絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

ガラスと布を組み合わせた静物画3 No.37

講評会

 この静物画は制作途中のまま、講評会に持っていく。

 なぜ制作途中になったのかというと、右上の照明器具が上手くいかなかった。

 何度も修正したり、塗りつぶして描き直しても、形に違和感を感じてしまう。

 それを何度繰り返しても、照明部分に違和感を感じ、疑心暗鬼に陥っていた。

 状態としては、右上の照明の描写が曖昧なことと、石膏像に立て掛けている左下のガラスの縁を描いていないところで止まっている。

f:id:motonari1:20191025122015j:image

 この時の講評会も、立ち会ったのはK先生(女子)とA先生(女子)だった。

 美術大学に入学した当初から感じていたが、僕の作品はいつも同級生達のとは少し違う。

 絵具の発色や艶の様なものだろうか。

 完成間近での、作業の時間のかけ方・手間暇の問題も大きいと思う。


 この頃には、僕と他の生徒との制作過程の違いも色々と把握していた。

 僕の制作では、絵具を塗り重ねる際に、後々に塗り重ねる絵具を想定しながら下地を塗っていく。

 逆に、同級生達の制作では、後々に塗り重ねる絵具のことをあまり考えず、下地を大雑把に塗っていく。
 その下地で塗り重ねる絵具も、モチーフの持つ色合いから離れた複数の色の絵具を使っていた。
 幾つもの絵具を塗り重ねて、偶然的に出来上がってくる色合いを基に完成させていく。

 同級生達のやっているこの描き方は、A先生(女子)やS先生の主張する「絵を描く上での基礎」というものだった。

 同時に、同級生のTaも「日本画の描き方はこういうものだ」と教えるもので、誰もが「日本画とはこういうもの」という考え方を持っている。

 それに対する僕一人は、大学へ入学する前から美人画に興味を以て日本画を専攻した気持ちが強く、誰かに教わる訳でもなく、それらしい艶っぽさを画面に出している。

f:id:motonari1:20191025124506j:image

伊藤小坡「ふたば」

https://plginrt-project.com/adb/?p=25696

 それでも当時の僕には、そこまでの状況の把握や分析は出来ておらず、無意識の内にそんな絵を描いていた。

 比較してみると、同級生達の絵は今時の日本画を描いていて、粉っぽく濁った色合いを出す方向へ向かっていく。

 僕は戦前の日本画を好んでいて、艶っぽく色を濁らせない方向へ向かおうとする。

 

批評

 そんな感じで、今回の講評会でも僕の絵だけが違った雰囲気を出している。

 そして、完成もしていない状態で絵を出していた。

「制作途中なのですが、絵具の塗り方を工夫しました。
 筆の跡を感じさせないぐらいの意識で丁寧に塗っています。」

 この程度の説明だけで話を閉じた。

 講評会での批評に関しては、予想通りに酷評を受ける。

 僕側は「まだ完成していません」と言っていても聞き入れられず、石膏像に立て掛けたガラスになる部分の描き込み不足を「抽象画」とか「工夫したところはここだろう」と受け取られる。

 そうしてK先生(女子)からは「こんなことやっているのがダメなんです」と叱られる。

 その言葉に併せてA先生(女子)も、わざと嫌そうな表情を作って「筆の痕を感じさせないように描いていると言っているけど、これだとスプレーで簡単に描いたように見える」と述べる。

 この言葉に関しては、僕も未完成品を見せている訳だから仕方ないと考えていて、「はい」とか「わかりました」という程度の言葉を返すだけだった。

 毎度の事だけど。

 講評会では、いつも僕だけがひたすら叱られる。

 他の生徒に対しては、良いところを褒めて伸ばすという考えから、少しでも褒めるところを探して褒める様にしている。

 たぶんここで、K先生(女子)は僕に対して叱る以外の言葉しかかけていないと考え、少し褒めて噺のバランスを取ろうとしたのだと思う。

「良い所もあるのだけど…」
と言って、石膏像の描写にマチエール的な工夫を凝らしていて、上手く立体的に見せていると話し出す。
 そして、石膏像部分に顔を近付けながら見つめて
「あれ?あれ?」
と言って困っている。

 それを見た僕は「はい、わかりました。はい、はい…」と返事を返してやり取りを閉じる。

 実際には、僕は、マチエール等は一切やっていなくて、頑張って描いた描写が立体的に見えていただけのこと。

 こういうものは、デッサン力があれば、描写と色調の関係でそう見せれることもあり、結局はデッサン力の問題だったりする。

 そんなことくらいは、解る人は当たり前に解ることなのだけど、同級生達のなかにそれだけのデッサン力を持つ人も居ないため、見る側も油断して勘違いした発言である。

 でも、そんな処を僕は突いて反論するつもりはなく、今回は未完成品を見せている僕側に問題があったと考えようとしていた。

 

批評後

 この講評会を終えてから、僕は研究室に向かう。
 K先生(女子)とA先生(女子)のふたりから、講評会で僕に対してかけられた言葉の意図や、絵についての色んな話や考えを聞きたかった。

 そんな会話を講評会でやってしまえば、僕の絵への批評だけで、講評会の殆どの時間を潰してしまうだろう。

 やはり僕の考えが正しかったという様な話に向かっていってしまうと、これ迄の経緯からも、教員達の面目も潰してしまう。

 これは、そういった事への配慮でもあった。

 それからこの時も、K先生(女子)と話をしたいと求めても会わせては貰えず、A先生(女子)との会話となる。

 僕はA先生(女子)に向かって
「講評会で言われた話ですが、スプレーで簡単に描いた感じになってはいけないのですか?」
と質問する。
「いいとかダメとかは言っていない」
「こっちは、絵を見て感じたことをただ言っただけ」

「どうでもいいことしか考えていない」
 そんな返事ばかり返しながら、やはりA先生(女子)は僕に対して怒っている。

 僕にはこの会話に納得はいかないのだけど、これ迄のやり取りも含めて考えると…これ以上はA先生(女子)に質問を持ちかけたり、言葉に耳を傾けても、自分の絵の勉強へプラスになるとは考えられなくなっていた。

 講評会でのA先生(女子)の発言も、結局は自身で考えて判断したものではなく、K先生(女子)という目上の者の発した酷評に言葉尻を合わせただけのものだろう。

 だから僕に対して、わざわざ嫌な表情を作りながら語った言葉に関して、後になってから「いいとかダメとか言っていない」という曖昧な言葉で逃げている。

 ここで見切りをつけるには、遅すぎる判断ではあるけれど。

 折角入学した大学の教員を、僕はギリギリまで信じたかった。

 それでも僕の感覚から考えると、S先生やA先生(女子)の出す指示や教えというのは、中学や高校の美術部のレベルの話で、入試を通った大学での教えとしては受け入れがたいものに思えていた。

 

 後日、この課題を完成させて提出した後、S先生からの指摘もあった。

「もっと絵具に厚みを持たせて描いた方がいい」
「下地の絵具を利用して、薄く絵具を塗る簡単なやり方が良くない」

「絵具を薄くといて、水彩画みたいに簡単に描くのは止めた方がいい」

 そういう言葉をS先生はかけてくるが、たまにA先生(男子)は生徒に対して、「絵は描きたいように描けばいいんだよ」「自分の好きな絵を描け」などと言ってくる。

 教員間でも矛盾した発言を繰り返しながら、絵を前にしたなら、教員達の好みに合わせた絵を描かせようとする。

 絵を前に置かず、漠然とした話をしている時では、自由に好きな絵を描けばいいと語る。

 そういう矛盾した指導をするこの大学の教員達の話に、僕はこの課題を最後に見切りをつけ、これからはある程度聞き流すことにした。

 

 それから、この時期の同級生の動きとして、何人かが大学の課題とは別に絵を描いてきて、K先生(女子)にそれを見せて褒められている場面を何度か見かける。

 僕に関しては、絵を描いて見てもらおうとしても、質問を持ちかけても、K先生(女子)まで取り次いで貰うことは1度もなかった。

 そればかりではなく、K先生(女子)は僕のことを嫌っているという話まで、研究室で聞かされて追い返されていた。

 この扱い方や隔たりの違いを実感し、課題は課題と割り切り、教員達から絵を学ぼうという意識は失くなってもいた。

 

 

 この時に制作した課題に関して、暫くしてから発展する事柄もあった。
 その件について、後々のこのブログで書く予定はないので、ここで少しだけ書いておく。

 この時の課題は、教員間でどういう経緯があったのかは解らないが、翌年の学校案内書の生徒作品として使われることになる。

 それ自体に関しては、確かに嬉しかった。

 しかし、面と向かっては、この絵に対して誰もが悪く言っていて、同級生間でも「表面的に上手く見えるだけのもの」と語られていた。

 それなのに、学校案内書で掲載するという教員達のやることに対しても、僕は何かと疑問は持ってしまう。