絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

店長不在の店舗5 No.131

事務員からの批判

 古くからいたアルバイト達を退職させた後、アルバイト事務員から受ける僕への批判は止まらない。

「◯(新人アルバイト)なんかよりも◯(古くからいたアルバイト達)達の方が仕事をしていた。」

「仕事をしなかったとしても、そういう従業員として育ったのだから、その分を高木が働いて補うべきだった」
「みんな平等に扱う為、アルバイトは今残っている人物も全員辞めさせるべきだ」
「あなたの判断は間違いだらけだ」

「あなたには人の心がない」

  何度も繰り返されるこういう批判に、僕もうんざりし、何度か反論したこともある。
 その反論に対する事務員は、

「私はアルバイトであり、何の関係や責任もありません」

「私ではなく、これはS課長が言っているのです」

 といって会話を避ける。

 このアルバイト事務員も、会社の幹部達と同様に、カラオケ店の忙しい場面などを知らない。
 アルバイト事務員の店舗にいる時間帯は、来客数が一番少ない時間となる。

 売上の額でいえば、その場面での利用客の利用料金を合計しても、数千~数万円くらいの売上にしかならない時間帯。

 週末や連休等の売上ピーク時というのは、1時間で20万~30万くらいのペースで売上が伸びていく。

 カラオケ店というのは、室料というかたちでも売上は伸びていくけれど。

 居酒屋等の飲食店を経験したことのある人ならば、1時間辺りで数十万円の売上を出していく忙しさを、少しは理解して貰えると思う。

 そういう場面を全く知らず、アルバイトの立場で、人件費の削減をしろとか、この時にいる従業員を全員辞めさせろ等と怒り意見している訳である。

 もうひとつ語ると。

 数か月前までは、このアルバイト事務員も、

「古くからいるアルバイト達は全員辞めさせなさい」

 等と、S課長の名前を借りながら、M(元)店長や僕へ意見して責め立てていた。

 そういった矛盾した内容で指摘され、会話に困ると「私はアルバイトだ」「私には何の責任もない」と逃げるけれど、その後も批判や意見や責め立ては止めない。

 実情や事実を歪め、自分の都合で解釈して怒っている自身の状況を認めない。

 そうして僕の存在を否定しながら、幾つかのトラブルを起こしながら退職していった。

 退職後も、このアルバイト事務員の娘さんやその友人等を経由して、 僕への批判は耳にし続けていた。

 

 この一連のゴタゴタに関して、僕の判断は全てが正しかったとは言わないし、全て適切に対処したとも言わない。

 僕の能力的なものが足りなくて、お人好しが過ぎていて、もっと上手くやれる要素は沢山あったのも自覚している。

 それでも、僕は自分のやれることや、やるべきことはやってきたと思っている。

 この結末を不満に思うならば、なぜあなたは自分のやれることを、もっとしてこなかったのかと言いたい。

 古くからいるアルバイト達が悪さをしていたとき、M(元)店長や僕に批判するばかりではなく、そのアルバイト達に「そんな働き方をしちゃダメだよ」となぜ言わなかったのか。

 その「ダメだよ」をアルバイト達に言っていたのは、後にも先にも僕だけだった。

 サービス残業や経費の一部の自腹や私生活や夢や家族・友人・恋人関係や健康など~多くの犠牲を払いながら、古くからいたアルバイト達や新人アルバイト達のことも、どうにかしようと奮闘したのも僕だけだった。

 元々、僕は会社を辞めると宣言している立場であり、この職場の理不尽にいつ逃げてもよい立場にあった。

 それでも、犠牲を払わなければどうにも出来ないと考え、犠牲を払いながらやってきたことである。

 その結果として上手くいかなかったことに、何の犠牲も払ってはこずに「自分には責任はない」と逃げ、逃げながらも「あなたは酷い人だ」と批判し続けるのは、虫のいい話ではないだろうか。

 そういう批判を、僕はあなたの退職以降までも受けてきたけれど、それでも僕は、この件で何の後ろめたさも持ってはいない。