絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

大学一年時の裸婦デッサン No.41

 課題で「裸婦デッサン」が始まった。


 僕に関しては、裸婦の着色写生やデッサンは、浪人時代に何度か行っていた。

 しかし、同級生のなかには、この時が初めてだと語る生徒もいた。

 裸婦のデッサンでは、人の体のかたちを捉える為に、実際に絵の為のモデルを使い、服を着ていない人物を描く。

 裸の人体を見つめれば、皮膚を通してうっすらと形を現している骨がある。
 胴体には胸があり、あばら骨があり、お腹があり、股間がある。
 その胴体に筋肉や臓器をイメージすることで、見たままの形以上に、人の身体の形をより深く捉える事が出来る。

 裸婦を描く勉強には、そういう側面がある。

 本来ならば、「解剖学」という人体の勉強も平行するべきだろう。

 大学へ入学するまでの僕は、大学での授業内で、そういう研究や勉強をするものだと思っていた。

 しかし、僕の通う美術大学では、実技の教員たちはその事に全く関与はしない。

 この当時の僕等はまだ1年生だから、そういう内容へ入ってはいかないということだろうか、等と考えていた。

 大学での教える段階がどの辺りであれ、僕は僕なりの課題を考え、自身が向上する為に行えることを行っていこう、等と考えていた。

 だからこの当時でも、僕は骨や筋肉といった人体の構造を意識して描こうと考えていた。

 浪人時代に「裸婦」の絵を描いていた時も、僕は自分で納得のいく絵など描けていなかった。

 だから、あの時出来なかったこと・あの時の絵以上のものを作ろうと意気込んでいた。

 

 そうして始めた裸婦のデッサンでも、やはり気になることが幾つか起こる。

 最初の説明のなかで、モデルさんのいる場面での会話に気を付けなさい、というものがあった。

 描く側が変な話をして、モデルさんが誤解をする等して不快な思いをすれば、そのモデルさんの表情は悪くなり、モデルさんを見て描いている絵も悪いものになる、という説明を受ける。

 この説明にも、僕は違和感を感じる。

 僕という存在は、教員達から「言っていることがいつも細かい」とか「これ迄に絵を教えてきた人達の程度が低かったのだから、これ迄教わってきたことは全て忘れろ」等と言われている者である。

 これ迄に、そのことに対しての反論はしてきた上で、これ以上の会話を教員達としても、話が噛み合うことはないと判断していた。

 その為、この違和感については、口に出すことはしなかった。

 でも、考えのなかでは何かがおかしいと感じている。

 浪人時代にも、裸婦のデッサンや着彩等をはじめる最初に、モデルさんへの配慮をする様にとの話を聞いた。

 裸婦のモデルさんとはいえ、人が服を脱いで、誰かの前に立つというのは、それだけで神経質になることである。

 描く立場の問題ではなく、モデルさんの心の問題として、それなりに配慮や認識が必要なのである。

 この教員の話は言いまわしの問題で、僕の考えていることも含めている話だろう、等と考えようとはする。

 それでも、話を聞いている生徒側はそこまでの認識もない感じがある。

 モデルさんがポーズしている時でも、教員達がいなくなれば、雑談や僕の悪口なんかも始めてしまう。

 

 それから、この課題でもS先生とA先生(女子)は、僕の制作へ突っ込みを入れる。

 僕はしつこいくらいに、モデルさんの身体のパーツの位置関係や大きさなどを計る。

 その行為に対して、

「デッサンを描くときに、そうやって測るのは止めた方がいい」

「もっと自分の目を信じて、計らずに描きなさい」

 といった指示を受ける。

 この指示を、僕はどう受け止めるべきかで迷う。

 デッサンの最初に、基礎としてのデッサンをやってくださいとか、日本画制作のイメージを探る為、基礎から離れたデッサンをやってくださいとか、そういう課題についての説明は一切無い。

 ただ、裸婦のデッサンを行います、というだけなのである。

 これは普通のデッサンではないのだろうか。

 基礎のデッサンを求めながら、この発言をしているのであれば、教員達の発言や基礎力的なものがおかしいのではないか。

 基礎から離れたデッサンを求めているのであれば、なぜ何の説明もないまま、デッサンをやらせているのか。

 この大学は、入試レベルの低い美術大学だから、殆どの生徒はデッサンの基礎(僕が考えるものは、洋画としての基礎ではあるが)を身に付けていない。

 そんな生徒達に、なぜ基礎を教えようとしないのだろうか。

 僕が、デッサンの基礎や訓練をしていたときは、教える側も教わる側も、それ相応に苦労はしているのだ。

 そこにもまた、日本画と洋画の違いの話があるのだろうか。

 S先生やA先生(女子)が言うように、僕や僕にそれまで絵を教えてきた先生達の考えが細か過ぎるだけで、本来はもっと適当に捉えるべきなのだろうか。

 このことで教員達へ質問を持ちかけても、またおかしな事になるのが目に見えている。

 また揉めるのを覚悟して、質問しようか。

 それとも、適当に解った振りだけして、黙っているべきなのか、迷ってしまう。

 

 でも、本当は薄々と解っていた。

 教えている側に、力が無いのだ。

 それを僕は、「これまでに、これだけの発言をしてきた人達なのだから」「大学の助教授という立場の人達なのだから」等と、力がないのは僕側なのだと考えようとしていた。

 この頃はまだ、そのことに考えを移行しきれてはいなかった。

 それでも、馬鹿にした発言ばかりかけられていることで、教員達とのやり取りから一歩引いていた。

 この頃に読んでいた本のなかで、

「優れた画家が、必ずしも、優れた絵の指導者になるというものではない」 

 という内容の話を幾つか読んでいた。

 この大学の教員達も、きっとそういうことなのだ、等と僕は思おうとしていたのだ。

f:id:motonari1:20191111125736j:image

横山大観 - Wikipedia

 少し脱線した話になるかもしれないけれど、僕が好んだ竹内栖鳳と並んで語られる日本画画家に、横山大観がいた。

 西の栖鳳、東の大観、と並んで語られる日本画の代表作家である。

 竹内栖鳳の弟子は、有名な画家に育った者が何人も連ねているのだけど。

 横山大観の弟子については、みんな師の真似をして酒ばかり呑み、酒で潰れていった、という話を何かの本で読んでいた。