絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画制作の為の裸婦デッサン6 No. 62

焦燥

 いつまでも繰り返すToの騒ぎに、僕は焦りと苛立ちを覚える。

 その焦りの一番の要素は、早くモデルさんに謝りたいという気持ちで、ポーズの時間が来たり、細々とした事柄等で、謝るタイミングを逃してしまうということ。

 少し前まで、Toと一緒に僕やモデルさんの悪口を言っていたメンバーの内の1人は「喧嘩は外でやれ!」等と、自分は無関係であることを前提の発言をしている。

 そういう事ではなく、このアトリエ(教室)内の生徒全員の問題なのだ。

 後で考えれば、幾らでもやりようはあったのだが、僕は痺れを切らして相手にする。

「いつまでやってんだ。いい加減にしろと言ってるだろ!」
僕はそう怒鳴ってToに詰め寄り、胸ぐらを掴みながら話しかける。
「俺の事だけを馬鹿にするなら我慢してやるけど、モデルさんは関係ねぇだろ。
お前達は、何で関係ない人間まで馬鹿にしていくんだよ。」

 僕はToの胸ぐらを掴んだまま、アトリエの外に連れ出そうとする。

 そこへ同級生のS(男子生徒)とTaが間に入って僕を止める。
「悪いのはToじゃなくてみんななんだ」

 そう語るS(男子生徒)も、いつも飽きずに僕の悪口を言っている中心的な人物で、午前中にも、僕の授業の妨害をしていた面子の一人だ。

 細部の話は省いてきたけれど、S(男子生徒)はToや他の何人かの生徒と一緒になり、午前中の講義の授業では「早くシね!」と叫びながら、僕にゴミをぶつけてきている。

 ただTaに限っては、午前中に妨害してきた面子のなかにはいなかったし、生徒間で集まって、そういう行為をする場面も少なかった様に思う。

 そこから、幾つかの会話のやり取りをするのだが、ToとSとTaは、それぞれに僕側の言い分を理解していながら、わざと内容をはぐらかして反論する。

 午前中の講義の時間に、モデルさんの悪口なんか誰も語らない、とか。

 一年以上も前から、僕への危害を加え続けてきただろう、という話に対して、 そんな前の事なんか憶えていない。

 そんな昔の事を根にもって、今頃暴れられても困る、とか。

 仮にモデルさんの悪口を俺達(Ta等)が言っていたとして、そこから高木が怒ってしまう意味が理解できない、とか。

 全部が高木側の勘違いで、俺達(S等)は何も悪くない、等々。

 そんなグチャグチャの会話をしている内に、K先生(男子)を中心に、何人かの教員達がやってくる。

 当然の事ながら、同級生の誰かが研究室へ行き、呼んできたのだ。

 

 K先生は「いったい何があったんだ」と聞いてくる。

「何人かの生徒達が悪ふざけをしていたので、僕は怒りました。
でも内容が込み入っていますし、ここで簡単には説明できません。」

 こんな感じの言葉から始め、この問題は僕とToだけの問題ではなく、多くの人物が関係していながら、今は知らない振りをしていること。

 今見えている明確な悪い点だけで、教員達が注意する様なことをすれば、状況はもっと悪くなり、大学に居られない僕の様な存在は、他にも何人か出てくることになること。

 このトラブルは、これ迄の教員達の指導とも関係していて、そのことを教員は受け入れないだろう、と僕は考えている。

 だから教員達には、第三者や中立の立場というつもりで、この問題に入ってきて欲しくはないし、出来ることなら僕も、教員達にこの問題を話したくはない。

 大体こんなことを語った。

  僕がこう語ったからといって、教員達もそのまま理解したわけでもないだろう。

 僕自体は頭も悪くて、適切には動けていないし、整理してまとまった考えで語れてもいないから、K先生(男子)を中心にした教員達は、僕の話を聞いても、何の理解もできない状況だっただろう。 

 それでもK先生は、当事者同士で解決したいのだろうと察し、

「話し合うなら、当人だけでやらない方がいい。間に誰か人を入れたいなら、俺達がなってもいいからな」

 という返答をする。

 それから「少なくとも、モデルさんには迷惑をかけているのだから、モデルさんには謝りなさい。」と僕だけへ言ってくる。

 ここでようやく、僕はモデルさんに謝って頭を下げる。

 Toやほかの生徒達に関しては、誰も謝ることはなく、 K先生は僕以外の生徒に対して、謝るように促すことはなかった。

 K先生(男子)の考えとしては、僕がモデルさんに謝ったことを以て、この問題は収束したと考えた様で、ここからは、教員達は研究室へ戻っていく。