絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

3年次の裸婦デッサンと着色写生2 No.80

これ迄と違った流れ

 デッサンでの話は、根本的な部分で同じことを繰り返している。

 

 僕としては。

 黒いデッサンに拘るつもりはないが、鉛筆でも木炭でも、濃い濃淡での描きたかを苦手としている。

 自身の絵の向上の為には、そこは通らなくてはならない部分と考えていた。

 それがこの大学でやっていけないであれば、僕もやりはしない。

 それをI先生とS先生は、『彫刻のデッサンみたいだ』『日本画には日本画に適したデッサンがある』と語り、遠回しにやってはいけないことと語っていた。

 途中からは、木炭や濃度の濃い鉛筆の使用を禁止することまでもしてきた。

 それ等の指示については、後になってから『あの時は機嫌が悪くて…』という話を語り、今はそういうデッサンを禁止してはいないという話になった。

 それならばと、僕は再び濃度の濃い3B~6B位の鉛筆を使い始める。

 それを見た多くの同級生達は「またやっている」と語り、僕が再び教員達に怒られる場面を期待して待っていた。

 しかし、この時のデッサンで、教員達はアトリエ(教室)へやってきても、生徒のデッサンに口を出さない。

 この時のデッサンは、いつもと何かが違っている、と感じていたのは僕だけではないと思う。

 

 それからある日。
 職場復帰をしたK先生(女子)が教室内の僕等生徒たちのデッサンに疑問を持ち、生徒全体に対して言葉を発する。

K先生(女子)
「皆さんはどうしてこういう描き方をしているのですか?」

 K先生(女子)のこの質問は、たぶん、この教室の殆どの生徒たちはわからなかっただろう。
 僕自身も、最初はわからなかった。
 しかし、K先生(女子)の発言にずっと耳を傾けて話を聞いていると、それとなく意味合いは理解できてきた。

 一般的な基礎としてのデッサンを、僕以外は行っておらず、I先生やS先生の指導してきた内容についても、把握していない。

 K先生(女子)の考えるデッサンの方向性と、生徒達の行っているデッサンの方向性に大きな開きがあるのだ。

 それは、ごく一部の生徒でやっていることではなく、殆どの生徒がその様に動いている。

 それに対して、

「皆さんはどうしてこういう描き方をしているのですか?」

 という疑問と質問だった。

 過去、教員達の意図や指事に対して、思っていることを口にしてきた僕は、教員達に毛嫌いされ、粗っぽい言葉で発言自体から批難されてきた。

 それから、孤立する状況にも追いやられて、この時の立場に至っている。

 そういうやり取りを散々に見てきた生徒達だから、誰もK先生(女子)の問いかけに対して何も言わない。

 そういう話の以前に。

 僕が認識している位に、状況を把握している生徒自体がそもそもいないのかもしれない。

 僕自身も、K先生(女子)へ思っていることを言えば、また面倒事を起こすことになると考え、口を出すかで迷い(結果として)黙っていた。

K先生(女子)
「どうして皆さんは何も答えないんですか?」

そう言われても、皆は答えられない。

K先生(女子)
「もっと色んな描き方をしたらどうですか?
むかし、安田靫彦さんは弟子の小倉遊亀さんに普段描かない描き方を色々やるように言ったんです。
そうすれば、いつかは一枚の葉っぱが手にはいるでしょう。
一枚の葉っぱが手に入れば、宇宙だって手に入りますよ。
そういう風に、みなさんも色んな描き方をしてはどうですか?」

 K先生(女子)は後半で咳き込みながら話し、教室を去っていった。

 その後、まだ教室内では裸婦のモデルさんがポーズをしているのに、生徒たちはK先生(女子)の言葉について話し合う。
「言っていることはわかるんだけど、具体的に何をやったら良いのかわからない。」
「葉っぱとか宇宙とか、そういうイメージで絵を描けってことなんだよね?」
小倉遊亀って人はまだ生きてる?もう死んでる?安田靫彦って人はまだ生きてる?もう死んでる?」

 この会話を聞いていて、この『一枚の葉っぱ』についての話や、K先生(女子)の発言の意図を理解している生徒は誰もいなかった様に感じる。

 でも、この一枚の葉っぱの話を、僕だけは知っていた。

 

一枚の葉っぱ

 『一枚の葉っぱ』について。
 それは小倉遊亀の修行時代の話。

(↓の絵は、修業時代のものではありません)

f:id:motonari1:20200304123818j:image

小倉遊亀 『径(こみち)』

径(こみち)/小倉遊亀 - 遊びをせんとや生まれけむ

 小倉遊亀が絵を描いていたある時期、何を描いても自分の気に入らない感じになってしまう。
 その事を師の安田靫彦に話した時、こういう話をして貰った。
「今の小倉さんには、絵のなかにひとつの型が出来つつある。
その型が自分で気に入らないと思うのであれば、その型を壊す為に、普段は使わない紙や絹、あまり描いてこなかったモチーフ等を敢えて扱ってみましょう。
それは何年掛かっても良いのです。
そうすることで、いつかは小倉さんにも『一枚の葉っぱ』が手に入るでしょう。
『一枚の葉っぱ』が手に入れば、宇宙だって手に入りますよ。」

 納得のいく型の切っ掛けを『一枚の葉っぱ』に例えている。
 葉っぱ程度の小さなものであっても納得のいく型を身に付ければ、納得のいく絵の契機になるだろう。

 

 この『一枚の葉っぱ』の話を知ったのは、「芸術倶楽部」という美術雑誌のなかの記事だったと思う。

 この記事を書いていたのは、僕等が在籍している大学の講義授業の先生で、若林先生という女性の方。

 若林先生の本業は、ある美術館の学芸員であり、僕はこの先生を頼りになるお姉さんの様に慕ってもいて、絵に関しての話を色々と教わっていた。

 それから、その若林先生が本業の美術館で企画した『師と弟子展』は好評で、雑誌社から依頼されて、その雑誌向けに書いた記事でもあった。

 そういう経緯もあって、K先生がこの話を持ち出した時点で、僕はこの『一枚の葉っぱ』の話は既に知っていた。
 しかし、K先生のこの時の言葉だけでは、他の生徒達はこの『一枚の葉っぱ』の内容は掴めないのではないかとも思っていた。
 実際に、K先生が去っていった後の生徒たちの会話を聞く限り、理解していないのに理解したつもりになった発言ばかりしている。

 一年時の僕の様な、K先生の後を追って質問しようとする者もいない。

 2年前の僕ならば、ここでK先生の話をもっと良く知りたいと質問を持ちかけていた。
 そういう行動を実際に行ってきた僕にとって、わからない話をわかっている振りをして周り(わからない者同士)に同意を求めて納得しようとするこの生徒達の行動を、それほど絵に打ち込んでいない姿と見えてしまう。

 それでいて、面倒臭い質問を持ちかけず、わかったつもりになる生徒や、自分なりの解釈を真実の様に語りまわりへ教えていく生徒程、教員達からは良い生徒と扱われている。

 

 そんな風に見て受け止めてしまう僕の考え方も、僻みの様なものに左右され、真実を真実の通りに見えていないのかもしれない。

 偏見のない者の目で、この状況を見た時には、どの様に見えるのだろうか…

 そんな風に、僕は自分で感じ考えたことを否定的に疑いながら、もっと別の視点を探していた。

 そういう考え方が習慣化していた。


 K先生(女子)の語った『一枚の葉っぱ』の話は言葉足らずで、話の意味合いを正しく理解している生徒など見当たらない。

 そこには、何か意図があって言葉足らずで終わっているのだろうか?

  

 この『一枚の葉っぱ』の話を、僕はまわりの生徒達に説明しようか、少しだけ迷う。

 絵を学ぼうという気持ちは、彼等(周りの生徒たち)も僕も同じ筈だ。
 ただ、その気持ちの強い弱いはある。
 今のおかしな状況に流されて、様々な過ちを犯すこともあっただろうが、もっと良い絵を描きたいという気持ち自体は、僕も彼等もそんなに変わらない筈だ。

 同じく絵を大切に思う立場から、蟠りがあっても気に食わなかったとしても、僕は彼等に『一枚の葉っぱ』の事を話した方がよい、とは考える。

 しかし、彼等に話しかけるべきではない、という考えの方がずっと強く心の中を占める。

 まず頭に浮かんでくるのは、僕はS先生から「誰とも口を聞くな!」と怒鳴り命令されている存在であること。

 その上、一年生の頃からずっと、僕の考えていることは間違いだらけで程度が低い、等と馬鹿にされ続けてきた経緯もあり、同級生達の殆どもそういう認識で僕を捉えている。

 そういう存在である僕が、同級生達に何かを教えることに違和感があり、その行為は新しいトラブルの種になるとしか僕には考えられない。

 やはり黙って、僕は自分のことだけに専念するべきなのだ。