絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

移動したカラオケ店の状況1 No.124

カラオケ店への移動の経緯

 まずカラオケ店の事情と、僕がカラオケ店へ移動することになった経緯から説明する。

 

 このカラオケ店は、S課長のお兄さんが最初の店長であり、S課長もその当時はカラオケ店で働いていたそうだ。

 カラオケ店と書いてはいるけれど、元々は個室の居酒屋としての意味合いが強く、料理が美味しいという評判もついていた。

 その店長が店を辞めた経緯までは知らないが、その後に何人も店長は入れ替わるけれど、待遇の悪さ等もあり、店長になっても誰もが数年で退職していく。

 オープン当初の売上は良かったのだが、時代的には、バブルとバブル崩壊という時期とも重なり、オープン後から十数年間、店舗の記録を見る限りはずっと売上は下がり続けていた。

 僕の在籍していたパチンコ店のS店長は、店長から本部長になって以降、在籍店舗の店長業務だけでなく、新店舗やカラオケ店の改善も行うことを、社長から指示されていた。

 店長が本部長になったのと同じくらいの時期に、カラオケ店にいた数名の正社員の全員が、揃って退職してしまう。

 原因は、この時期にカラオケ店の店長をしていた者の適当な仕事に対する不満により、従業員間の喧嘩が激しくなったこと。

 それともうひとつ。

 この時のカラオケ店の店長は、地元のヤクザから仕入れた偽物のブランド品をカラオケ店で販売し、それが会社に見つかってしまう。

 そのことで、カラオケ店の正社員は全員退職し、その穴埋めとして、新店舗の従業員のMという人物をカラオケ店に移動させて、店長にした。

 そこへS本部長も付いて、カラオケ店の仕事ばかりに付きっきりになってしまった。

 元々の社長の意思では、S本部長には、パチンコ店の3店舗とカラオケ店の全ての店舗を、店長よりも上の立場で管理して貰いたかった。

 特に、一番新しい店舗では、従業員の待遇や扱いの問題で、オープン時からずっとトラブルになっている。

 S本部長はそこへの善処に手をつけられず、カラオケ店の現場作業ばかりをやっているものだから、僕をカラオケ店へ行かせることでS本部長の身動きがとれる状態にしたのだ。

 それでも、S本部長やS専務も、社長から指示されたことをある程度の処までやった後には、いつも自分等の所属する店舗の店長業務に落ち着こうとする。

 

 僕がカラオケ店へ移動した初日から、S本部長は僕へ細かな雑務をやらせながら、アルバイト達とはお喋りばかりして、そのお喋りでも僕をバカにして笑いあっていた。

「高木はいらない奴だ」

「高木は使えない」

 はじまりからそんな感じだから、アルバイト達は自分達の立場について、思い違いを始める。

 S本部長と仲良くしている自分等は、M店長や高木などの社員達よりも立場は上で、下手な社員なんかよりも権限は持っている。

 そして、カラオケ店では先輩である自分(アルバイト)等は、社員等が働いている状態でも、店が暇なら遊んでいても問題はない。

 ただS本部長の前だけは、機嫌取りして仕事もしている振りをする必要がある、と。

 この様な会社組織を崩壊していくおかしな流れは、パチンコ店でもS専務とS本部長がよくつくるものだったりする。

 過去には社長から「従業員を大事に扱わないから、すぐに人が辞めてしまう」と叱られていたそうで。

 比較的に直ぐには辞めない社員関係を小馬鹿にする反面、直ぐに辞めてしまうアルバイトや、機嫌取りが上手な者などには、会社で権限を持つ自分等と仲良くすれば特をする状況を作る。

 そういうS本部長やS専務の行う人間関係でのテクニックの様なものが、会社の組織を壊したり、不満を持って職場へ報復する者を作ったり、一定の期間で退職していく従業員を作ってもいる。

 だから、いつまでも従業員達は成長せず、定期的に従業員間でのトラブルも起き、ずる賢く怠け癖の付いたものばかり、長く会社に残る。

 それを彼等がどこまで把握しているかの真意は判らないが、彼等からの断片的な情報の報告ばかりを見る社長は、彼等が上手くやっていると信じて評価していた。

 カラオケ店の件でも、社長は「カラオケ店のアルバイト達は、我儘で言うことを聞かない子達だけど、本部長の言うことだけはきちんと聞く」という言葉をよく口にする。

 この言葉には『他の従業員達は人の扱いが下手クソだ』という当て擦りの意味を含んでいた。

 そんな話を聞かされる従業員達は、反論してもこちらの立場ばかり悪くなると察し、皆が適当に聞き流している。

 

 こういった職場内のおかしな人間関係的なものは、パチンコ店にいた時からも感じてはいたが、それは僕個人の要領の悪さや人付き合いの悪さが招いたものと考え、自分のせいだと反省しようともしてきた。

 でも、カラオケ店に来てからもそれらしい場面を何度も見ていくことで、意図的に作られている状況であることも、改めて認識する結果になった。

 

 仕事関係の本やネット記事を読んでいると、時折出てくる話で。

 会社が軌道に乗ったとき、その会社の社長のまわりには、社長の耳障りのいいことばかり語る者達が集まってくるという。

 そして、社長の聞きたくないような悪い話や報告をする者達は、社長自身によって遠ざけてしまう流れもある。

 そうなると、社長はよい報告ばかりを聞いているので、会社はよい方向に向かっていると考え信じているのだが。

 様子がおかしいと気づいた頃には、会社の経営は手遅れと言える程の状況に陥っている…そんな話もよくあることだそうだ。

 後になってこんなビジネス関係の話を知ると、この会社の状況も、この社長の話と同質のものだったと思える。

 カラオケ店へ移動したばかりのこの時期、僕はこの程度の話も知らずにいた。

 後になってこの話を知ってみると、僕の経験している職場の悪い状況や改善への考え方というのは、ビジネス書等で語られている悪い例とほぼ合致してしまう。

 在り来たりな悪い例の範疇で、僕はうろついて苦しんでいたもので、本を読んだり情報を収集する行為は大切だなぁと痛感したものだ。

 こういう考え方に向かう切っ掛けは、この本(下のAmazonのリンク)と、この本の著者の書いているブログ・ネット記事(Books&Apps)を読む様になってからだ。

「仕事ができるやつ」になる最短の道

「仕事ができるやつ」になる最短の道

 

 絵を描くのでも雇われて働く仕事でも、自身の向上の為に、本を読んだりするのは大事なことだと思う。