絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

3年次の新入生歓迎会 No.82

 裸婦のデッサンと着色写生の時の話は、今回まで続く。

 

 放課後に行ったK先生(女子)とS先生と、他の生徒たちとの話し合いのことについて、多少の葛藤もあった。

 あの話し合いの場で、僕がこの美術大学で受けている仕打ちを話していくすべきだっただろうか。
 もっと、具体的にS先生や他の教員たちの悪いところを挙げていき、あの場にいるS先生を追い込むところまでやるべきだったのではないだろうか。
 そういう後悔や迷いの様な考えが、何度も頭を過る。

 …いや、あれで良かったのだ…という考えもあり、過ぎたことでありながら、あの時はどうするべきだったかの結論に悩んでいた。

 

 新入生歓迎会

 後になって考えてみれば、新入生歓迎会が行われたであろう時期のこと。

 一年前に行われた2年次の新入生歓迎会でも、僕が出席していないのを良いことに、僕の悪口で盛り上がっていたという。

 だからこの年も、そういうことは同じく行われていただろう。

 

 それから何気ない日。

 K先生(女子)とS先生の言動から、何やら妙な話をしていたらしい事を感じ取れる。
 勿論、同じ美術大学日本画の教員同士なのだから、何かしら話はしているだろう。
 しかし、その後の彼等の言動にはおかしな発言が続く。

 そのおかしな発言というのは、生徒の制作状況を見に来た時や作品の返却時等の合間に何度か挟んだこんな発言。
 K先生(女子)
「皆さんは、生徒間で何か陰湿なことをしているそうですね」
 S先生
「生徒同士、仲良くできるなら仲良くした方がいいよ」

 彼等からこういう言葉を聞くと、これは僕の絡んだ問題についてだろうか?と感じてしまう。
 でも、そう感じたすぐ後に、そんな訳がないと考え直す。

 この教室のなかには、僕以外にも人間関係の上手くいっていない人物がいる。
 例えば色弱と難聴を抱えている人物で、僕と同様に「あんなんで何で試験(受験)を通れたんだろう?」と噂される人物がいる。

 僕が、違和感や嫌悪感を感じながらでも、まだ何人かの同級生達とも会話をしていた頃(入学して数ヵ月位の時期)、僕は彼とも雑談としての会話はしていた。

 それから、教員達とのやり取りがメチャクチャになり、生徒間(主に男子生徒)でも僕を遠ざける流れが出来てからは、彼も一緒に僕を避けるようになった。

 そうなってから暫くすると、彼も同級生達から浮いていった。

 僕の様に危害を加えられている感じには見えなかったが、友人的に見える人物の存在や、同級生達と笑いながら会話している場面も、それ以降は見かけたことはなかった。


 きっと、K先生(女子)やS先生の言葉は、その彼とか、僕の認識していない誰かのことだろう。

 僕は、S先生から

「もう誰とも口をきくな」

「お前はもう絵に関わっては生きていけないようにしてやる」

と怒鳴り叫ばれた存在なのだから、僕の件は関係ないだろう。

 僕自身は、そう考えていた。

 それに対して、同級生達の動向は違っていた。

 それ迄に一度も会話したことのない同級生(こういうのはいつも女子生徒だった)から、小さく「おはよう」と声をかけられる。

 それが僕に向けられていたことに気付けず、結果として無視してしまうことも何度か起こる。

 この動きに危機感を感じたS(男子生徒)は、僕に話しかけようとする同級生に「高木には話しかけないで」と呼び止めて、S自身から僕へ話しかけてきた。

S(男子生徒)

 「元気にしてる?」

「俺はお前(S)とは会話したくない。

さっきの(午前中の)講義の時間でも、俺のことをバカにした話題で盛り上がっていただろ。

そういうのを、俺は知っているんだよ。

先生達の気紛れな言葉に影響されて話しかけてきたんだろうけど、そういう白々しいの、俺は嫌なんだよ。」

S(男子生徒)

「もういい…お前のことなんか、もうどうなったって知らん」

 そう言って、S(男子生徒)は僕の前から去っていく。

 それから、先に僕へ話しかけようとしていた同級生に対して、

「俺が話しかけたら、話しかけてくるなと怒られて、ぶん殴られそうになった。だから、もう高木には話しかけちゃダメだよ。」

と語り聞かせている。

 

 このやり取りを経て、S(男子生徒)の言い分は教員達へ伝えられて、周知される。

 『同級生達はみんな、高木と仲良くしようと話しかけている。

 でも、高木はいつも勘違いして、仲良くしようと話しかけた言葉に対して、怒って暴言で返してくる。

 だからみんな、高木とは仲良くしようと努力してきたのに、それが出来ない。

 この件は全て、高木側の人間性による問題なのだ。』

 ここでカッコで書いた話しは、この後の教員達とのトラブルで、A先生(女子)が僕を責める時に語った内容だ。

 一年ほど大学から離れていたK先生(女子)が戻ってきて、大学内の状況に違和感を感じ、その反応に教員も生徒も焦って動く。

 そのことで、教員も生徒もみんな悪くはないと否定し、その言い逃れとして僕の人間性批判が進む。

 こういう動向からも、僕はK先生(女子)の存在は面倒臭く思い、嫌悪する気持ちを強めていく。

 こういう処からも、放課後での話し合いで、大学での指導のあり方や、I先生とS先生とで行ってきたことを語り、強く批判するべきだったのではないか。

 そんなことを、僕は時折考えてしまう。

 

 

 大学から離れて何年も経ち、何かで読んだ話。

 僕の抱えていた問題とは、少し違った問題に感じ取られるかもしれないが。

 小・中学校等のいじめ問題で、学校の先生達は、そのいじめ行為に気付かなかったとよく言われる。

 それを第三者が、テレビ等で報道されている内容を見て、「それだけのことがあって、教員達が気付かない訳がないのではないか?」と疑問に思われる場面が多々ある。

 そのことについて、本当に気付かなかったという教員達側の言い分の話。

 

 いじめが行われている教室の生徒達というのは、先生の側からは、統率がとれていて、皆が良い生徒に見えるのだという。

 そして、いじめ被害を受けているその生徒こそ、その良い教室・生徒達の統率を壊す問題児・悪い生徒という様にも映ってしまうという。

 

 細かな話をあげていけば。

 僕のこの話は美術大学での話ではあるし、一番に危害を加えてくるのは、生徒ではなく教員達だったりする。

 それでも、根本的な問題として考えると、共通した問題として考えられるのではないだろうか。