絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画制作の為の裸婦デッサン5 No.61

生徒の絵の傾向

 着色写生を進めていても、やはり僕の作品だけは感じが違う。

 

 美術大学の同級生のなかには、S(男子)の様に、多浪して入学してきた者も何人かはいた。

 でも、多浪しているから力があるかというと、そうでもなくて。

 特に2~3浪もしていると、本当に力があると見てとれる人と、1浪以降からは力のついていかない人とに別れている気がする。

 僕も一年の浪人してきた訳で、自分のことを棚にあげているかもしれない。

 自分で考える自分の絵というのは、実際より幾つか上の段階に考えてしまう傾向にあり、僕自身も端から見れば、ここで偉そうに語っている程の腕ではないのかもしれない。

 だからこそ、僕の描いた絵を貼付したりもして、どの程度の腕かは見せたいのだが、当時の作品関係は、破棄したり実家にあったりで、殆ど公開できずにいる。

 そんなこともあるので、僕の語っていること等は、話半分に思ってくれたら良いのだと思う。

 

 多浪すると腕は上がらなくても、絵を描く上での流れや勝手は、よくわかっていく。

 わかっていても、多浪しながら程度の有名大学の受験を通過できないというのは、それ相応の何かはあるのだ。

 僕の入学した美大は、難易度の低い美術大学であるから、生徒は全体的に、デッサンも着彩もあまり描けない。

 そのなかで、力はなくても多浪した人物の絵というのは、比較すると上手に見えるのかも知れない。

 その多浪した生徒のデッサンや着色写生を、I先生やS先生は誉めていた。

 教員達に褒められている生徒の絵というのは、まわりの生徒達も参考に真似して制作していく傾向にある。

  褒められている生徒であるS(男子生徒)は、良く言えば面倒見のいい性格で、日本画の勝手を知っているTa(彼は浪人はしていないが)と一緒に、まわりの生徒に描き方や絵への考え方を教えていく。

 その状況に、大学の教員達も便利さを覚えているので、その流れや便利さを利用し、大学の教員である立場で負うべき責任というものを見失っていた。

 この状況を生徒側にしてみると、絵の良し悪しの1番の明確な基準が、同級生のS(男子)とTaの描く絵となっている。

 教員達も、彼等を大事に扱ってさえいれば、描き方や伝達事や指導など、殆どのことはS(男子)とTaが中心になってやってくれる。

 この指導の在り方には、1年次からK先生(女子)がしていた発言との矛盾は多々ある。

 その矛盾に、いつも僕だけが疑問を持ち、色んな事柄も混ざりながら、僕は教員達に嫌われてきたのだ。

 同時に、本来生徒が考えるべきものまで、SやTaが彼等なりの考えで教えすぎている。

 僕は、そんな彼等の教えに迎合せずに離れることで、『調和を乱す奴』とか『あいつは独りが好きなんだ』という批判を受けたりもして、余計に疎遠になり孤立する状況は出来ている。

 そんなこんなで、教員達が生徒のS(男子)やTaを信頼し、便利に使っていることと、その学年の生徒達の描く絵の傾向は、無関係ではないのだ。

 

ある日の出来事。

 前回の話とも話している事で、着色写生の制作が進んでくると、一番違和感のある僕の絵を、好きだと語る生徒が何人か出くる。

 この時の裸婦のモデルさんは、最初は僕の批判話を聞いていることで、僕には近付かないように心掛けていた。

 それから、僕の着色写生も進んでくると、「私は、この人(僕)の絵が好きです」という発言を始める。

 僕と教員達とのやり取りと、そのことについて批判して笑っている同級生達のことも、少なからず絡んだ発言をする。

「私は日本画の事はわからないから、何であの人がいつも先生達に怒られているのか、あの人の絵を見てもわかりません。
でも、この教室のなかでは、あの人の描く絵が、私は一番好きです。」

 この時のモデルさんの話を、僕は聞こえていない振りをしていた。

 僕の絵が好きだと言って貰えた事は嬉しい。
 でも、これ迄の学生生活からの習慣なのか、こうやって誉められると、何やら怒りそうな、嫌な予感ばかりする。

 そのモデルさんがお手洗いに行くと、モデルさんと会話をしていた同級生達は、モデルさんの悪口を言い始める。

ひとりは粗っぽい口調で、こう叫ぶ。
「あの女はああいう絵が好きなんだってよ。バカなんじゃねえのか。」

他の生徒の何人かも、モデルさんの言葉を否定する。
「あの女は、絵の事を何も知らないんだ」
「あの馬鹿女…」

 この場面までは、僕も黙って様子を見ていた。

 他の同級生達も、モデルさんの悪口を聞きながら、ずっと黙っている。


 ポーズ休憩も終わり、またモデルさんのポーズの時間は始まる。

 そこでも同級生達は、モデルさんへの悪口は止まらない。

「絵のこともわかっていないのに、高木の絵なんか好きだとか言い出して、バカ女だよな」

「ここから描いていると、あの女のアソコ(女性器)がみえるんだよ」
 等と言って、下品な笑いをしている。

 その場面を見て、僕はその同級生達へ注意することにした。

 タイミングとしては、モデルさんのポーズの時間が終わり、休憩時間に入った頃合いまで待った。

 休憩時感になり、話題はモデルさんの悪口から僕の惨めな存在批判に移っていた。

 僕が彼等に近付いていくことで、彼等の殆どは僕に気き、会話を止めるのだが。

 Toだけは僕の存在に気付かず、僕の名前を挙げながらYに対して「高木は屑だ」と語っている場面だった。

 そこへ僕は注意する。

「お前等、いい加減にしたらどうなんだ。
午前中の授業といい、今といい、自分のやってることを恥ずかしいと思わないのか?
周りの人間も何なんだよ。
同級生で、仲良く楽しくやってる友人が、こんな風にモデルの悪口を言っていて、誰ひとり何の注意もできないのか?
俺の事を頭がおかしいと話すのはいいけど、俺からしてみたらお前等の方がずっと頭はイカれてるよ。」

 そう言って、僕は自分の絵を制作していた場所に戻る。

 Toは延々と怒鳴り、Yはその場から逃げている。
「俺が何をしたって言うんだよ。何にもしてねぇよ!」

「俺やモデルさんの悪口を言ってただろ?いい加減にしろ」
To
「俺がひとりでお前の悪口なんか言ってたのか?
そんなことやってねぇよ!」

「俺から注意された瞬間でも、俺の名前を挙げていたし、ずっと何人かで集まって俺の悪口言ってだろ」
To
「訳わからん、俺は何もしてねぇよ!」

「お前は何でこんなことを言われたのか絶対にわかっている。
いつまでもわからない振りばかりするな」

 そう言って、僕はToとのやり取りを終えようとする。

 Toとの会話に区切りをつけて、モデルさんに謝りたい、という考えだった。

 しかし、Toはいつまで経っても「訳わからん」「俺は何もしてねぇ」「誰も高木の悪口なんか、しゃべってねぇよ」等と大きな声で叫び続ける。

 Toは同級生達へ「自分は何も悪くないよな?」という同意を求める。

 そのことに、それまで会話していた者も含めて、皆が黙っている。