絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

退職願いとカラオケ店への移動 No.123

パチンコ店の退職願い

 専務へ退職の意思を伝える。

 具体的な退職理由として述べたのは、もう少し絵を描く時間を確保したいということだ。

 僕は使えない従業員という認識を持たれていたのもあり、僕がいなくなること自体に何の心配も持たれなかった。

 僕自身も、会社ではいつもその様に扱われてきたので、そんなものだと思っていた。

 退職した先輩従業員達も、退職する数ヶ月前には退職することを臭わせながら「俺達が居なくなったら、この店なんかまわらなくなるよ」等と語っていた。

 その発言には僕も反論していて。

「貴方が仕事できるのは判っているけれど。

そういう人が何人か退職したとしても、会社や組織は、居なきゃ居ないなりに体制を作って会社をまわします。

自分が居なくなった後の店の心配よりも、自分のやるべきことをしっかりやるべきだと思いますよ。」

 多分、僕にもっともらしい様な言葉をかけられて、また影で怒り狂っていたのだと思う。

 そういう経験を僕はしてきたし、僕が休憩もとれずに動きまわっていることも、会社の上司達は『無駄な努力』と小馬鹿にしてきたのだから、そういう部分も効率的に上手くやるものだと信じていた。

 

 退職時期に関しては、会社の状況に配慮して、何ヵ月かは猶予を持つので、何ヵ月先に退職するかは会社の都合で決めてよいとした。

 僕の退職の話も、専務から社長へ報告し、了承もして貰った。

 僕の方からは、具体的に何ヵ月以内とは言わなかったが、三ヶ月くらいの期間だろうと考えていた。


 配慮した状況というのは。

 S本部長の方針で、店舗の従業員は、本来必要な人員数よりも一人少ない状態を維持し、人件費の削減をしてきたことや、努力している状況を社長等に見せている意図もあった。

 そんななかで、4人の先輩従業員達は急に退職し、その変わりとして歴の浅いアルバイトを入社させたのだが、まだ数は揃っていないことや、入社したアルバイト達も従業員教育をまだ必要としている者達なのだ。

(教育に関しては、僕でなければならない理由はない)

 その他、新店舗での従業員トラブル(労働環境や待遇に関する不満)が多発していることや、カラオケ店の社員が揃って退職した(クビにされた)ことで、本部長はその対応にかかりっきりになり、それまでは専務と本部長とで店長業務を行っていたのが、この頃は専務だけで店長業務をやっている。

 店長業務といっても、いつも事務所にいるばかりで何をしているかはわからない。

 班長の立場にあった僕は、いつもホール作業ばかりで、特殊な場面を除いて事務所で何かをする場面もない。

 それまで2人でやっていたことを、この頃の専務は一人でやっているのだから、きっと大変な思いもしているのだろう。

 従業員間の噂で、営業時間の殆んどの時間はやることはなく、遊んでいるとか寝ているという話もあり、それで月給は百万円を貰っているとか、色んな噂はあったけれど。

 僕に対しては、家に仕事を持ち帰らせる程の状況なので、そんな噂を信じたり疑ったりすることもしなかった。

 そんなことについて考える余裕なんかも、僕にはなかった。

 退職が決定したことで、店開け作業を覚える為に、遅番(13~24時)であろうと休日であろうと、朝の8時前に来て開店作業をする指示はさすがに解除して貰えた。 

 

カラオケ店への移動

 退職する日の勧告を数ヶ月と待ち続けていても、会社は相変わらずでなんの勧告もなく、会員メール作りを家に持ち帰る状況も続いていた。

 入社してくるアルバイトも、定着する者もいれば直ぐに退職してしまう者もいる。

 だから、従業員教育を必要とする新人はこの頃もいた。

 シフトの組み方やサービス残業や休日出勤の問題も相変わらずで、次の職場を探せる様な余裕ある状況も作っては貰えない。

 

 それからある日、社長からの指示で、僕をカラオケ店へ行かせるように指示される。

 これは業務命令であり、僕側も従業員で働いている内は、出来る範囲で何でも協力するとは言ってきた。

それでも、この状況には疑問だった。

 この頃は、本部長もカラオケ店へ頻繁に足を運んでいる。
 何故なのかは、この時点では何も解らない。

 その本部長へ僕は話を切り出す。

「僕は何ヵ月も前から退職を切り出しているのですが、どこかできちんと退職できますか?」

 僕のその話に、本部長は怒り怒鳴ってくる。
「辞めるつもりでいるなら、何で社長にカラオケ店には行きたくないと言わなかったんだ!面倒くさい状況を作りやがって。
やっぱりお前は使えねぇじゃねぇか!」
僕「僕の意思とか関係なく、行かせる指示が出されたんじゃないですか。

退職までの短い間であっても、僕が協力すれば、会社的に助かる面もあると思って従ったのですが、それが悪かったのですか?」
本部長「あーそうか、判った判った。黙ってろ。」

 僕の質問の結論には至らないまま、本部長は怒りながら話を打ち切る。


 そうして僕は、退職の話は保留のままカラオケ店で働く事となった。

 この頃は、この時期に入社してきたアルバイトのことで、幾つかの心配していた。

 そのアルバイトの性格は大雑把で、教育時は手を焼いていた。

 指示には素直に従おうとするし、悪い人物でもなく、仕事を教えればそれなりに出来はする。
 でも、翌日以降や少し時間が経てば、すぐに手を抜いた作業や自己流の解釈のやり方に変えてしまう。

 この時期もいる先輩従業員達がそんな人ばかりで、その先輩従業員達でさえ、僕は彼等のやり方を直せてはいなかった。

 彼等にしてみれば、自分等よりも後に入社してきて上司になり、それでも上手く立ち回れていない僕の指示や注意など聞けないのだろう。

 そうして設備や接客上のトラブルなんかが起こり、そのしわ寄せは大概、僕や僕の後輩達に作業面で寄ってくる。

 その対処に僕があたるという状況に対して、誰もがそれを当然のことと考え、そこへ悪かったとか協力する考えを持たない流れもある。

 せめて新しく入社してくる者達が、それなりの仕事を覚えて、適当な先輩従業員達の作業へのフォローや、トラブルを回避するための対応も出来る存在にしてやりたい。

 こういう僕の考え方や教育や対処に対して、上司や先輩従業員達は僕の仕事を否定する。
『そんな事までしなくても、店はまわる』

『お前のやっていることは、無駄な努力でしかない』

 僕のなかで考えると、そうではないだろうとは感じてしまう。

 それでも、僕より多くの経験や広い視野を持っている人達なのだから、違ったやり方でもっと効率的に上手くやる筈だ。

 でも、僕にはこの程度の考え方しか出来ないし、やれることもこの程度なのだ。

 形式上は部下というかたちでも、先輩従業員達は一番短い人でも4~5年くらいの勤務と経験を持つ(その割には働かないのだが)。

 僕のパチンコ店で働いた期間などは1年数ヶ月程度のもので、もう辞める日を待つだけの存在である。

 そんな僕が、いつまでも職場の心配をしていてもしょうがない。

 その後の職場の体制を整える為、退職までに数ヶ月の猶予を設けてきたのだ。

 そうして僕は、退職は出来なかったものの、カラオケ店への移動でパチンコ店を去る。

 

後日に噂される話

 後々に耳にしていく話として。

 この後のパチンコ店の従業員関係は、みんなで主任の仕事の姿勢を責めていく。

 4人の先輩従業員が退職した直後、店舗のホールが荒れなかったことで、僕が去った以降のことを軽視し過ぎていたのではないか。

 総量規制やパチスロ5号機問題等で、来客数が少なくなっていた状況もあるけれど。

 4人の先輩従業員の退職以降、僕は休憩もとらずに動きまわり、体制が崩さないようにという意識も持って仕事をしていた。

 そういう意識を持つ者が居なくなり、何の対応や対策もせず、適当な作業者と歴の浅い従業員ばかりとなれば、そうもなるだろう。

 それは主任だけの問題ではなくて、店長業務をやっている本部長や専務の問題でもある。

 それでも責められるのは主任ばかりで、本部長や専務までもが責める側にまわり、そういう立場で社長へも報告していた。

 僕の心配していた新人アルバイトも、後には仕事上のミスの直後に、気持ち的にも職場に居られなくなって退職していった。

 僕の聞いた細かな話では。

 スロットのメダル洗浄機の清掃作業の教育することとなった時のこと。

 指導にあたる従業員は歳も近く、上下の関係を作りたくなかったのだろう…直接教わることを断り、店舗で作ったマニュアルを見て洗浄機の清掃を一人で行い、洗浄機を壊してしまう。

 その時期も、壊した者だけを責めていたけれど。

 僕の視点や考え方でいえば、それは指導にあたった従業員や、指導を指示した者の責任問題であり、一番責められるべきはそういった人物達である。

 新人が店舗に定着せず、人が増えず成長もせずに困ってもいく。

 4人の先輩従業員達が退職して以降、本部長や専務は、僕が職場環境をメチャクチャにする存在だと語り、嫌い憎んでいるという話も、ある従業員から何度か聞いてはいた。

 そういった会社内の細々とした出来事や話が持ち上がる度、僕も含めた従業員達は不満や不信感を持っていく。

 当事者として名前をあげて責められたり、陰口を叩かれたりしていると、自分にも至らないところはあっただろうが…という考え方はどうしてもしてしまう。

 それでも、これは会社のそれなりの立場にある人達(管理職など)の組織作りや管理や人(従業員)の扱い、といった問題と僕は考えている。