絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

盗難とその後3 No.52

 時系列で考えると、母との喧嘩の話はここで止めることになる。

 でも、時系列に沿って、母との喧嘩の話を小出しにするのも面倒なので、2~3年次でやっていた喧嘩の話は、ここでまとめて書いておくことにする。

 一応、この母との喧嘩は4年次には収まってはいた。

 

 

母との喧嘩 (後半)

 大学でのことで、僕と母が喧嘩を始め、割りと早い時期。

 母は大学へ電話で連絡を取って、ある日本画の教員から事情や状況を聞いていた。

 少し考えれば、そういう流れになることも予想は出来そうなものである。

 でも当時の僕は、色んな意味合いから余裕がなく、そんなことを考えることもなかった。

 母側も、大学の日本画教員から話を聞いたことを僕に話してしまえば、また新たな喧嘩の材料になると考え、そのことを伝えてくることもなかった。

 母が日本画の教員から話を聞いたことを口にしたのは、3年生の後半辺りであり、僕はそこでそのことを初めて知る。

 そのことも、母との喧嘩のなかで出てきた話で、母は「何という名前の先生だったかは覚えていない」と言っていた。

 その話の内容を聞いた限りでは、母に話をしたのはS先生の様に思え、他の先生の発言だとは考え辛かった。

 

 母が日本画教員の誰かから聞いた話について~

 僕という生徒は、大学ではとても不真面目で、教員達の指導に対しては反発ばかりして、話に耳を傾けることさえしない。

 他の生徒に対しても、いつも授業の妨害ばかりして迷惑ばかりをかけている。

 大学の教員達は、誠意を以て僕に接しているのだが、どうしても手に終えず、厳しい言葉を使って注意をしている。

 大学の教員や他の生徒に落ち度はなく、僕の思い込みの激しさから、皆が迷惑を被っている。

 

 こんな話を聞いた母は、僕に対して聞いた内容を小出しに叱ってくる。

『大学では、他の生徒の迷惑になることばかりしているのでしょ。他人の迷惑を少しは考えなさい!』

『大学の先生の話を良く聞いて、きちんとそれに従いなさい。』

『あんたは思い込みが激しいんだよ。大学の先生達は、あんたよりもずっと経験があるんだから。考え方に違いがあるなら、あんたの方が間違ってるに決まっているでしょ!』

 そんな風に、殆ど何も事情や状況を知らない筈の母が、時折、大学でのことを知っている様な口調で叱りつけてくる。

 母の言葉に、S先生やA先生(女子)が僕を批判や否定する時と共通する内容が含まれていて、母との会話のなかでS先生やA先生(女子)のイメージや存在や悪意がいつもチラついてくる。

 僕は毎回、母と電話で会話をする時、最初は怒らないように心掛けているのだが、どうしても堪えられずに怒り、いつの間にか怒鳴っている。

『お前に何が解ってるっていうんだ!』

『そんなに自分の息子が疑わしいか?一緒に生活していた時、そんなに俺は酷い奴だったか?』

『会ったことも会話したこともない大学の教員達のことを、お前は何でそんなに信用出来るんだよ!何で俺のことを信用しないんだよ!』

『そんなに自分の息子が信用できないのか!』

 電話と平行して、母は達磨の絵はがきを数ヵ月おきに送り付けてくる。

 その絵はがきには、いつも似通った内容の話がかかれている。

『一生懸命にやってしまうと、自我が強くなってしまう、まわりが見えなくなってしまう。』

 母は僕の為を想って、そんなことを書いた絵はがきを送ってきていることも解る。

 そうと解っていても、僕はその絵はがきが届いたのを見て、腹立たしい気持ちが沸き起こってくる。

 その苛立ちも、母へ向けてはいけないとは解っているけれど、僕は理屈で考えるようには動けなかった。

 

 繰母との電話で、何度も喧嘩を繰り返しているうちに、母は僕へ『しにたい』と口にしていく様になった。

 大学の授業料の工面は大変で、母は毎日が必死だった。

 僕は幼い頃から、ずっと絵が好きで描いてきた。

 その僕が、大学で勉強して卒業することは、僕の人生に必ずプラスにはなると信じ、苦しいことを口にもせず、頑張っているのだ。

 その対象の僕が、この大学は自分のプラスになることはないから辞める、と言い続けている。

 今はそう言っていても、卒業した以降には考えも変わっている筈だと信じ、母は僕へ諭しながら大学へ連絡をとり話を聞いてしまう。

 母へ話をした教員の話では、大学での僕は、教員達の話に全く耳を傾けず、学ぶべきことなども学ばず、身勝手な振る舞いばかりしていることになっている。

 

 一応、身勝手な振る舞いと言われている僕としては、絵に集中して頑張ろうとしているだけだった。

 その切っ掛けなんかも、実はあった。

 大学へ入学する前、高校時代に美術部等でお世話になった平田先生は、もう病気で長生きできないと知る。

 その平田先生と親しく接し学んできた僕は、平田先生の自慢の教え子として紹介されたことも何度かあった。

 そこから僕が考えていたことは、平田先生が生きているうちに、先生の自慢の教え子として実績を作って見せてあげることだった。

 いい絵を描いて見せてあげられることもそうだし、難易度の高い公募展等に入選するでもよいし、実績なんかは何でもよかった。

 そうすることが、何よりの恩返しになると信じていた。

 その為に、僕は絵に対して出来る努力は何でもしていくつもりでいた。

 勿論、僕の為を思って頑張っている母に応えようと、大学で頑張ろうという考えもあった。

 しかし、大学では、教員や同級生達から努力することへの妨害を受けていく。

 S先生やA先生(女子)からも「そうやって頑張ろうとするのがダメなんだ」と言われていた。

 頑張ろうとするから、僕は同級生達の近寄り辛い雰囲気を作り、絵でも空回りしているのだから、もっと絵に対して怠けて同級生達と遊んだほうがよい。

 大学入学前に絵を教えてきた先生達は、みんな程度が低い人ばかりだったのだから、過去に学んだことは全て忘れろ、とも言われていた。

 そんな大学の教員達の言葉の数々を、僕は受け入れることは出来ず、腹を立てながらも聞き流し、ずっと必死に頑張ろうとしていた。

 生徒である僕が必死に頑張ろうとする姿を見て、大学の教員がその妨害をしてきてしまう…そんな僕の話を、母は常識的な判断からも信じることは出来なかった。

 そうして母は、僕の話よりも、会ったこともない名前も忘れてしまったという大学の教員の話を一方的に信じてしまう。

 

 僕という存在は、教員にも同級生達にも迷惑ばかりかけ、誰もが非常に困っている、と言われている件に対して。

 母は、それではいけないと僕に注意や叱ったりして諭すのだが、僕はその注意や叱りに強く反発し、怒っている。

 母にしてみれば、たたでさえ苦しい授業料や生活費の工面に加え、僕との喧嘩で精神的にも疲弊していった。

 そんな経緯から『もうこっち(実家)へ帰ってきなさい。それで、一緒にしのう。』という言葉を、電話で喧嘩する度に口にしていく。

 このやり取りは、大学3年次の最後の辺りまで続いた。

 そこで喧嘩が止まったのは、卒業するまでの最後の1年を、辞めるよりも卒業する方向へ考えが切り替わった為である。