絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

裸婦の日本画制作3 No.70

見間違えた絵の批評

 まず、気になっていたS(女子生徒)の作品の批評の話から。

 僕はS(女子生徒)の作品を遠目でしか見ていない けれど、何度見ても僕の描いた作品とそっくりだった。

 その作品への教員たちの対応も、他の生徒たちと同様に酷評だった。

S先生
「どうしてみんなこんなふうに描いてしまうのかなぁ」
I先生
「もっと絵に気持ち込めて描いたりできないの?
君も、好きな男の子とかのことで色々考えたりするでしょ?
絵を描くということは、それと同じことなんだよ」
「もっと絵のことで、色々考えてたりして描きなさい」

 S(女子生徒)は、S先生とI先生の話に対して「はい」としか返せない。

 

 僕個人は、I先生とS先生の指導をよく思っていなくて、主観が混じって悪く考えてしまうのだろうか…等と、自問自答を繰り返す。

 S(女子生徒)が僕と同じ様なことを考えて、この絵を制作していたなら、それ相応に考えを巡らして絵を描いている。

 教員達が「もっと色んなことをしていいんだよ」と語っていても、新しい試みで制作を失敗したなら、真面目に取り組んでいないと決めつけて、「もっと色々考えて絵を描きなさい」等という言葉をかけてしまう。

 うまくいかない過程に、その生徒なりの模索やら試みもあって、閃いてすぐ出来るようなことをしている訳ではない。

 でも、この教員達の求めていることは、即時に良い結果を出しなさいということだ。

 ここでの批評の数々が、おかしいと思うことばかりだ。

 その生徒が、過去にはどんな絵を描いていて、今回はどんな絵を描き、今その生徒はどんな考えで絵を描こうとしているか、そういうものを聞いたり考えたりすることを、なぜしないのか。

 その1枚の失敗だけで、その生徒の努力不足を語るのではなくて、何枚も描き続けてきた絵を考慮しながら、その生徒のプラスになる批評をするのが、入学当初にK先生(女子)の語っていた「生きた教育」というものではないかと思う。

 K先生(女子)は「失敗すると、そこから色んなことが学べます」とも言っていた。

 それでいて「違うことを言っているように聞こえるかもしれませんが、実は同じことを言っているのです」とも言っていた訳であり。

 やはり教員間でも、指導に関する考え方は統一していないし、それぞれが身勝手なことを言っているだけではないだろうか。

 I先生やS先生が繰返し「何でこんな風に描いてしまうのだろう」という言葉で生徒を責めているのは、自分等でそういう指導を生徒にしてきた結果でなのに、自分等ではそれを受け入れず、生徒の質の問題としてと考えているからだろう。

 だから、正直な感想として、この二人の教員の批評を聞いても、僕には、意味や価値のある話はないと感じた。

 そして、S先生が馬鹿にしている僕の大学入学前迄の絵の先生達は、質の高いことを教えてくれていたのだと考える。

 そう思いつつ、視点や考え方の違いや相性や、僕に盲点や思い込みがあったり等で、S先生やI先生のこういう指導を、質の低いものと感じ取っているのだろうか…見る人が見れば、これは質の高い指導なのだろうか…等と、自分の感じていることを、疑って考え直そうともしていた。

 

噛み合わない批評

 それから、僕の作品を批評される順番がまわってくるのだが、批評には悪意しか感じ取れない。

 教員や生徒たちの前に僕の絵を置くと、S先生は質問してくる。

S先生
「これで完成か?」

「いえ、まだ途中です。」
I先生
「こんな絵を描くんだったら、学校は辞めた方がいい。」

「言っている事の意味がわかりません。」
I先生
「何でわからないんだ。本当はわかってるんだろ?」

「わかりません。」
S先生
「でも本当はわかっているんだよな?」

「これだけの会話で何をわかれと言っているのか、全く理解できません。」
I先生は怒鳴り始める。
「何でわからないんだ!」

「その発言は、僕をただ馬鹿にする為に言ってるのではないですか?」
I先生
「そういう訳じゃない。」

「僕はS先生やI先生の指示に従って絵を描いたつもりです。これで何かがいけないのであれば、I先生とS先生の教え方や伝え方が悪いんじゃないでしょうか。」
S先生
「俺たちはこんな絵を描けなんて言ってない。」


「僕は、下図相談もして、制作の許可を貰いながら、本来自分の描きたいものを抑えて課題の制作をしているんです。

こんな絵と言うなら、どういう絵を描けと言っていたんですか?
先生達側で、伝えるべき事をきちんと伝えてくれないからこうなったんじゃないんですか。」
I先生
「この絵からは何も伝わってこない」

S先生
「もっと形とかをしっかりと見て描けってことだ。
俺達の言っていること判るだろ?」

「わかりません。

デッサンの時に、日本画では、彫刻の様な形を捉えようとするものはダメだと言っていたじゃないですか。」
I先生は怒鳴る
「だから、何でわからないんだよ!」

「僕が先生達の好みそうな絵を描かないから怒ってるのですか?」
I先生
「そういう訳じゃない」

「では、形がとれてないからダメなんですね。」
I先生
「そういう訳じゃない」

「では使っている色の問題ですか?」
I先生
「そういう訳じゃない。」

「では、盛り上げや厚塗りをしていないからですか?」
I先生
「そういう訳じゃない。」

「では何がダメなんですか?
この課題ではどうしなければならなかったのですか?

そういう訳じゃないとばかり言わないで、きちんと説明してください。」

S先生
「高木が言うようなことは、もう充分に説明してきた。」

「他の生徒には説明したのかも知れませんが、僕はその説明を受けていません。」
S先生
「いいや、俺は高木に直接説明した。」

「いつどんな説明して貰えましたか?
僕はS先生とそんなやり取りをこの課題の制作期間中に一度もしていません。
本当に説明してくれたなら、ここで少しだけでも、その内容を教えてください」

I先生は怒鳴る。
「お前だけみんなと違うだろ!」

僕「先生達はこれ迄ずっと、自由とか自分の描きたい絵を描いたらいいとか言ってたじゃないですか。

それで、みんなと違っていることを責めてくる意味が理解できません。」

I先生は一部の同級生達に顔を向け、苦笑いながらこう話す。
「こいつ本当に腹立つなぁ。

こんな頭のおかしい奴、初めてだよ。」

その言葉に、何人かの同級生は一緒になって笑う。

S先生
「言っておくけどねぇ、大学は絵を描く所じゃないんだよ。」

「言っている意味がわかりません。
この大学は絵を描いて学ぶ所じゃないんですか?」
S先生
「高木は本気でそれを言ってるのか?
大学は基礎を学ぶ場所だ。
基礎以外の絵を描くなら、大学なんか辞めて独りで絵を描いていろ。
俺たちの言ってる事わかるだろ?」

「わかりません。
本質というか、根本的な部分から説明が不足していたり、間違っている様に思っています。」
I先生
「この絵は本質をついていない」
S先生
「本当は判っているのに判らないと言ってるだけだろ?
常識で考えなくても理解できる内容だ。」

「わかりません。」
I先生
「じゃあ今すぐに学校を辞めろ。
お前みたいな奴は、大学に居ても何の意味もないから。
でも、学歴を身に付けるためだけにいるなら、話は別だな。」

「どうしてそういう話の方向に持っていくのかも、僕には理解できません。
I先生もS先生も、デッサンの時の僕とのやり取りを根にもっていて、絵や課題とは別のことを混同して、こういうことを言っているんじゃないですか?」
I先生
「そういう訳じゃない。
何度も言っているけど、高木は、本当はわかっているのに判らない振りしてるだけだろ?」

「わかりません。」
I先生は怒鳴る。
「ここにいる生徒はみんなわかっているのに、何でお前だけわからないんだ!」

「わかる説明をしてくれないからです。

ここにいる他の生徒も、わかったつもりでいるだけで、実際はわかっていないんじゃないですか?」

I先生

「そういうことじゃない。

ここにいる全員が解っているのに、屁理屈こねて、わかってないなんて言っているのはおまえだけだぞ。

(怒鳴りながら)何でお前だけがわからないんだ!」

「先生達の話は、どこまでいっても理解できそうにないので、もういいです。」

I先生

「だから、何でわからないんだ!」

「もういいですよ。」
S先生
「俺たちの言ってる事、ちゃんとわかっただろ?」

「わかりません」
I先生は怒鳴る。
「こいつだけは、ホントに腹立つわ。

邪魔だから、早く大学を辞めろ!」
S先生
「俺達の言っていること、わかっただろ?」

「わかりません。もういいですって。」

そういって、僕は自分の制作した課題を片付けようとする。

S先生

「でも本当は、わかっているんだろ?」

「わかりません。」

I先生

「おい、いい加減にしろ!」
S先生
「俺達の言っていることわかっただろ?」

「ああ、はいはい、わかりました。」

 そう言いながら、僕は講評会を行っている教室から去っていく。

 去ってく僕の姿を見ながら、何人かの同級生達は「うわ、やっぱり惨めだ」「高木は頭がおかしい」等と言って、I先生やS先生と一緒に笑っていた。