絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

大学で取得できる資格・免許1 No.105

卒業後の進路

 大学を卒業した後は、他校の大学院へ進学したいと考えていた。

 大学院までの授業料や生活費迄は、母は出せないと1年生の頃から言っていたから、その分は僕自身でどうにか働いて稼ごうと考えていた。

 今にして思えば、無謀なことを考えていた訳だけど、当時にはその意思があった。

 大学では、絵(実技の授業)については何も教わることもなく終わりそうだが、大学院へ進学して環境も変われば、今度こそ色々なことを学び、一緒に絵を頑張る友人も出来るだろう。

 結論から先にいえば、実現しない当時の僕の希望だった。

 大学院への進学は、大学の1年生の時から考えていたけれど、母とのやり取りからは、就職の方を現実的に考えなくてはならないという意識を持っていた。

 

 この考えは、大学生活の流れから崩されていく。

 大学での就職説明会というのがあって、大学側が就職活動に関する指導や、大学へ来る求人への斡旋等もする。
 高校でもやっていることなので、ここで書くほどの特別な内容ではないのかもしれない。

 その説明会が、大学の3年生の半ばか後半あたり(記憶がはっきりしない)にあった。

 僕は日本画教員から、大学(日本画校舎)へ出てくること禁じられていたので、就職説明会のことを耳にする機会はなかった。

 大学の掲示板には、就職説明会の日程の掲示もしていたが、大学の掲示板は時折見てはいても、就職説明会の掲示場所までは目を向けていなかった。

 実際にその就職説明会の掲示を見たのは、その説明会自体が行われた日の数か月後だった。

 もし、その就職説明会の掲示を適切に見ていても、S先生から「芸術になんか拘わって生きていけなくしてやる、覚悟しておけ。」と怒鳴られていた程の僕が、大学で斡旋する就職活動に参加しても、圧力をかけられて就職の妨害を受ける考えしか持てなかった。

 (4年時の始めに行った話し合いの直後、彫刻のK先生からも『そうなってしまうぞ』という忠告を受けていた。)

 そういう経緯もあって、3年生の年度末から大学事務へ日本画教員達との話合いを求めて、早期の和解や解決を求めていた。

 4年生の担当教員であるK先生(日本画教員・男子)が、いつまでも課題の内容説明や和解を拒み続けていることに対して、僕は「これではいつまで経っても、卒業後の準備が出来ないじゃないですか」と述べたことも何度かあった。

 それに対してのK先生(日本画教員・男子)は、「お前(僕)なんかがどうなろうと、俺の知ったことじゃない」と怒鳴り、その言動を卒業間近まで変えることはなかった。

 他校の大学院への進学を希望していた僕は、大学院の入試時期までギリギリまで、進路問題を深く考えないようにしていた。

 進路の問題としてではなく、いつかは人として・絵描きとして

解り合えると信じて、前向きな話合いを求め続けてきた。

 大学卒業後に会う機会があったなら、普通に会話できる関係になりたかった。

 絵(日本画)について解らないことが出てきたなら、大学を卒業した以降でも、質問をもちかけられる関係になることが、最終的な目標や妥協でもあった。

 日本画の教員達とは、最後までそんな関係になることもなく、他校の大学院の入試要項のなかに『在籍していた大学の教員の推薦書』が必要なことを知り、大学院への進学も諦めることとなった。

 

 大学では毎年、進路希望等についての統計数を出している。

 就職を希望した者、進学を希望した者、どちらも希望しない者、という分類になる。

 こういった経緯を持った僕は、便宜上は『どちらも希望しない者』という扱いとされる。

 

教職員免許と博物館学芸員資格

通っていた美術大学では、希望者が実習を行ったりや必要な単位等を取得することで、美術の教職員免許と博物館学芸員の資格を大学卒業時に取得できた。

 生前の平田先生との会話で「人生は何があるか解らないから、とれる免許や資格はとっておいた方がいいぞ」と言われていた。

 それに習って、僕は教職員免許と博物館学芸員の資格を取得しようとする。

 これを僕は就職活動に活かす考えはなく、絵画や芸術の勉強のひとつという認識で頑張っていた。

 大学4年生は何かと忙しくなりがちなのだけど、そこへ教職員免許と博物館学芸員の資格の取得は、余計に忙しい環境を作る。