絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

店長不在の店舗4 No.130

引き抜かれてきた店長 

 Kという人物が、店長になることを前提に入社してきた。

 Kはパチンコ店の常連客で、S本部長とS専務から誘われて、そのときにやっていた飲食店の仕事を退職して入社してきた。

 しかし、入社前にS本部長から聞いていた待遇と実際の待遇に大きな違いがあったらしい。

 具体的なことをいうと。

 Kは入社した最初の月から、店長としての手当てやそれなりの額の給与を貰うつもりでいた。

 それから実際に入社すると、一般の正社員としての一番少ない給与額となっていた。

 そのことに対する会社の話は、「仕事の引き継ぎをして店長になった月から、約束の給与額は払う」というものだった。

 他にも何かあったのかも知れないが、本人の語っている話はこういう内容だった。

 そのことで、 Kは入社してすぐに、

「俺はこの会社に騙された」

「この会社に来たことで、俺の人生は終わった」

「こんな少ない給料では、やっていけない」

「こんな会社はすぐ辞める」

 等と、アルバイト達に対して語り始める。

 アルバイト以外の正社員や幹部達に対しては、その話を内緒にしようとしているものの、色んな処で筒抜けになっていた。

 

 このKという人物は、色々とトラブルを起こしたり、要領が人一倍悪かったりで、会社では何かと話題になる部分があった。

 その要領の悪さに関しては、Kの退職する少し前に、当人の口から(無自覚ながらも)事情は語られていた。

 Kは過去に飲酒運転をして事故を起こし、一度は心配停止したことがあった。

 その事故以降、人生的にも思うように立ち回れなくなり、様々な仕事でも失敗を繰り返していくことになった。

 そういうKの状況なども知らないまま、S専務とS本部長は「カラオケ店の店長をやらないか」「カラオケ店の仕事なんか簡単で、店長なんか誰でも出来る」と誘い、この会社へ入社させる。

 Kは幾つもの飲食店をやってきていて、調理には自信もあるそうで、社長からは期待されていた。

 その社長から「カラオケ店には沢山女子がいるから、好きなのを選んで結婚しろ」などと言われていた。

 そんな言葉に従い、40過ぎのKは入社した最初の月から、20歳前後のあるアルバイトの子へ結婚を申し込んだり、よく来店する女性の顧客に「付き合ってください」とお願いしたりして、従業員や一部の顧客の間で気持ち悪がられていた。

 仕事の面では、新人が最初に覚えるような仕事でも、半年かかってもやり忘れを続け、僕からいつも同じ注意されていることにイライラして反発したり。

 利用客の精算処理のミス・トラブルがいつまでも直らなかったりで、ずっと上手く立ち回れない存在でいた。

 Kによく注意をしていた僕も、過去には色んな失敗もしてきたし、要領がよい人間でもない。

 だから、仕事上のミスには寛容な方だと思っていた、仕事としてどうしても身につけなければならないことに限定して、意識して強く叱ったりはした。

 僕にとっては、強く叱る行為もその従業員のことを考えてのことなのだが、Kにとってはそうは受けとれなかった様だ。

 Kは、店長になる前提で入社してきたことや見栄なんかもあり、仕事を覚えられないことに開き直り、自身の失敗に嘘をついて誤魔化そうともする。

 そんな感じのKだから、いつまでも教育は終らず、店長にもなれないし、僕もいつまでも退職できない。

 会社(幹部)としては、カラオケ店の社員は僕とKの二人いるのだから、お互いの休憩や休日は対応しあっていると考える。

 しかし、Kはいつまでもその段階にまで成長しないので、Kは休憩や休日を殆んどとっていたのに対して、やはり僕は休憩や休日をとれない。

 僕がKに叱る部分も、覚えるべき作業を覚えないことに重点を置いたので、僕が休みや休憩をとれない状況について、僕からKへ責めたことはない。

 Kの持つ会社への不満は、いつも僕に向けられた。

 そうなってしまうのは、幹部などのことを悪く語って、その不満の言葉が幹部の当人の耳に入った後が恐くて、誰かの名前を出した文句を言えない。

 でもKには見栄があり、会社の理不尽に黙って従っている様な姿を、アルバイト達に見せられなかった。

 しかし、不満をぶつける相手が僕であれば、叱られ方もたかが知れているし、古くからいるアルバイト達がいつも僕を悪く言っているもので、Kはアルバイト達のその悪乗りへ乗っていくことにした。

 古くからいるアルバイト達は、影でそんなKのことを「気持ち悪い」と言いながらも、僕を陥れて困らせるという部分での意見は一致していて、表向きだけは仲良くしていく。

 

示し合わせた出勤拒否

 過程の話を多く省いて、Kの退職する時の話に入る。

 古くからいるアルバイト達とKとで示し合わせて、年末年始の店舗の営業をボイコットしようという打ち合わせもあった。

 クリスマス過ぎくらいの時期までは、みんなで「年末年始は多目に出勤します」と主張しておいて、年末年始の直前になってから出勤を拒否する流れだ。

 そうすることで、一年間で一番忙しい年末年始の営業を滅茶苦茶にして、高木を会社に居られないようにしてやろう、と計画していた。

 ちなみにKに関しては、会社の勤怠の締日で退職することを会社に求め、皆より少し早い12月10日で退職していった。

 この話は、僕が勝手にそうだと思ったことを書いているのではなく、複数のアルバイト従業員が退職する時などに、実際にそう語っていたことなのだ。

 

 そんな計画なんかを、当時の僕は知る筈もなかった。

 それでも僕は、状況からそれに近い状況になることを予測していた。

 この頃は、古くからいるアルバイト達は殆んど出勤しなくなっていて、たまにの出勤でも無断欠勤や当日欠勤をしている。

 僕の経験上からも、辞めると語っている者達は、退職する最後の日を迎える前に来なくなったり、普段起こさない様なトラブルを起こす割合も高い。

 僕はS本部長に対して、そういう状態にあるアルバイト達の出勤を宛にして、年末年始を迎えるのは危険だと意見した。

 

 この時もS本部長は、僕を恫喝して意見を聞かず、会話自体を潰していこうとする。

 大体の場面で、僕はS本部長等の行う恫喝に反論はしないのだが、新しく入社してきたアルバイト達の立場を守る為には、この時ばかりは反論して勝たなければならない。

 そのS本部長とのやり取りは、二時間程続けての口論となった。

 本部長は、僕の弱みらしき処(そう思い込んでいるだけ)を責めながら、内容など関係なく僕の考えを否定する。

 この会社で持っている僕の弱みといえば、新人アルバイトに絡んだもの。

 

 僕の気持ちとしては。

 指示した仕事をきちんとしている新人アルバイト達が、少しでも理不尽な思いをしないようにと、僕はずっと奮闘していた。

 その僕の奮闘する姿は歪められて噂されていて。

 新人アルバイトのなかに高木が恋心を持っている人物がいて、いつも高木は仕事もせずにその人物と遊んでばかりいる。

 僕が上司達に意見したりしているのは、全てその恋心を持っているアルバイトをえこひいきする為のもので、古くからのアルバイト達も、高木の恋心の為に邪魔で追い出そうとしている、という噂である。

 会社の幹部達は、そういう噂を作って僕がロクに仕事をしない人間として扱われなければ、都合が悪いのだ。

 例えば、勤務時間についての話でも。

 会社の管理職にある人達でも、勤務時間は8時間~12時間くらいで、その殆んどの時間は事務所でくつろいでいる。

 そんな状況で、僕は毎日13時間(週末は16時間)も勤務時間として固定され、ずっとホールで動き回り、 勤務時間を終えても仕事は終らずサービス残業をする。

 この頃は休日も半年くらいとれず、そのことを会社の幹部達は、知りながらも知らない振りをしている。

 それ等は、

『高木はいつも、ロクに仕事もせずに遊んでばかりいるのだから、そうなるのは仕方がない』

『自業自得なんだ』

『いつも仕事をしないことに対する罰だ』

 という理屈をつけないと、幹部達の面目をたてたり、言い訳する要因がないのだ。

 その為、僕の仕事上の良い噂を耳にする度、そういう嘘の噂を作って広めなければ気が済まないでいる。

 このS本部長も、僕への嘘の噂を作って広める人物であるが、S課長やS専務から聞く嘘の話は本当であろうと信じようとする。

 そんな感じで、誰も現場を把握しないままで作り話をしていて、自分の話は嘘であるのに、まわりの語る嘘は真実だと信じようとする。

 こんな状況が、いつも画学生時代の教員や同級生達と被って見えてしまう。

 

 こんな幹部達の積み重ねて作った嘘の話を、S本部長は、僕の弱みと信じて責め立てて黙らせようとする。

 しかし、事実を基にした会話になると、僕はきちんと仕事をしてきた者なので、弱みなど何もなかった。

 逆に、S本部長には多くの弱みがある。

 僕がこの会社へ入社してきた頃、S本部長は不倫問題で会社から責められていた。

 そのことでカラオケ店のアルバイト達は、影で、S本部長のことをエロおやじと語り馬鹿にしていた。

(S本部長には、この『エロおやじ』の話が一番堪えた様子だった。)

 そのエロおやじの話から反論を始め、事実ではない噂だけで僕を責め立ててきたS本部長の行為や、僕や新人アルバイト達がカラオケ店できちんと仕事をしている証明(作業の表を作り、誰がいつその作業をしたのかを明記している)なども見せ、S本部長は弱り反論する余地はなくなった。

 それでも僕はお人好しの甘い人間であり、S本部長を追い込んで僕の主張を押し通すのではなく、前向きな話し合いという状況を求める。

 その上での話し合いでは、古くからいるアルバイト達を辞めさせるかどうかは、年末年始の働いている様子を見てから判断する、という結論に至った。

 長い補足となるので、細かな話は省くが…これはS本部長の都合(社長の意向の手前)によって、妥協できるギリギリの内容であった。

 そのことも僕は察していたので、この結論で話し合いを終えるのも仕方ないと判断した。

 

 年末年始の勤務状況といえば。

 古くからいるアルバイト達は、やはり年末年始の営業が始まる直前で出勤を拒み、殆んど出勤しなかった。

 そのことで、年末年始の営業は人員不足でメチャクチャになった。

 でもそこは、前以て僕からS本部長へ「そうなる」と意見し、その通りになった経緯がある。

 それに加えて、S本部長は年末年始のカラオケ店の忙しさを軽く考え過ぎ、人員の補充や他店舗からの応援の手配を怠った。

 そうして年末では、人手不足によってとれる筈の売上はとれず、クレームも多発する。

 年始では、見込んでいた来客数からは大幅に落ち込む。

 そのことで、年末年始に見込んでいた売上も、100~200万くらい落とす結果となった。

 

 古くからいるアルバイト達の件では、結果としては全員退職して貰った。

 そうはいっても、そのアルバイト達自体も、殆んどは、最初から退職する前提で計画して動いていた。

 そのなかで一人だけ、転職先の仕事が上手くいかず、カラオケに戻ってまた働きたいと求めてきた。

 それを僕は断ったので、具体的に僕が辞めさせたアルバイトというのは、一人だけである。