絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

大学への呼び出し2 No.89

フレスコ画の準備

 K先生(女子)から電話をもらい、指定された日時に研究室へいく。
 そこにはK先生(女子)がいて、上級生(4年生)の数人も待機していた。

  K先生(女子)の書き控えたフレスコ画についてのノートを貸してもらえ、ノートを読んだ上で制作を頑張るように言われた。

 

 それから、上級生はフレスコ画制作の漆喰を塗る直前までの作業を、僕に見せながら作っていく。

 漆喰を塗ってしまうと、フレスコ画の完成を急がなくてはならなくなる(数時間以内というタイムリミットが発生する)。
 まだ乾燥していない漆喰に絵具を塗り、漆喰(壁面)の乾燥に合わせて染み込ませて色を定着させるのがフレスコ画の描き方なのだ。

 この後は描く絵の下絵を作り、漆喰を塗り、それから描く作業が始まる。

 

葛藤

この時点で、当時の僕はこれ等の作業や意味合いを殆んど理解や把握もしていない。

 何もわからないまま、フレスコ画についての事柄が進んでいくことや、漠然とした大学内での不安から、僕は『何か罠があるのではないか』と疑う。

 K先生(女子)の事も、今ここで信じて良いのだろうか。

 未提出課題に対して、K先生(女子)は善意で色々と行って対処してくれている…であろうことは解る。

 でも、例えば同級生のS(男子生徒)の様に、善意や仲良くしようというつもりで話しかけている行為には裏があって。

 そこには教員達の都合による促しであったり、便利な存在となって教員達との信頼を得る為の意図があったり。

 S(男子生徒)の関与していない処で僕と誰かが仲良くなると、S(男子生徒)の立場を揺るがしてしまう状態が起こる可能性や危機感あって。

 同級生の誰かが僕と親しくなる前に、まずはS(男子)が僕に話しかけて様子を見なければ気が済まない、という状況があったり。

 そういう類いの何かがK先生(女子)の行為の裏にあって、もしそうであってもこの時点では、それが何なのか予想も出来ない。

 本当に善意であったり、K先生(女子)の持つ信念といったものによる行為だろうか。

 悪意のないものと信じたいけれど…

 僕に対して、教員達が皆で悪意や悪い噂を信じて接してくるなかで、このK先生(女子)だけは違う考えを持っていると考えてよいものかどうか。

 この時点で、A先生(男子)の言っていた「やらなくてもいい」というような話と、K先生(女子)の言っている話とに矛盾は幾つかある。

 でも今の処は、僕を陥れようとしたり、悪意のある言動を見受けられない。

 僕は何をどう考えるべきなのか、何をどうするべきなのか、そんなことで悩むばかりだった。

 

 嘘をつかれて騙されている、そうわかっていても「信じてくれ」と言われて、信じた後に騙される。

 それが、これまでに僕がこの大学で繰返し行われてきたことだ。

 このK先生(女子)の行為が善意を装った悪意だったとしても、僕は敢えてK先生(女子)の善意を信じよう。

 またここでK先生(女子)を信じて、これ迄と同じく騙されていく自分が見てとれる。

 そう思いながらも、僕は騙される道を判断していた。

 勿論、それなりの警戒をしながらではあるけれど。

 この悩みの過程で、何度もレイモンド・チャンドラーの言葉が頭に過っていた。

『男は、強くなければ生きていけない。
しかし、優しくなければ価値はない。』

 あれは浪人時代、予備校帰りによく寄ったラーメン屋さんで読み進めていた『上がってなンボ!! 太一よ泣くな』という漫画。

 ↓下の画像は、レイモンド・チャンドラーの話の場面ではないけれど、僕がこの美術大学にいた時の気持ちは、こんな感じで被って感じるものは多かった。

f:id:motonari1:20200327121706j:image

新・上ってなンボ!!太一よ泣くな / 小池 一夫・叶精作 | 残滓

 その漫画の主人公が、悩みのなかで噛み締めていた言葉のひとつだった。

 その優しさなんかで、この僕はどれだけ理不尽な思いをしてきただろうか。
 今もこの状況下では、

「その優しさに漬け込まれようとしているのではないか」

「僕の持っているのは優しさではなく甘さなんだ」

「こういう処が、俺の弱点なんだよ」

そんなことを何度も思い返しながらも、信じようとしていた。

 

フレスコ画の本

 K先生(女子)のことを信じることにした。
 それでもK先生(女子)から借りたノートを見ただけで、フレスコ画のことをわかったつもりになるのは違うのかもしれない。

 この美術大学で、僕は平田先生の自慢の教え子として、恥ずかしくない勉強をしようと決心して入学してきたのだ。
 フレスコ画の事は自分なりにしっかりと調べよう。
 K先生(女子)の善意は有り難く受けるが、フレスコ画のことを書いたK先生のノートは宛にしない(極力見ない)方向で頑張ろう。

 そう決心して、僕はフレスコ画の事を自分で知ろうと本を探し始めた。
 大きい本屋さんを何件か周り、住んでいる地域の図書館や、学校の図書館でも探す。

 その日の内に5~6冊ぐらい、フレスコ画を制作するための本を入手した。
 それを全部読むつもりだったのだが、難しくてよく理解出来ない。
 わからなくても、取り敢えず本の文章と写真は全部目を通すことにした。

 本を入手したまま徹夜で2冊に目を通して勉強する。
 夜が明けて、午前中の授業に出席しなければならない為に中断する。
 授業の合間などに寝て、急ぎの課題なども片付け、アルバイトもこなし、二日目の夜も寝ずに本を読む。

 3冊も読んでいると、ようやく重複している内容がよくわかってきた。
 そうして3冊の本を読み終えた後も、寝ないでフレスコ画の下絵を描いていく。
 下絵が終われば、フレスコ画の本制作である。

 本を一通り読んだお陰で、自分の持っている日本画用の絵具でも、フレスコ画に流用出来るものが多くあることを知る。
 それでも、僕の持っている物以外でどうしても必要な物はあって、それは自分で買いにいった。

 フレスコ画を制作する場合、絵を描く際に点などの目印を漆喰につけていく。
 人物を描くなら、頭はこの辺りで、体はどこだとか。
 何もない大きな面(壁)に、突然絵具を乗せていくわけではない。

 しかし、この頃の僕は没骨法を練習していた。
 下書きなどなくても、僕は描いていけた(その為の準備はあるのだが)。