絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

絵の方向性3 No.32

 一学年の後半に入ってから、絵を描く部分に関しては、教員達へ質問を持ちかける考えはなくなった。

 それでも、日本画に関して知りたいことは沢山あり、まだ幾つかの質問を持ちかけていた。

 

 以前に書いた前田青邨(まえだせいそん)の画集のなかの文章だったと思うのだけど。

 前田青邨の絵の展覧会場に岡倉天心(おかくらてんしん)という人物が現れて、前田青邨に対して「絵の濁りをとりなさい」という指摘をしたことがあるという。

 それ以降の前田青邨は、その岡倉天心のこの言葉をずっと心に刻み続けながら絵を描いていたと読んだ。

f:id:motonari1:20191009021909j:image

前田青邨 「白頭」

絵葉書『白頭』 前田青邨@芸大美術館ミュージアムショップ

 この岡倉天心という人物はどういう人物なのだろう、という疑問を持ち始める。

 戦前の日本画について語られている幾つかの本を読んでいると、この岡倉天心という人物が何度も出てくる。

 画家という訳でもない様で、この人のことを書かれた本なども見かけた時に、意識して読むべきか、それよりも他の画家の話を読み漁るべきかで迷っていた。

 読むにしても、難しいか字や解らない話がよく書かれて、根気強く読まないと挫折しそうな本ばかりなのだ。

 そこで、何か別の用件で研究室へ行ったついでに、

岡倉天心とはどういう人なのか」

「この人物について書かれた本を読むべきかどうか」

「僕が興味をもっている院展はどういう組織なのか」

日本画のことを学んでいく上で、読んでおくと良い本などはないか」

そんなこと等を質問したことがある。

 その場面々々でのS先生とA先生(女子)は、こんな内容で返してくる。

『そういう本とかは、直接的に絵の勉強になるものではないし、そういう新しい情報を高木くんが知ったら、また頭がこんがらがって絵が描くなくなるよ。

だから、そういう本とかは読まない方がいい。』

院展なんかも、元々は日展からはじまって、そこから枝分かれしていった組織なんだよ。』

 そういう言葉を掛けられて、僕はバカにされている様な幾つかの棘や無責任さ等を感じとる。

 

 美大の授業の半分は、絵などの実技ではある。

 しかし、残りの半分は、学科という講義などを主にした授業でもある。

 その授業のなかには、美術史や絵画の材料化学などもあり、美大は絵だけ描いていれば良いものでもないのに、本は読まない方が良いと忠告してくる。

 入学した当初、僕がまともに絵が描けなくなったのも、このS先生とA先生(女子)の指示に従った為でもあった。

 このやり取りを経て、課題の出題内容といったこと以外は、S先生やA先生(女子)に質問を持ち掛けても僕のプラスにはならないと考えるようになった。

 岡倉天心についても、このやり取りから、それほど自分の為になるような存在ではないと察する。

 この人物が幾つもの本のなかで登場してくるのだけど、美術評論家や哲学者の様な位置付けに考えて、あまり意識しないようにした。

 

 時系列から言えば、ここで書く話ではないのだけど。

 大学生活の最後の辺りで、岡倉天心院展の話などを、S先生やA先生(女子)の口振りから軽く受け止めてしまったことに、僕は後悔する。

 自分で幾つかの本を読んで知ってしまうと、もっと早い時期に、意識して学んでおきたかった事だった。

 僕の様に興味を持った人には大事なことであったとしても、大学の助教授という立場でも興味がなければ、知らなくていいと言い切ってしまえる内容なのかもしれない。

 

 

 ここで話を切り上げたいけれど、もう少し。

 僕なりの考えのなかで、S先生やA先生(女子)などは、それぞれ自分の描きやすい描き方を基礎や日本画の描き方と認識してるのではないか。

 そういったその教員なりの矛盾した絵の描き方を、この大学では「日本画の基礎」と語り、生徒に押し付けているのではないか。

 そんな僕の疑いは少しずつ強まっていくなかで、僕自身の在り方をはっきりさせようとする。

 提出物等の兼ね合いで研究室へ行った場面で、たまたまK先生(男子)がいる場面を見計らい、質問を持ちかけた。

 大学の日本画教授はK先生(男子)とA先生(男子)であり、教員達のやり取りから見ても、立場はK先生(男子)の方が上の立場の様に見える。

 だからこそ、K先生(男子)と会話する機会をずっと探っていた。

 こういう場面でなければ、僕はK先生(男子)に取り次いで貰うことは許されず、質問を持ち掛けられなかったと思っている。

 当時の細かい言葉なんかも覚えていないけれど、持ち掛けた質問はこんな内容だった。

『僕の描きたい(学び・研究したい)絵の方向は戦前の日本画に近いもので、日本画を学ぼうと考えた切っ掛けも、伊東深水の様な日本画である。

 感触として、この大学の先生達から描くように指示されてきた絵とは、大きく違っている様に感じている。

 だから、大学の授業や課題のなかで、そういう古い日本画を学ぼうとするのは、許されているのか許されていないのかを知りたい。』

f:id:motonari1:20191009195508j:image

伊東深水 『鏡獅子』

湘南の美術を学ぶ会 平塚美術館「伊東深水展」鑑賞して来ました

 この時のK先生(男子)は、

「僕達(大学の教員達)は、君の生き方に対してまで否定はできない。

君のやりたいようにやりなさい。」

 という遠間しな言葉を使いながら、僕の学ぼうとする絵に対して、否定しないことを述べていた。

 これ以降の話は、それなのに…という内容にもなるのだけど、ここからの先の話しも長いので、今回はここで終わる。

 

 因に、教員達の描かせたい絵の方向性を例えるなら、東山魁夷の様な、絵具に厚みを持たせた現代日本画らしい日本画だろう。

f:id:motonari1:20191009184901j:image

東山魁夷 『緑響く』