Mの意向や指示の通りに動こうとしても、現実的にはそうは動けない要因が多かったからだ。

 

 僕がこう考えてMの指示に従ってしまうのも、お人好しが過ぎているからで、自分で自分が愚かだと、いつも思っていた。

 

Mの休日対応

 Mがカラオケ店へ暫くいることで、僕の休憩や休日は、一応はとれることになる。

 しかし、Mは元々パチンコ店の従業員である。

 出来る作業範囲も、受付・精算や配膳くらいの仕事で、調理や清掃等の雑務なんかもしない(やろうとしない)。

 そういう範囲でしか作業が出来ないとなると、休憩や休日のとれる場面は限定される。

 平日で、カラオケ店の作業全体を把握しているアルバイトが出勤している時間であれば、Mとそのアルバイトとの2人で店番をしてもらい、僕は休憩をとる。

 しかし、Mと新人との組み合わせとなると、調理や機材トラブルの対応の兼ね合いから、やはり休憩はとれない。

 その状況は休日も一緒で、元々人手不足で新人も多い状態である。

 だから、Mが僕の休日対応をしているといっても、休日では6~8時間くらいは店に出て働くこととなっていた。

 その休日出勤をタイムカードに打刻してしまうと、Mは僕の休日対応をしていないこととなる。

 そういう配慮から、休日出勤したり休みがとれなくても、休日をとったというかたちでタイムカードは処理する。

 こういう処理は、店長になる予定でカラオケ店に来たSaやKの教育の時から、当たり前に行うようになっていた。

 これは僕の意思でしたことだけれど、こうしなければ、一緒に働いている従業員が強く責められ、面子を潰され惨めな思いをする結果となるのだ。

 こんな状況とは別の話として。

 Mが休日対応をしてくれていることで、何かしらの作業が進むわけでもなく。

 休憩をとった分を閉店後に作業をするか、休憩をとらずに閉店後は少しでも早く帰るか、という選択肢も生まれてくる。

 こういうことも考えると腹立たしく思えて、当時の僕は、大人げなくもMによく毒ついていた。

 そうはいっても、会社の上下の兼ね合いで動いていることだ。

 M自身も上司の手前、こういう動きかたしかできなかったのだろう。

 ここではこう書いてきたけれど、仕事上では、Mは色々と助けになってくれたし、感謝もしている。

 

メニューの変更

 S専務やMも、カラオケ店のメニュー変更を軽く見ていた。

 『業務用の冷凍食品を仕入れて、レンジでチンして出せば良いだけ。』

 『今の冷凍食品は質も高い。』

 そんな風に考え、お洒落なものや美味しいものを選択してメニューに組み込む、それ等は簡単なことだと考えていた。

 だから、S専務とS本部長とで口癖のように『飲食店の経営なんか、馬鹿でもできる』と口にしていた。

 それでいて、まともに飲食店で働いた経験なんか無いのだ。

 

 各メーカーも、冷凍食品の製品開発は苦労していて、色んな商品がある。

 それをメニューに組み込む前に、販売価格や味や調理時間や手間等、計算や試食なんかもしていく。

 よく言われている話では、販売価格は原価(仕入値)の3倍となる。

 その3倍のなかには、販売できなかった場合のロスと店の儲けも含めて考える。

 この考えから、実際に冷凍食品(業務食材)の仕入値を調べ、販売価格を設定していくだけでも、思うようにいかない。

 普通の感覚で考えると割高で、『この味でこの価格?』と思える商品が大半だったり。

 店の設備や厨房の人員の兼ね合いから、オーダーを受けてから提供までの時間に難があったり。

 実際に、そういう業務食材を取り寄せて、価格計算や試食などの経験の積み重ねをしないと、わからないことも多い。

 

 上司達の言葉の上では、僕はカラオケ店で楽ばかりして、何の仕事もしてこなかったことになっている。

 しかし、僕はこういう業務用の冷凍食品を毎月一定量を取り寄せ、アルバイト達と試食などもしていた。

 カラオケ店で本来とれる売上をとる為に、厨房用の人員を増やすか、もっと冷凍食品を使った調理の簡素なメニューに変えていくべきではないかと、何度もS本部長へ提案していた。

 人員であれ冷凍食品であれ、料理のオーダーが来てから提供まで、30分以上かかる様な場面は無くしたいと考えていた。

 そのS本部長は、自分の関与していない処でカラオケ店が上手くいくのを嫌がり、僕の提案は全て無視してきた背景もあった。

 その経緯もあり、僕には『もしも』を想定した積み重ねや準備なんかもしていて、突然のメニュー変更の指示でも対応は出来た。

(不貞腐れながらの対応だったけれど)

 それでも、Mの求める様なお洒落な料理は販売価格も割高であり、店舗の人員を増やせない状況からも、Mの考える様なメニュー構成に出来ないことを納得して貰うのに、それなりの時間はかかった。

 

 下に2つ、よく利用していた業務用食材のネットショップのリンクを貼っておく。

  この業務用食材のネットショップの良いところは、知らない商品を探せる処にある。

 僕のいたカラオケ店の様に、業務用食材を扱っている会社と取引をしていても、その取引している会社は、よく扱う商品しか把握していなかったりする。

 取引している会社から、新商品などのカタログを貰っていても、カタログとして貰えないまま発売された新商品も多い。

 そういうことから、自分も取引している会社も把握していない商品を、このネットショップで見つけてくることができる。

 業務用食材の業者からでは、ロットや箱単位でしか買えない場面も多い(その分、一個あたりは安い)。

 ネットショップでは、一個単位で買える場面も多く、試しで買ってみるにも丁度良い。

 見つけた商品が良いものだったなら、後から取引をしている会社でも扱っているか問い合せし、取引している会社から購入する手もある。

 そんな感じで、当時はお世話になったページだ。

 

タスカル

業務用食材・食品の通販、卸はタスカルネットショップ

フーヅフリッジ

【業務用】食品・食材はUCCのフーヅフリッジ(旧 ロイヤルシェフ)