絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画教員との話し合い3 No.103

話し合いのやり直し

 僕はS先生とA先生(女子)に対して「大学事務へ話し合いのやり直しを求める」と語った。

 それでも僕は、K先生(彫刻教員)の顔を立てる考えから、大学事務ではなく彫刻科のK先生の所へ行く。

 

 僕はS先生に対して、アトリエ(課題の制作スペース)を他の生徒と同様に与えて貰えるように求めた時の話をした。

 その場面では、僕に対してのアトリエの割り振りや、課題についての説明など、約束した内容を守る気はないという反論をされたこと。

 日本画の教員への話し合いの内容は、K先生(彫刻教員)が行う約束になっていたのに、それはS先生が行う役割であると主張しながら行っていること等を話して「おかしいのではないか」と持ちかけた。

 僕の話に対して、K先生(彫刻教員)は怒り怒鳴り始める。

 『日本画の教員達に対しては、昨日の内にK先生(彫刻教員)が直接話をした。

授業や課題の内容の説明に関しても、必ず行うと約束をさせた。

高木がここで言っている様なことは一切ない。

高木が無茶苦茶なことを言っていると、S先生が今朝から困っているではないか。』

 僕にしてみれば、このK先生(彫刻教員)の話も、嘘だとすぐ理解できた。

 昨日の話し合いの後、僕はK先生(彫刻教員)と別れてから日本画の研究室(日本画の職員室)へ行ってS先生・A先生(女子)と会話をする。

 そこからはK先生(彫刻教員)が日本画の研究室へ来ることもないまま、日本画の教員達は帰っていったのだ。

 その状況を語りながら、「K先生(彫刻教員)の話もおかしいじゃないですか」と責め、話し合いのやり直しを求めた。

 K先生(彫刻教員)は嘘を認めず、怒りながらこう語る。

「君の担当教員は誰だ」

「担当教員のK先生(日本画教員・男子)と、これからの授業のことを会話しなさい。

必ず対応するように言ってあるから、高木が言っている状況には絶対にならない。

もしK先生(日本画教員・男子)が約束を守らないようなら、その時には俺もK先生(日本画教員・男子)のことを、ただでは済まさない。」

 この話も嘘であることは理解していた。

 それでも、これだけの会話をしているのだから、順序はこの後となるだろうが、K先生(日本画教員・男子)の処には話はいって、状況はマシとなるだろうと僕は考えていた。

 ここで結論を語ってしまうと。

 これまでの3年間、日本画の教員や同級生は僕の件について、嘘と悪意を積み重ねてきたの人達なのだから、この程度のやりとりで何かが変わることもない。

 

終わりの見えないやり取り

 K先生(彫刻教員)との会話で、僕は日本画の研究室(日本画の職員室)へ行き、K先生(日本画教員・男子)と課題についての会話をする。

 K先生から伝えられたことは、

『4年生の最初の課題は自由課題であるから、今まで教わってきた内容を踏まえて自由に制作をしなさい。』

 というもの。

 僕はこの指示について、反論する。

 『僕は3年生のはじめの講評会から、K先生(日本画教員・男子)に授業の参加や大学への出入りを禁じられてきた。

 その為に、昨年度の1年間は何かを教わることも日本画の授業に出席することも一切なかった。

 それ以前の学年でも、「どうせお前には何を説明しても理解できない」と言って何も教われてこなかった。

 それ迄の自由課題についても「自由と言われても、本当に自由に描いていい訳ではない」とか「お前(僕)は、教員が気分よく教えてあげられるような接し方や人間関係の努力をしてこなかったのだから、何も教えるつもりはない。自業自得だ。」等と言われ、日本画の教員達は僕へ指導すること自体を放棄してきた。

 そういう経緯がある為に、僕は日本画の教員達から何かを学んではこれなったし、先日の話し合いもその件についてのものであった。

 その状況に対しては、日本画の教員全員で改善するという約束をしていて、その説明はK先生(彫刻教員)から日本画の教員全員へ行ったと、僕はそう説明されている。 

 その約束通りに、これまでに僕が受ける筈だった授業内容や課題の出題内容等の説明、アトリエ(課題の制作スペース)のことなど、きちんと対応してください。』

 僕のこの反論に、K先生(日本画教員・男子)は怒鳴って反論をする。

 『先日の話し合いがあったことは、K先生(日本画教員・男子)も知ってはいたが、自身は何の関係もないと考えたから参加はしなかった。

 だから、そこで何の約束を取り交わしたかは全く知らないし、そのことで何かの行動を改めるつもりはない。

 これ迄と同様に、高木に対して何かを教えるつもりはないし、アトリエ(課題の制作スペース)についても用意する気はない。

 俺達(日本画教員)のやることに文句があるなら、今すぐこの大学を辞めろ。』

 このK先生(日本画教員・男子)の怒鳴り声からA先生(女子)は駆けつけてきて、このやり取りに割り込んでくる。

『これ迄の授業では、私達(日本画教員)は教えるべきことをきちんと教えてきた。

 それに対して、私達耳を傾けずに身勝手な振る舞いばかりしてきたのは高木であり、私達(日本画教員)に不備は何もない。

 高木の身勝手で暴力的な性格によって、他の生徒達はみんな怯え萎縮して困っている。

 そのことについては、昨日の話し合いで十分な話合いをして、この件は解決したとS先生から聞いている。

 何もかも悪いのは高木であり、自業自得だ。』

 A先生(女子)はこんな話をして、K先生(日本画教員・男子)を庇う。

 K先生(日本画教員・男子)も、A先生(女子)の言葉を第三者の語る真実として扱い、『お前(僕)の様な頭のおかしい奴の為に、何かをしてやる気はない』『さっさとこの大学を辞めろ』と言って、主張を変えない。

 僕側も、怒鳴りながら反論はするのだが、この会話で何一つ前進することはなく、会話を諦めてしまう。

 

 その後、僕は彫刻のK先生(彫刻教員)の処へ行き、日本画のK先生(日本画教員・男子)と行ったやりとりについて説明する。

 そのことでもK先生(彫刻教員)は「(日本画の教員が)そんなことをする訳がないだろ」怒鳴りだすが、僕もK先生(彫刻教員)に対しては怒鳴って反論する。

 その怒鳴りあいの末、日本画教員達との話合いをやり直す、という約束を取り交わす。

 日程に関しては後日連絡するということで、それまで連絡を待ちなさいという指示を受けた。

 それから一週間近く待ったが何の連絡もない為に、再度、K先生(彫刻教員)の処へ行く。

 しかし、K先生(彫刻教員)はそこから僕と会話をしてくれなくなる。

 例えば、授業が忙しいからというので、授業が終わる頃に彫刻科の研究室へ行くと、他の先生や事務員(各科に一人ずついる)などが「K先生(彫刻教員)は帰った」という。

 授業の区切り等で待ち伏せをして直接会っても「今は忙しいからあとで」と逃げられる。

 

 K先生の居る時間を聞いて「何時頃に来ますので、そう伝えてください」と、彫刻科の研究室の方へ言伝てをすると、その時間付近だけ彫刻の校舎からも居なくなる。

 そういうことを経て、僕は大学事務へ抗議に行くこととした。

 大学事務で、僕の件で対応してくれている事務員を呼んで話をするが、既にウソの報告が行われていたことを知る。

 K先生(彫刻教員)を挟んだ話合いには、日本画の教員の全てが参加していたことになっていて、そこでは十分な話合いをした上で全てが解決したこととされていた。

 その話を僕は否定し、K先生(彫刻教員)も日本画教員の味方をして内容を誤魔化していること等を語った。

 そして、当事者も間に入った者もいい加減な対応しかしていないので、最初に事務員が言っていた様に、大学よりも上の運営組織の人達に対応させるように求めた。

 事務員の方は僕の話に驚きながらも、もう一度話し合いのやり直しを行い、必ず善処するように対応すると約束してきた。

 これから手配したとしても、ひと月以上は先になるという話に、僕は怒りながらも了承する。