絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

日本画制作の為の裸婦デッサン2 No.58

 この時に行われたデッサンや着色写生は、後に始まる『裸婦の日本画制作』の為のもの。

 実際に日本画制作を行う時には、この時のデッサンや着色写生を見て描くことになる。

 その前提でやりなさい、というものであった。

 

 今回は、これ迄に書き綴ってきたことを、繰返し書いている部分が多いと思う。

 それを自覚していながら書いているのは、これ迄に積み重ねてきた事柄が、これから始まる新しい問題の下地になっているからなのだ。

 

これまでと同じ流れ

 そうして始まった裸婦のデッサン。

 この時に来たモデルさんは、前回のデッサンの時とはまた別のモデルさんだった。

 時間が経過し、教室内で各自のデッサンの制作がある程度進んでくると、前回の裸婦デッサンと同じ様な流れになっていく。

 何人かの男子生徒達は、裸婦のモデルさんに話しかけて雑談を始めていく。

 このモデルさんとその男子生達とで、親し気な口調での会話になってくると、話題は僕の悪口へと移行していく。

 それから、ある程度の作業が進んでくると、このモデルさんは僕のデッサンを指して「みんなは悪く言っているけど、私はこの人のデッサンが好き」等と言い始める。

  この時のモデルさんの発言を契機に、急に教室内の空気は変わる。

 

黒いデッサン

 デッサンの制作の過程で、S先生とI先生は僕のデッサンばかりを悪く言い、他の生徒のデッサンは褒めていく流れも、このときは同じだった。

 そのこと自体は変わらないのだけれど、前回のやり取りを経たことで、今回はより厳しい批判や言いまわしを始める。

 ある日、I先生はこの教室に入ってくると、直ぐに僕のところへ来て、第一声から怒鳴り始める。
「お前だけ一人で何やってるんだ!」
「モデルの肌は、本当にこんなに黒い色しているか?」


「黒くないです」 
I先生
「じゃあ何でこんな黒くしてるんだ」

「僕は肌の色ばかり追ってデッサンしている訳ではありませんから、その結果です。」
I先生
「いいや、それでもこんなに黒くするのはおかしい。俺は日本画には日本画に適したデッサンがあると思っている。」

「前回は黒いデッサンを悪いと言っている訳ではないと言ってましたよね?
それなのに今回は、黒いデッサンは悪いと言っているのはおかしいです。

 この課題でも先生達側で、何か説明の不足していることがあるんじゃないですか? 」
I先生
「あっそう、じゃあ勝手にしろ!」

こんな会話のやり取りを見て、同級生達(主に男子生徒)は笑い「またやっている」「惨めだ」等と口にしながら笑って楽しんでいる。

 この後、I先生は他の生徒たちの絵を見て回り、僕のデッサンとは対照的な描き込みの少ないデッサンを誉めて回る。


 僕は2年生になってから、教員達の意見はあまり聞かないようにしようと考えていた。

 しかし、ここではI先生が怒鳴ってまでしてきた注意である。

 I先生は、僕の絵を見た後の第一声から怒鳴り付ける程であるから、それ相応の考えはある筈なのだ。

 この場面での僕は、I先生と会話を最低限にして、ポーズの後にまわそうとする。

 それは、モデルサンのポーズの最中であり、モデルさんへの配慮から、喧嘩の様なやりとりは避けたいと考えていたからだ。

 それともうひとつ。モデルさんを使った貴重な時間を、後でも出来る会話で潰したくない気持ちもあった。

 その為、僕はモデルさんの居るこの教室での会話は避け、デッサンの授業が終わった後に研究室へ行き、そこでI先生の話を聞こうとする。

 僕の意識としては、I先生に反発する意味合いではない。

 僕の持っているデッサンの基礎や常識と、I先生の考え・教えるデッサンに大きな開きがあり、この時は、その内容を知るよい機会だろうと考えていた。 

 この大学の教員達は、『少しでも解らないことがあったら、解るまで何度でも聞きに来なさい。』と生徒に語っている。

 そういう面からも、僕のとっている行動は間違っているとは考えられない。