絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画制作の為の裸婦デッサン4 No.60

デッサンから着色写生へ

 1年次から、特にS先生とA先生(女子)から、デッサンも日本画制作も、まわりの生徒の制作をお手本として見て、それと同じ絵を描けと言われてきた。

 だが、僕には同級生の絵を、そんな風には見れない。

 漫画や浮世絵の様に輪郭線を探って描き、ぬり絵の様に、肌の部分は鉛筆を寝かせて薄く塗り込むように描いている。

 これ等を、I先生は『日本画に適したデッサン』という。

 それがなぜ日本画に適しているのか、そういう説明なんかもしない。

 僕からしてみれば、基礎を知らない素人のデッサンでしかない。

 いつも高評価を貰っているTaは、デッサンに関しては上手く描けず、「デッサンなんか描けなくても、いい絵は描ける」と言って、同級生達にデッサンの不必要さを語っている。

 生徒にデッサンをやらせている教員たち自体が、デッサンのことをよく解っていない様にも見えていた。

 

 僕は1年間の浪人生活を送り、基礎を頑張って学んだけれど、自分では満足行く段階にはなれなかった。

 その分を、大学へ入学してから身に付けていこうと考えていた。

 でも実際に美術大学へ入学してみると、こんな感じで、その分を身につける場面等は無かったりする。

 

 課題の流れで、デッサンの後には、着色写生も行うことになっている。

 着色写生の作業に入ると、I先生とS先生からは、一度も声をかけらることはなかった。

 着色写生でも、ある程度の制作が進んでくると、僕の絵を後ろから覗き見してくる同級生が何人か現れる。

 そういう生徒の主は女子であり、男子生徒は、いつも僕の批判ばかりしている。

 僕の絵を見て、僕と交流を持ちたい気持ちもあって、わざと聞こえるように話していたのかもしれないのだが…

「こういうの描かせると上手いよね」
「私もこんな風に描けるようになりたい」

「どうやったら、こういう風に描けるようになるんだろう」
 そんな会話や言葉を、ポーズの合間に、後ろから何度も聞こえてくる。

  大学での人間関係が荒れていなければ、そういうことを言っている同級生達へ、僕は自分の持っている技術も知識も教えていただろう。

 そうして、同級生達が力をつけてくることで、僕も感化されたり、競いあったりする状況を何度も夢見たりした。

 でもそれは夢物語で、この先も、そんな方向に人間関係は向くこともない。

 

ある日の午前

 ある日、僕は午前中の講義の授業内から怒っていた。

 午前中の講義の時間内でも、同級生達は僕の悪口を語り、他の学年や科の生徒達へ、僕の惨めな存在感を広めようようとする。

 そんなのも、一年生の頃からずっと行われていことであり、この時になって始まったことではない。

 しかし、この頃は、I先生・S先生と僕との衝突を起こしていた。

 新入生歓迎会を契機に、僕への悪口に加担する仲間(教員や上級生等)も増えていて、調子ついてきたこともある。

 それに加えて、この日は朝から『いじめによって自サツした中学生』の話が、テレビのニュースやワイドショーなどで話題となっていた。

 同級生達は、その話題と僕とを繋げ、実際には僕の名前を挙げて
「よくいじめとかで自サツするのは、高木みたいな奴なんだ」
「俺が高木みたいな状況だったら、この学校やめるか自サツする」

「高木とは関わらない方がいい」
「あいつは本当にみじめな奴だ」
 等と語り、他の科の生徒達にも僕への悪口を語り聞かせていた。

 そういう時に、たまたまその授業の先生が僕を指名して意見を求た時。
 同級生達は大きな声で、「うわぁ、高木だぁ~」と叫び出す。

 その授業を終えてから、僕はその人物達に「お前等、いいかげんにしろ」と注意する。

 その注意も、彼等は聞こえていない振りをして、素通りされる。

 それに対して、僕はきちんと話をきかせようとしたり、謝らせようとしたり、まではしなかった。

 度が過ぎていることへの最初の注意は、その程度でよいと考えていた。