絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

画材店からの視線 No.111

画材屋

 美術大学を卒業した前後の補足的な話。

 大学の敷地内には画材屋さんが入っていて、大学公認で生徒向けに営業をしている。

 僕は幾つもの画材屋さんで、画材の買い物をしていた。

 大学の敷地内での画材屋さんに関しても、一般的な生徒より一桁多い金額を落としていく客だったそうだ。

 その為に、店主さんから僕への接し方は、他の生徒とは微妙に違っていた。

 店主さんと他の生徒に関しては、日常的な雑談の会話が中心であったのに対して、僕に関しては絵や画材の話が中心になっていた。

 そういう流れと、画材の取り寄せの兼ね合いから、美術大学を卒業して1~2週間後にもちょっとした会話をしていた。

 商品の取り寄せと支払関係で、それが大学の卒業後に股がってしまうと、何かと不安をかけさせるだろうが、その辺りはきちんとするという話をしていた時に返してくれた話。

 その画材店の方は、僕の事は信用しているし、それは接してきた経験上からも根拠があってのことだそうだ。

 画材についてよく質問してきていたことや、高価な画材をよく購入していたことや、僕の性格のまじめさや、絵への打ち込み方が他の生徒とは違っていることまで、これ迄ずっと見て感じていたという。

 それと卒業制作の時期になると、たまに取り寄せをして受け取った商品代金を、うやむやにして踏み倒す生徒がいるそうだ。

 それは日本画の生徒に限った話ではないし、卒業生の全体のなかの少数でしかない。

 それが、僕の年の日本画の卒業生に限っては、踏み倒す生徒が特に多かったそうだ。

 それでもその画材店は、大学の敷地内で営業させて貰っている兼ね合いから、その件での取り立てや文句も言わずに、諦めて終わるのが毎回のことだという。

 そういう背景もあり、多くの生徒を見てきたなかでは、僕は信用していると言ってくれた。

 大学へ在籍していた頃、その画材店の店主さんも、僕の同級生から

『あいつ(高木)は、教員や生徒の誰からも相手にされず、いつも独りで惨めな存在だ』

 と聞かされていた。

 画材店の店主である立場上、そこへ突っ込んだ話を聞くわけにはいかないし、僕も『仲は悪い』とは言っていたが、それ以上のことは語らなかったので、何も事情は知らない。

 そうであっても、傍目に誰よりも絵に打ち込んでいる美術大学の生徒(僕)が、誰からも相手にされずに惨めだと言われているというのは、そのまわりの教員や生徒達の側がおかしいのではないか。

 そんな風に、僕の事を見ていたという。

 卒業後の僕はどうするかわからないけれど、何をするのでも、頑張って欲しいとも言って貰えた。

 

 日本画の絵具に限っては、僕は大学内の画材屋さんではなく、町中にある日本画・書の専門店へ買い物に行っていた。

 そこでも僕の存在は覚えて貰えていて、とても良い印象を持たれていたそうだ。

 その画材店の建物内にはギャラリーもあって、会場費は無料でよいから個展を開かないか、という誘いも何度か受けていた。

 でも残念ながら、僕は大学在学中に、自分の描きたいものや自分なりの考えでの絵を描いてこなかった。

 大学の課題だけで一杯一杯になっている時期は多くて、制作過程で納得していても、やり直し等の強要を繰り返されることで、最後はゴミの様な失敗作へと誘導されてきた。

 だから、そこで展示できそうな作品も作ってはこれなかったのだ。

 残念に思うのと同時に、僕が画材を選び購入する過程は、意外と見られて認識されていたことに驚いた。

 

卒業後の手紙

 美術大学を卒業して、僕迷いながらもK先生(女子)へ手紙を出した。

 その正確な文面までは覚えていないけれど、こんな内容だったと思う。

『大学在学中は、あまり接する場面も無いまま卒業となりました。
 それでも、後半の辺りでK先生から気に掛けて頂いたことは、ありがたく思っています。

 ご迷惑をお掛けするばかりで、僕も良い生徒にはなれず残念でもあり、申し訳ありませんでした。

 他の先生達からも、僕が大学に居ることで多くの生徒達が怯え、迷惑を被っている、と聞かされています。

 ですので、僕ももう大学へ顔を出すことも有りませんし、大学の先生達とも接点は無くない様にします。
 大学を恨む気持ちは、なかなか棄てられずにはいますが、K先生からの善意だけは信じて受け止めようと思います。
 こんなバカな生徒に、気を遣っていただいたことには感謝しています。
 ありがとうございました。』

 たぶん、いま思い返して書いたこの文章よりも、ずっと酷い文面だっただろうと思う。

 それでも、頭は悪く、あの頃の心の壊れた僕には、この程度の手紙を書いて出すだけでも精一杯だった。

 僕側からK先生へ手紙を出して、K先生からも手紙が来た。

 多分、こんな内容だったと思う。

『高木さん(僕)からのお手紙を読んで、とても残念に思いました。
これ迄の四年間、何も教えてあげられず、申し訳なかったと思っています。
大学のことも憎んでいることでしょう。
せめてものお詫びとして、高木さんさえ良ければ、日本画のことは私が何でも教えます。
またお手紙ください。高木さん(僕)からのお手紙待っています。』

 もっと長く、もう少し何かを書かれていたかもしれない。
 もう昔のことで、色々と忘れているのかもしれない。

 

 思えば、美術大学へ入学してから数ヶ月ほど経過した辺りでは、S先生とA先生(女子)からは、K先生に質問を持ちかけてはいけないと、何度も繰返し怒られていた。

 それでいて、K先生からも「わからないことがあるのに、質問にも来ない」と怒られて、その後も誤解から怒られてばかりだった。

 その状況からこの時まで、僕もK先生のことを恐い先生と思い続けてきた。

 A先生(女子)から、K先生は僕の質問をしてくる行為にものすごく怒っていると伝えられた辺りから、僕もK先生に腹を立てて嫌いになっていった。

 でもあの頃は、S先生やA先生(女子)がK先生の手を煩わせないようにと動いていたり、教員間での考え方や方針の違いから、K先生の考え方よりもS先生やA先生(女子)の考え方に誘導しようと促してもきていた。

 そういう部分から、少しずつの嘘は始まり、お互いに誤解も始まっていたのだと、時間が過ぎてから理解はできた。

 それでも、僕は心のなかで疑いを溶くことはできず、K先生の存在を疑う気持ちと信じようとする気持ちがせめぎあっていた。

 損得で考えれば、僕が大学で学びたかった日本画の古典的な技術や知識等を、僕の接する機会のある人物のなかで唯一持っている人物でもあった。

 そういう損得勘定が、漠然と僕の考えを都合の良い解釈へと導いている様な気もしている。

 そういう漠然としたまとまらない考えが、これからの自分の在り方に、暫くの混乱をもたらしてしまう。