絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画教員との話し合い2 No.102

割り振られるアトリエ

 K先生(彫刻教員)・A先生(男子)・S先生との話を終え、僕は日本画校舎へ行く。

 これ迄の話をまとめた兼ね合いから、書き綴っていない部分の話も多いのだが。

 少し前に行った話し合いのなかでは、これからの僕は他の生徒と同じ扱いを受けることとなっていた。

 大学での課題制作もしてよいことになり、アトリエ(課題の制作スペース)も僕は使ってよいことになった。

 これまで教われなかった日本画の授業の内容も、日本画の教員全員で必ず教えていく、という約束も交わしていた。

 その為に、まずは僕に割り振られたアトリエの場所を聞きに行ったのだ。

 これ迄の大学生活の3年間は、独学ばかりで、日本画教員からは殆ど何も教わらずにきた。

 これから始まる最後の一年も、資格や免許の取得や卒業後の準備の兼ね合いもあり、日本画のことを学ぶには僅かな時間しかない。

 これから頑張るのであれば、話し合いを終えた後すぐにでもアトリエを使う準備を始め、絵を描き始めたい。

 薄々と感じていたことだが、僕は大学で課題制作をしないことを前提に、教員や同級生達は動いている。

 新学期が始まってい1~2週間も経過していれば、各生徒の制作場所の割り振り等は終わっている。

 そこで、僕の制作場所なんかは、最初から無いことを前提で割り振りが進んでいる可能性が高い。

 それならそれできちんと主張をして、課題の制作場所を作って貰う必要がある。

 普通に考えれば僕の日本画の生徒なのだから、僕の課題を制作する場所(席)は確保して割り振られている筈なのだが。

 この日本画の教員達は、僕の件に関しては普通に動くとは思えないでいる。

 

 日本画の研究室(日本画の職員室)に着くと、S先生はA先生(女子)に対して、少し前まで行っていた話し合いの内容を伝えている。

 そこに僕が現れたものの、会話の流れから、S先生はA先生(女子)への話を中断できずにいた。

 というのは、話し合いの内容はK先生(男子)から日本画の教員全員へ伝えて、決めたことを守らせるという約束だった。

 しかし、ここではS先生が、話し合いの内容を日本画の教員全員へ伝える役割になっていると主張し、その内容を伝えている処だった。

 S先生の語っている限りでは、僕がS先生に対して怒っているのは、指導に熱が入って乱暴な言い方をしてしまった部分のみになっている。

 それから、僕の言い分の殆どはA先生(女子)に対するものに片寄っていて、「あなたの考えていることは、何かもかも全て勘違いです」とか「質問にくるのを辞めなさい」といったA先生(女子)の発言ばかりが、僕の主張であり、それを直さなければならないとS先生は語る。

 そういう話を続けるS先生に対して、僕は「S先生の話は嘘ばかりじゃないですか」と怒る。

 他の日本画教員達への説明は、K先生(彫刻教員)が行うことになっているのだから、S先生が説明するのは辞めるように僕は責める。

 しかし、S先生は「そんな話の内容ではなかった」と語るもので、僕は「それならば話し合いのやり直しを大学事務に求める」と主張し、S先生からA先生(女子)への話は止まる。

 

 僕としては、一般の生徒が当たり前に受けている授業や課題の制作環境さえ与えて貰えれば、他の件は目を瞑ると語っていたし、そうするつもりでいた。

 しかし、こうして目の前で堂々と嘘をつかれていると、黙ってはいられないと注意をした。

 その上で、これから使えるアトリエ(課題の制作スペース)を教えるように求めた。

 この時のS先生の返答は、「もう大学で課題制作はしなくていい」というものだった。

 授業や課題の内容に関しても、「高木のやりたいように、好き勝手にやればいい」と返すばかりだった。

 僕は「それも約束と話が違う」と怒り、約束を守るように求めるが、S先生は応じない。

 

 この時のS先生の言い分としては、僕という存在は、入学当初から日本画教員の話に耳を傾けることはなく、ずっと好き勝手やらせろと反発ばかりしてきた。

 だから、今ごろになって授業を受けたいとか何かを学びたいという主張を始めることは身勝手すぎる。

 これまで高木がやってきた通りに、大学の授業や課題の出題内容等は無視し、大学(日本画校舎)にも出てくるな。

 日本画の教員も、これからは高木に何も言葉なんかかけない。

 そういう内容で、K先生(彫刻教員)を挟んだは話し合いはまとまったのだ、というもの。

 

 そのS先生の主張へ、僕は何度も言葉を投げ掛ける。

 感情的になっていたので、僕はずっと怒鳴っていたのだと思う。

「そう思っていたなら、なんでそれを話し合いの場でいわなかったんだ」

「S先生は嘘しか言っていない」

「嘘をつくな」

 この場に居合わせたA先生(女子)も、S先生の話がおかしいことや、自身の間違いの幾つかを理解し始めていた。

 これまでに、A先生(女子)が僕に対する行ってきた暴言の様な言葉の数々について

「私はS先生からそう教わっていたから、そう言っていただけなんだよ」

という言葉を何度も僕に言ってくる。

 最終的には、K先生(彫刻教員)を挟んで決めた約束の内容について、S先生は一切応じる気はないと察した。

 そうして僕は「大学事務へ、話し合いのやり直しを求める」と言って、この場での会話を諦める。

 

 このやり取りの前後、他の日本画の教員は全員見かけていた。

 大学には出勤していながら、K先生(彫刻教員)を挟んだ話し合いには参加していなかったのを知る。

 きっと話し合いの時間帯では、時間の都合がつかなかったのだろう…

 そんな風に僕は思おうとしていたのだが、実際には日本画教員達の独断で参加しなかったのだ。

 そのことを、この後に大学事務の事務員と会話することで知ることになる。