絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

K先生(女子)との接触 No.87

担当教員への求め

 画仙紙に墨を主に使い、自画像を描いていた。

 僕は研究室(日本画の職員室)へ行く度に「3年生の担当教員であるA先生(男子)に絵を見て貰いたいです」と求める。

 しかし、僕の求めに対して、A先生(男子)に会わせて貰うことは一度もなく、いつもS先生ばかりが対応しようとする。

 それ迄のやり取りの関係上、僕はS先生の指導等を信用していなかった。

 いつもの流れとして。

 僕はA先生(男子)からの指導を求めているのだが、S先生は僕の持っている課題等の絵を覗き込んできて、その批評や指示などを出してくる。

 僕は、そのS先生の言葉に耳を傾けて聞きはする。

 きちんとしたことを言っていれば、その言葉は心に留めておこうという考えも持っている。

 それでも、何かしら(過去のやり取りからの矛盾に対する)誤魔化しを含んだ話ばかりで、やはりA先生(男子)から話を聞きたいと考える。

 僕は時間を置いて再び研究室へ行き、A先生(男子)を求める。

 同じ課題の件で、繰返し何度も研究室(日本画の職員室)へやってくる僕の行為に、S先生はうんざりし怒りながらも、S先生が僕への対応を文句混じりに行おうとする。

 僕はいつまでもA先生(男子)とは会えないもので、それを何度も繰り返していく。

 そんな時期の話。

 

 いつもの様に、僕は研究室へA先生(男子)を求めていく。

 そのある日は、研究室にK先生(女子)だけがいた。

 僕はK先生(女子)へ「3年生の担当教員であるA先生(男子)に絵を見て貰いたいのですが、A先生(男子)はいませんか?」と声をかける。

 そこでK先生(女子)は「私ではダメですか?」という言葉を返してくる。

 その言葉に、僕は少し動揺しながらも「見て貰えるなら見てください」と返答する。

 1年生の頃には色々とあった為、僕にとっては、K先生(女子)は恐い存在だった。

 恐い存在ではあっても、絵についての前向きなやり取りが出来るならば、僕は臆する訳にはいかなかった。

 

K先生(女子)に対する身構え

 僕がK先生(女子)に対して、身構えてしまう。

 その背景の話。

 僕は1年生の頃、K先生(女子)へ質問したり絵を見て貰おうと、研究室へ何度も足を運んでいた。

 その時のK先生(女子)は、この時のA先生(男子)と同じく、僕と顔を合わせてくれる事さえなかった。

 当時は、僕がK先生(女子)を求めても、必ずS先生かA先生(女子)しか対応して貰えなかった。

 その対応時でも、K先生(女子)は僕が何度も繰り返し質問を持ちかけてくる行為に対して怒っているとか、僕を嫌っている、等という話ばかりを聞かされていた。

 その流れから「わからないことがあっても、いちいち質問してくるな」と怒られていく状況にもなっていった。

 それでいて、講評会の場では。

 僕はK先生(女子)に対して(一年生の担当教員であるA先生(女子)もいるのだが)、それまでに質問しながら無視されていることや、僕なりの考えとの違いなどを語る。

 そのことで「わからないのに(研究室へ)質問にもこない」「あなたの言っていることは矛盾だらけです」という批判ばかりを受け、僕の質問や疑問に答えて貰うこともなかった。

 そのやり取りの度、同級生達は面白がり、僕を見下し馬鹿にしていく傾向は深まっていった。

 そのことで、生徒間の人間関係も破綻していった。

 そんな経緯があるからこそ、僕にとってのK先生(女子)は、I先生やS先生やA先生(女子)よりも油断ならない存在である。

 でも、僕の学びたい絵の技術や知識は、多く持ち合わせた人であることも理解していた。

 この大学で学んだ日本画の知識や技法等は、入学してから半年くらいの間、K先生(女子)が生徒全体に対して教えていたことだけだった。

 他は、他の教員達の矛盾した胡散臭い話によってトラブルになり、まともには相手にされなくなったので、何も教わっていない。

 S先生からは、

 「どうしても(大学で指導している日本画について)知りたいなら、S(男子生徒)やTa(男子生徒)達に頭を下げて、仲良くして貰った上で教えて貰え」

 という言葉をかけられてきたけれど、後にも先にも、僕はそんな指示に従うつもりもない。

 会話をする前からK先生(女子)のことを、他の教員達と同様の胡散臭い人と決めつけてはいけない、と意識的に考えようとする。

 でも無意識のうちには、K先生(女子)のことも他の教員達と同じ様な目で見ていた。

 

  K先生(女子)との会話

 言い訳がましい話からはじまってしまうのだが。

 この時の僕の課題は、結構恥ずかしいものだった。

 課題で初めて破墨への挑戦をして、やはり上手くもいっていない。

 下図相談もしていないのに、勝手に作業を進めていて、本来大学で課題制作用に用意されている麻紙(日本画の備品購入の為、生徒は500円負担する)を使ってもいない。

 そんな突っ込みの入りそうなものばかりの絵を見せて、僕は説明を始める。

 たぶん、僕自身の意思だけで描いた僕の絵をK先生(女子)が見るのは初めての筈である。

 

『僕は1年生の頃に竹内栖鳳のことを知り、竹内栖鳳の絵が好きになった。
 それまでは、伊藤深水の美人画が好きだった。

 この大学の課題では、盛り上げや厚塗りをしていないという怒られ方をよくされるが、僕が美術大学で学ぼうとしているのは戦前の様な日本画であって、今時の日本画とは少し違う。

 そういう部分から、日本画の教員達が生徒に描かせようとしている絵と、僕が学ぼうとしている絵には、違いがある。

 1年生の頃から、いつも「抽象画をやろうとしている」という怒られ方をされてきたけれど、それも誤解である。

 

 紙に関しても、僕は色んな種類の紙のことを学ぼうとしていて、2年生の頃からは大学から支給されている紙を基本的には使わなくなった。
 自分で紙を用意していることに関しては、2年次のはじめに許可を貰った上でやっている。

 この課題で使っているのは中国の画仙紙。
 画仙紙を使うことにしたきっかけは、竹内栖鳳のことを勉強してのこと。
 竹内栖鳳はドーサ(滲み止めの液)を使わずに絵を描いている場面があり、その描き方を僕は研究していたこと。
 この絵で使っている胡粉は、1年生の頃にK先生に教わった胡粉とは違うもので、発色も酷いものになっている。

 生徒間で、水彩絵具の様なチューブに入った胡粉絵具を使うのが便利だと流行っていて、僕も今回は初めて使ってみたが、これは酷かった…等々。』

 

 話す前の本音として、K先生(女子)も僕の話はまともに聞かないだろう、と予測していた。

 これ迄の先生達がそうであったから。

 それでも、最初からそうと決めつけた会話をする考えも持てず、無駄な説明になると思いながら語った。

 K先生(女子)は僕の話を黙って聞きいていた。

 その黙って聞いている感じは、2年生の頃のI先生が僕に対して、
『こんな絵を描くならこの学校は辞めた方がいい』
と言ってきた場面と似ていた。

 僕の語ったことについて考えているのではなく、僕にどんな暴言を言おうかを考え、その暴言を口しようか微かに躊躇して、少しの間を作ってしまう…

 あの時と一緒じゃないのか…そんなふうに僕は見ていた。

 やはりここでも、K先生(女子)との口論ははじまるのだろうと身構え、覚悟を決めていた。

 そういう僕の考えは浅はかで、この時のK先生(女子)は、予想外にも、きちんとした話をしてくれた。

 K先生(女子)の話は、教員達の件からはじまる。
「この学校の先生方も、実は日本画というものがどういうものかを、よくわかっていないのです。」

 それから、僕の説明の中心となっている竹内栖鳳の話に対して「どうして栖鳳紙を使わなかったのですか?」という質問を僕にする。

 僕自身は栖鳳紙の存在は知っていたのだが、それは竹内栖鳳の求めによって作られた特別な紙で、今の時代にそれが買えるとは思っていなかった。
 だから、「どうして使わなかったのですか?」という質問に対して「買えるものだったのですか!?」と驚いていた。
 K先生(女子)は驚いた僕を見て、栖鳳紙についての話を始める。

 その話は、あまり細かくまでは覚えていないのだけれど、全部何かしらの本で読んだことのある話ばかりではあった。

 ただ、知っている話ではあっても、その栖鳳紙を作った人物として『岩野平三郎』という個人名など、具体的なことまではっきり口に出来ている事が、僕の様な付け焼き刃の知識とは全く違うのだと感心した。

 竹内栖鳳についての話をすれば、日本画の教員たちであろうと、知識の上では僕の土俵だと思っていた。
 それなのに、その竹内栖鳳の話を僕から突然切り出されても、K先生(女子)は何の準備もないところから、正確な話を語って返してきた。

 他にも、知りたかった墨の扱いや、僕の絵の適当になっている部分への指摘等もあるのだが、長くなりそうなので細かい処までは省こうと思う。

 

 大学生活のなかで、初めてまともな批評を受けたのだと思う。

 僕の悪い噂はK先生(女子)も聞いているであろうから、揉めないように優しい言葉や丁寧な言葉を選んでいたのかもしれないけれど。

 K先生(女子)がきちんとした話をしてくれたことに、予想外で驚くほど、僕はK先生(女子)のことを悪く考えて決めつけていた。

 今回はたまたま、という考え方もあるだろうし、この会話をしながらも、K先生(女子)は僕を嫌っているのかもしれないけれど。

 嘘をつかずに、きちんとしたことを教えてくれた事実は受け入れよう。

 K先生(女子)の絵に描かれる線は、大雑把な性格の僕には描けない、丁寧でぶれていないものだった。

 きっと几帳面な性格で、大雑把な僕とは性格面では噛み合わないのだろう。

 それでもK先生(女子)ならば、絵を通して、どこか・何かでわかり合えることもあるかもしれない。

 現実的には、僕は大学に出てくる機会も失っていくから、K先生(女子)とのやり取りも、これが最後になる様に考えていた。

 そうであっても、『もしも』という仮定のなかでのみ、K先生(女子)は微かな可能性を感じる存在であった。

 そういう可能性の存在は、直接的に接しないで仮定のなかで考えるからこそ、想像のなかで喜ばしいのであって。

 これから直接的に接していこうとすると、表面的な綺麗事から厳しい現実が分離して突き返され、同じ結末なのに苦しみばかりが加算されていくのではないか。

 だから、『もしも』という可能性を心のなかに残して、諦めたり風化させるべきなのかもしれない。

 悪いことが続いていると、そんな考え方をしていくものだ。