絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

美大3年生の新学期2 No.77

再受験への意思

 入学して数ヶ月経過した辺りから、ずっと思っていたこと。

 僕がこの美術大学へ入学するまでに身に付けた絵を描くための技術は、そんなにも程度の低いものだろうか?

 日本画と洋画の違い、ということも有るかもしれないが、僕は大学へ入学してくる迄の一年間、それなりの努力をしてきた。

 複数の美術大学の教授・助教授という立場にある人達へ、デッサンや着色写生等を何度か見てもらっている。

 入試前辺りでかけてもらった数々の言葉も、決して悪いものではなかった。

 僕の在籍している美術大学は、そこから幾つもランクは落ちる。

 このランクの低い美術大学で、僕は全くの素人並みの腕しかなく、絵についての常識さえ全く通じない(頭がおかしい)と批判され続けてきた。

 僕の考えとしては、教員達の力不足や偏見や主観等によって、生徒の腕がどの程度であるかをきちんと判断できないことが、このような結果を作っているのだと思っている。

  そう思い・考えながらも、美術大学の教授・助教授という立場にある人達が、そんな愚かな存在である筈はない、等と何度も考え直そうとしてしまう。

 薄々わかっていたことだけど、僕のこの考え直した側の考え方が悪いのではないか。

 

 これ迄に書き綴ってきたことの繰返しになっているので、ここでの細かな気持ちや考えの話はこれくらいにしておく。 

 こういった考えから、僕は他の美大・芸大の再受験を考える。 

 僕はこのままこの大学にいても、普通の生徒として扱われず、これからもずっと、何かを学ぶ環境は与えられないだろう。

 それならば、もうこの大学の課題は適当にして、有名大学の受験をやった方が、僕のなかでは学べることは大きい。

 受験する大学は、有名な処ばかりにするので、全部が不合格で終わるだろう。

 僕もそれなりに、合格を目指して努力はするけれど、大学で絵を描くのと受験用に絵を描くのとでは何かと違うのだ。
 不合格で終わっても、有名な美大・芸大を受験する人達の絵がどんなものか、受験会場で見ることで、僕の考えの視野は広がるだろう。

 僕の考えている絵が、他の美大や芸大の日本画でも通用しない・理解されない、そんな程度の低いものなのか。

 それ等の問題に、自分なりの結論が出せたら良い…そんな風に考えていた。

 

仔猫

 僕の住まいの近所には、ペットを飼えるマンションがあるせいか、時折野良猫を見かける。

 僕は幼い頃から猫が好きで、野良猫と遊んだ記憶も沢山ある。

 でも、この美術大学へ入学してからは、野良猫に話しかけて仲良くするような、気持ちや考えの余裕はなかった。

 

 ある日の朝、住まいの近くで仔猫が一匹で鳴いるのを見かける。

 親離れするにはまだ幼く、きっと親猫とはぐれたのだろうと想像できる。

 この仔猫は、自分でご飯を調達できないのではないか…

 猫好きな僕は、その仔猫に「おいで」と話しかけて食べ物をあげた。

 それから、母猫と再会できるとを願っていた。

 でも、この仔猫は母猫に再会できなかったようで、この後、この仔猫は近所でよくみかけることとなる。