絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

K先生との手紙とその背景3 No.115

最後に送った手紙

 引き払った京都の部屋宛に、K先生(女子)から展覧会の案内が来ていて、そこから実家にいるの僕の処へその案内は転送されてきた。


 僕はこれ迄に、何度もK先生へ手紙を書きかけては捨てていた。
 自分の気持ちや考えがまとまらず、手紙を書くことに時間をかけるほど、自分の悩んでいることを相手にまで押し付けている行為になっているような気もしたり、いつものイライラで苦しんでもいた。

 思えば、最後にK先生(女子)へ手紙を出してから、もう半年から1年くらい経過しているのではないか。

 この何年かで、自分の納得する絵が1枚でも描けていたなら、今の自分は違った存在で居られただろう。
 でも、僕はそれさえも出来ず、時間ばかり経過していた。

 そういう事柄からも、僕はもうK先生(女子)には関わるべきではないのだろう、そんな考えに移り変わっていた。

 

 K先生(女子)のことを考えると、いつも同じ出来事を思い出す。

 画学生時代に、K先生(女子)から僕に掛けられた言葉と、それに関連したこと。

『あなたに何かを教えたことが、他の先生達に知られると、私の立場が悪くなる』

 この言葉と同じ性質を持つであろう言葉で、洋画のM先生は『君の話を聞いてしまうと、俺はくびを括らなくてはならなくなってしまう』というものもあった。

 洋画のM先生だけではなく、彫刻のK先生も、僕と日本画教員のもめごとの仲裁役として間に入りながら、同じ様な発言をして、日本画教員達の肩を持つことをしていた。

 それでもK先生(女子)は僕に対して、課題や絵について何度か教えてくれた事柄はあった。

 そのK先生(女子)だけが唯一、大学生活の後半で、まともな言葉をかけてくれていた。

 そういうものを感じ取ったからこそ、僕はK先生の存在を信用したいと願っている。

 信じたいと願いながらも、同時に疑う心も棄てられずにいる。

 僕としては、大学在学中は卒業する直前まで、教員や同級生達とも、必ずどこかで誤解は溶けてわかり合えると信じていたが、最後の最後まで誰ともわかり合うことはなかった。

 卒業式から帰るという最後の場面でも、僕は後ろから何かをぶつけられ、頭から血を流しながらも黙って会場を去る。

 そんな僕の姿を見ながら、同級生達は悪意を持って「惨めだ」と言って笑い合っていた。

 本当はK先生(女子)も同じく悪意を持っていて、僕へ(事件や訴訟等への)我慢や堪えさせる意味合いで、優しく接する役割を買っていたのではないか…そんな考え方をどうしても棄てられず、信じたい気持ちを持ちながら、信じられずにいた。

 そう考えてしまうのは、K先生(女子)も同様に酷い人だと考えた方が、気持ちの割り切りもでき、多少は気分も楽だっただろうと想像してしまうから…だと思う。

 そうであったなら、大学を責めたり訴訟等の行動に移行していたかもしれない。

 

 こんなことを考えるのは止めたいと思いながら、毎日同じ考えが頭を巡り続けてはいた。

 しかし、京都から北海道の実家へ戻ると決めた辺りから、考えは一歩だけ前進する。

 もし、このK先生(女子)という存在が、僕が本当に願ってきた様な信頼出来る人であったなら、僕はこれ以上、K先生(女子)の近くをウロウロして甘える訳にはいかない。
 僕と関わっていることは、K先生(女子)には多くのリスクであって、これ以上の迷惑やリスクを負わせることはできない。

 少し、話は跳んで見えてしまうかもしれないけれど…

 既に亡くなっている渡邉包夫という日本画画家の本のなかで、『しっかりとした日本画の技術を教えられる人物というのは貴重で、今(当時)は殆どが歳でなくなりつつある』という主張をしている。

 いま大学の教授をしている様な人の指導であっても、渡邉包夫の学んできた日本画とは違っていて、日本画の文化や技術の継承が年々困難になってきているという内容が、↓下でリンクした本のなかで書かれていた。

 K先生(女子)の様な存在の位置付けが、渡邉包夫の考えのなかでどの様なものになるかはわからない。

 でも、僕が学びたかった日本画の技術という面でいえば、K先生(女子)はその多くを知っている人物であった。

 院展という美術団体に所属している処からも、そこは僕にも信頼できる要素だった。

 だから、僕もK先生(女子)に教えを求めれば、K先生(女子)も迷わずに教えて貰えるだろう。

 とはいっても、僕は自分でもどうしたらよいのかわからない程に、絵が描けなくなっていた。

 大学入学前や高校生の頃の様なレベルで…というのではなく、絵を描いていても制作を進められない、完成まで持っていけない。

 大学でのトラブルがトラウマになっていて、手紙であっても、K先生(女子)と絵についての深いやり取りになっていった時に、僕の心がどうなっていくのかも不安で一杯だった。

 そういう僕がK先生(女子)と接することで、いまK先生(女子)を慕い学んでいる者達との関係や立場をも、潰してしまう状況への発展を考えてしまう。

 こんな僕一人の存在の為に、現在やこれから接していく生徒達への貴重な指導を邪魔してはいけないのだと思う。

 彫刻のK先生や洋画のM先生も、僕のように間違ったことをしていなくとも教員達に嫌われ、大学での居場所がなくなる生徒というのは、いつもどこかしらの科にはいて、それが大学での教育ではよくある事なのだと語っていた。

 逆にK先生(女子)が他の日本画教員達と同じく、僕に悪意を持ちながら、やり取り上の流れや建前や惰性等でいまも僕と接している人物ならば、もう僕からは解放してあげるべきだろう。

 K先生(女子)がどちらの人であっても、僕はK先生(女子)には迷惑な存在で、近付いてはいけないという結論に行き着いてしまう。

 だから、大学を卒業したときも、お礼の葉書を書いたりせず、僕は黙って去るべきだったのだろう。

 これからもし、何等かの可能性があったとしても、それは未来のいつか、僕が自身の問題を克服できたとき以降であり、それはその時から考えることなのかも知れない。

 こんな考え方に気付いたのがこの頃で、何でもっと早くに、こんなことに気付けなかったのだろうか、とも思っていた。

 

 当時の考えをうまく書ききれてはいないのだけれど。

 大体こんな感じで考えが固まっていた頃に、K先生(女子)から展覧会の案内が届く。

 そのK先生(女子)の厚意に無視も出来ず、もう1度だけ手紙を書いて出すことにした。『展覧会の案内、ありがとうございます。

 京都の部屋ですが、既に引き払い、今は北海道の実家に居ます。
 そして、この住所からも近い内に引っ越していくつもりでいます。

 突然ではありますが、K先生とはこのお手紙でお別れをしようと思っています。

 そもそもの問題は、洋画の基礎を学んできた僕が、大学で日本画を学ぼうとしたことにあります。
 大学の日本画教員や同級生たちとのトラブルの原点も、殆どが日本画と洋画との考え方の違いにあったと僕は考えています。

 そういうやり取りの末に、大学の日本画教員達から教わってきた事柄も、矛盾やデタラメとしか思えないことばかりです。

 大学を卒業してからも、日本画に関係した色んな本を読む度に、あれもこれも嘘ばかりだったのだと知り、どうしても腹立たしさばかりが湧いてしまいます。

 そして、あれから何年も経っているのに、僕は未だに大学時代の嫌な思い出を頭から振り払えずにいます。
 いつまでも大学での事を忘れられないままでいるのであれば、K先生ともお別れしなければと、これ迄にずっと思って来ました。

 そういうことですので、この手紙を最後にK先生とはお別れにします。

 大学在学中、全く揉めることのなかったA先生(男子)でさえ、担当教員だった時期に何度も僕から質問を持ちかけても、一切相手にしないことを徹底していたほどです。

 僕の存在というのは、その様なものなので、K先生(女子)もこれ以上は僕に関わらない方がよいと思います。

 本来であれば、K先生からのお心遣いに色々と返さなければいけないのでしょう。
 でも、僕は礼儀を知らない者なので、どの様に礼儀を返すべきなのかも解りません。
 恩を仇で返すことしか出来ず、申し訳ありません。

 これから先は僕の事などは忘れてください。

 これまで、ご迷惑ばかりお掛けしてきまして、申し訳ありませんでした。

 そして、こんな僕に数々のお心遣いや配慮等、ありがとうございました。

 さようなら。』

 もう20年くらい前のことであり、それを今の感覚で書き起こしているものなので、当時のこの手紙はもっと酷い文章だっただろうと思う。


 僕は大学一年生の頃から、K先生から絵を教わりたい気持ちをずっと持っていた。

 そうであっても、当時の僕は、K先生(女子)からは誤解を基にしたお叱り以外に言葉をかけられたこともなかった。

 だから、お互いにお互いのことを誤解もしていたと思う。

 そういう思い込みかもしれないけれど…性格的なものも、僕とK先生(女子)では合わないだろうとも感じてきた。
 それでも僕は、絵を通してなら、いつかはどこかで解り合えると信じてきた。

 こういう考え方を持ったのは、竹内栖鳳について書かれた本の終わりにある。

竹内栖鳳

竹内栖鳳

 

 竹内栖鳳横山大観の関係を、世間一般では対立し仲の悪いものと考えられていたそうだ。

 僕が、その理由らしきものではないかと察しているのは。

 帝展という公募展の改組が行われた時、横山大観は、応募作品に対する審査や評価の基準を設けることを提案していた。

 それに対する竹内栖鳳は、

『あなたのやろうとしていることは、7色の虹を1色に塗り潰そうとする行為だ』

 と強く批判していた。

 そこから、竹内栖鳳横山大観との対立の図式は作られたのではないか、と僕は考えている。

 竹内栖鳳横山大観は、僅かな期間ではあるけれど、京都芸大で同じ教員として教鞭をとったことはある。

 そうであっても、仲良くしている場面を僕は見てとれないでいる。

 描こうとする絵への嗜好に関しても、両画家には違いがある。

 僕も勉強不足なので、理由は他にあるのかもしれないけれど…

 それから、竹内栖鳳が亡くなって通夜の時、新聞等の訃報よりも先に、横山大観竹内栖鳳の処へ駆けつけている。

 この話を本の締め括りとして、画家としての竹内栖鳳横山大観の関係は、一般に見られていたものとは少し違っていたのではないか、と書いて終わっている。

 この関係と同じとは言わないけれど、僕は大学の教員や同級生達と、絵に対する考え方の違いによる言い争いや喧嘩をすることはあっても、そういうものを通してわかり合えることだってある、と僕は卒業する時まで信じ続けてきた。

 だから、大学の絵の指導等で厳しい言葉をかけられたり、考え方の違いで口論になったりして、表面的な関係が悪くなるのは望むところだった。

 でも、大学での日本画教員や同級生達のとった行動は、描き方・考え方の違いに対しては排除しながらも、耳障りのいい言葉を第三者に語り、事実を歪めて自身の行動を正当化していく。

 やり取りや時間の経過が進むほど、わかり合う要素は次々と失われていった。

 そのなかでのK先生(女子)の行動は、性格や考えが合わなくても、誤解があっても、絵を通してならわかり合える人ではないかと、僕が願っていた様な、そういう可能性を感じ取れる存在だった。

 

 僕というのは、そういう考え方をするばかりでなく、お人好しで、頭も悪いから、見下されたり陥れる対象として見られていき、大学ではうまくやれなかったのだろう。

 本当は、こんな話以前に、絵について会話したいことは沢山あった。

 僕は美術大学に在籍していた頃から、K先生(女子)の影響とは関係ない処から、K先生の所属している『院展』に興味を持っていたこと。

 美術大学で、僕が孤立しながらも必死に絵に取り組んでいたこと。
 亡くなった平田先生や木路先生のこと。

 等々。

 そういう気持ちも何もかも、忘れるべきなのだ。

 忘れることなんか出来ないのもわかっているけれど、少しでも風化させなければ、僕は自身の人生を進めていけない。

 そんな考えのなか、K先生(女子)への手紙を書き、実家からも離れていった。

 この後は、自分でもよく解らない何処かの土地へ行こうと思っていた。

 絵のことも暫く忘れて、ただ普通に生きることだけを考えよう。

 そうして、事故や天災などでよく解らない内に何処かで死んでしまっても、それはそれで、誰かの為には良いことなのかもしれない。