絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

K先生との手紙とその背景4 No.116

実家を離れて

 北海道を離れて最終的に行き着いた先は岡山県だった。

 暫くのんびりしたい気持ちもあったが、何をするにもお金の問題が絡む為、岡山県にある自動車工場へ派遣会社を通して働くこととなった。

 行き先なんかも、どこでも良かった。

 絵のことも暫く忘れよう…最初はそう思っていたのだが、忘れることなんか出来ず、いつまでもズルズルというかダラダラというか、そんな感じでやはり絵は描こうとしながら、かたちになるものはないまま、時間ばかり進む。

 

K先生からの手紙

 仕事と住む場所が決まったことで、暫く前から実家に届いていたK先生(女子)からの手紙が岡山の住まいに送られてきた。

 この時の手紙に関しては、今も手元にあるけれど、ここで公開するのは止めておこうと思う。

 

 K先生(女子)は気を遣ってくれ、手紙には色々と書いてはくれた。

 同級生の話では、家庭を持って子供を授かった人、個展を中心とした作家活動をしている人がいること。

 Toは事故でなくなっていること。

 価値のない相手に、自分の大切な時間とエネルギーを使わない方が良い、ということ。

 大学への恨みや憎しみなどを断ち切ることへの勧めや、K先生(女子)の絵に向かう姿勢。

 僕が望むのであれば、協力できることは協力するということ。

 それから最後には、K先生(女子)の意思は、大学の日本画教員達と同じものではないので、他の教員達との兼ね合いを気に掛けなくて良い、という意味合いの事も書いてくれている。

 

 このK先生(女子)からの手紙を読み、僕は何度も返事を書こうとはした。

 実際に紙とペンを持ったのだが、この時だけは数言の文章すら書けなかった。 

 この手紙を貰う以前であれば、文章自体は幾らかは書けてはいた。

 それでも、考えがまとまらなかったり、こんな内容をK先生(女子)に語ってどうなる、等と悩んだ末、手紙を書くことを諦めてきた。

 でも、このときばかりは、K先生(女子)に書こうと思う事柄自体が、何も頭に浮かばなかった。

 思うことといえば。

 手紙で同級生達の近況を知っても、僕はその同級生達とは、一度会話さえしたことのない人物が殆どだった。

 会話した人物であっても、もめ事に絡んだことばかり。

 画学生時代の僕としては、生徒間でもどこかで誤解が溶けて、何気なく会話する場面が出来て、絵について語り合ったり影響しあったり、そういう未来を夢見て頑張りはした。

 でも、大学では時間が経過するほど、僕はそういう人や場面からは遠ざかるばかりだった。

 大学の2年生の頃には、ある日本画教員から「日本画の人間とは誰とも口を利くな」と怒鳴られ、そのことで僕は、同級生達とは誰とも会話しない存在になった。

 そういう同級生のなかには、例外的に情の残る人も数人はいるけれど、基本的には同じ教室で絵を学んだという感覚もなく、殆どの人とは言葉を交わしたことすらなく、情はわかない。

 事故でなくなったToの存在についても、大学へ入学してからひと月くらいは、頻繁に会話をしていた。

 本当の最初の辺りは、本当に悪意のない雑談だったけれど。

 僕が教員達の言葉に疑問を持って質問を持ちかけた直後から、Toは他の生徒と供に、僕の存在への否定をはじめ、会話をしなくなった。

 僅かな期間ではあるけれど、一時は友人の様に接した筈のToのことであっても、暴言やら講義の授業の妨害やらの記憶ばかりで、僕には情は湧かなかった。

 そういう処から、多くの同級生達は同級生という形式的な事実はあっても知り合いではなくて、別の学部や学年の違いで顔だけは見たことのある存在のような、それでいてお互いにはよく思っていない様な、そんな感じなのだ。

 K先生(女子)も、本当は僕の存在はそんな風に感じているのではないか、等と憶測してしまい、時々ははるか遠くの存在に思えてしまう。

 

 僕は1年生の頃。

 日本画の絵具の溶き方や、色をムラなく塗る方法とか、そういったものは授業内でK先生(女子)の説明から知っていった。

 僕は、K先生(女子)の発言に対して早いうちから疑問に思うこともあり、直接話を聞きたい・絵を見て貰いたいという主張を、僕は研究室へ行った上で何度もしていた。

 それとは別に、授業内でK先生(女子)が「私は前田青邨の絵が好きです」と語っていたのを聞いては、僕は前田青邨の画集を買って、何度もその画集を読み返してもいた。

 K先生(女子)が、加山又造の書いた文章の一説をコピーして生徒に配って読ませていた『型を壊すには、まず型を学び作らなければならない』という内容の話も、僕は今でも覚えている。

 それを読んだ後、僕は加山又造の画集を探し読んだりもしていた。

 そこには、絵について少しでも多くのことを知ろうという考えもあったけれど、K先生(女子)の考えや趣向を知ろうという意識もあってのことだった。

f:id:motonari1:20200622045126j:image

加山又造 『おぼろ』1986年 

日本画家・加山又造の展覧会「Re 又造 MATAZO KAYAMA」名作をデジタルアートで表現 - ファッションプレス

 だから、僕にはK先生(女子)の存在は先生あったと考えたいのだが。

 1年生の後半では、僕はK先生(女子)から学ぼうとすることさえも諦めてしまっていた。

 K先生(女子)にしてみれば、僕は何となくいた生徒の一人で、「みんなと違うことをしている」という注意をしたこと以外で会話したこともなく、気付いたら教室から消えていた存在である。

 それから大学の後半では、僕はK先生(女子)に近付いては迷惑がかかるという認識を持っていて、色々と話を聞きたいと思いながら、それを出来ずに遠ざかるばかりだった。

 そういう経緯もあって、僕にはK先生(女子)に人としての情はあっても遠い存在なのだ。

 手紙を読むことで、美術大学を卒業してからも、同級生達はK先生(女子)を慕い、多くのことを学んでいる状況にあることを、僕はここではじめて知った。

 そんなK先生(女子)の処へ、色んな火種を持つ僕が、今更ながらに近づいてはいけないと感じる。

 画学生時代、僕が平田先生のことを考えて頑張っていた時に、その頑張りの邪魔をされたくなかった気持ちと同じく。

 今の僕がK先生(女子)のまわりをウロウロすることで、K先生(女子)の指導や、教えを乞う人達の邪魔をしてはいけないのだと思う。

 

 京都にいた頃から持ち始めたこんな考えを、K先生(女子)からの手紙を読むことで、改めて再確認することとなった。

 僕は多くの同級生達も憎んではいるけれど、僕の分までしっかりと絵を学んで、良い絵を描けるようになって貰いたい…細かくは、僕自身が、そういう考え方を持てる人間になりたいと考えていた(率直な僕の感情は、それを邪魔しているけれど)。

 今の僕が出来ることやすべきことは、K先生(女子)から離れることなのだろう。

 

 K先生(女子)からの手紙を読む限り、この先生だけは信じてもよいのかもしれない。

 そして、このK先生(女子)の手紙の内容も、妙に僕の関心ごとに繋がっている気がする。
 それがどうにも不思議に思えてならない。

 やはり、僕の学びたかったこと以上のことを、K先生(女子)は持ち合わせている様な気もする。

 僕はK先生(女子)の存在をどう捕らえるか、美術大学を卒業してからも暫く悩んできた。

 もしかすると、教員間の意見の対立に僕の存在を利用するため、今は優しい言葉をかけて飼い慣らそうとしているのではないか?という考え方も一部にはあった。

 結局の処、K先生(女子)の件に関しては何の確証もなくて、僕がこう感じてこう考えた、という範囲でしか認識できないのだと思う。

 そうであっても、お別れをする最後の頃に『K先生(女子)の存在だけは、信頼のおける人なのかもしれない』と思えただけでも良かったのかもしれない。

 これで、K先生(女子)のことは僕のなかで終わりにしようと考えた。

 K先生が書いて貰えた手紙も、それなりに労力をかけていることもわかるので、何度かは返事を書こうともしたけれど、何も書けず、ただ黙ることしか出来なかった。

 

 それから少しして(先の手紙から数ヵ月ほど経過して)、もう一度K先生(女子)から手紙が届く。

 K先生(女子)が、大学の日本画研究室(その人員)に失望して、大学の教員を辞めたこと。

 技術的なことで質問などあったら、質問ください、ということ。

 そんな内容で、K先生(女子)からの手紙は最後となる。

 ここからも、僕は何度か手紙を書こうと考えるけれど、返す為の言葉は何一つ思い付かなかった。

 何もせずに黙って去ることこそが、K先生(女子)やその生徒達の為にも一番適切なのだと考え、K先生(女子)とのやり取りは、ここで終わりとなる。

 

#画学生時代の話の終わり

 カテゴリー付けをしてきた『#画学生時代の話』も、今回で終わりとなります。

 元々はアメーバブログの時に書いた話で、そこに色々と文章の手直しをしたり、書いていない話を追加しながら、このはてなブログへ移行させてきました。

 上手く書けていない事柄や省いた話なども多く、当時のことを書こうとすれば、まだ色々と書いてはいけるのですが、これで区切りとします。

 

 この後、大学を卒業してからの話を書いていく予定でいます。

 その当時に描いた絵の画像は貼付するつもりではいますが、絵の話はあまりないと思います。

 これ迄の話やこれからの話も含めて、このブログで書き綴っている内容は、あまり良いものではありません。

 それでも、たまに読んでくれている人も居る様で、それは有難い限りです。

 そして、今このブログを読んでくれている人のなかで、何かしら僕に近い境遇を持った人がいたならば、僕の件を参考に、より良い選択や判断をしていけることを願っています。

 それから、僕のような後悔ばかりで、そこから抜け出せない人生に向かわないことを祈っております。