絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

デッサンの話3 No.28

前回の続き

 前回・前々回で、浪人時代に学び経験してきたことを書いてきた。

 そういう経験からも、僕は、自分の腕に多少の自信は持っていた。

 それから大学へ入学して日本画を専攻して、日本画の先生の意味不明な指示を受け、それに従って意味不明な絵を描く。

 その結果、僕は大学に入学するだけの力もなく、大学に入学してきたのだと責められる。

 その場面々々で、僕はいつも違和感を感じる。

 同級生達の絵だって、それ程上手だとは思えないでいるが、僕が1番の底辺だと、教員も生徒も、殆どの者がそう言う。

 まわりの反応や状況から察すると、おかしいのは僕なのだろうと判るのだが、理屈で考えるとまわりがおかしいとしか考えられない…そう考えてしまう僕自信がおかしいのだろうか?

 

 教員達に何度も質問を繰り返してきたけれど、この件でS先生とA先生(女子)から受けた説明はこんな話だった。

 同級生達のみんなは、僕の学んできたことなんかは、ずっと前に通過し、まだまだ先のことを学んだ上で大学に入学してきた。

 僕の学んできた先がどんな内容であるかは、聞いても「この大学で真面目に努力していれば、そのうち判るようになる」というばかりで、何も教えてはもらえない。

 同級生から話を聞いても、石膏デッサンさえやったこともない生徒が多いし、絵を描き始めたのも高校生になってからだと語る生徒もいる。

 デッサンをやっていても、鉛筆や棒状のものでモチーフを測ったり、視点を固定したり片目で見る様な行為を誰もしていない。

 逆に、そういうことをしている僕側を見て、格好つけて変なことをしていると笑う生徒までいる。

 僕が学んできた基礎の後から大学へ入学するする迄の間に、日本画を専攻する人は何を学んでいるというのだろう?

 そこで学ぶべき大事なことを、なぜ大学入試の内容に課せないでいるのだろう?

 それを学ばずに入学してきたという僕へ、なぜそれをきちんと教えようとしないのだろう?

 高校時代、僕と一緒に柔道をやってきた者達で、高校の大会を何度も全国大会優勝した者が何人かいる。

 彼等は高校卒業後、日大や龍谷大学などへ特待生として入学していった。

 そういう部活での実績で有名大学へ入学した生徒は、学力の問題から大学の教える内容についていけないとして、大学の教員達から勉強を仕込まれる苦しい時期があると聞く。

 それが、学力の足りない生徒を入学させた学校側の責任でもある、という認識がある。

 そういうことを考えるほど、色んな点で疑問に思うばかりだ。

 

 当時の僕はこの件で、自分以外の誰かを悪く考えないようにと、色んな考えに蓋を閉めていた。

 そうして、様々な矛盾に「わからない」という結論しか出せなかった。

 でも本当は、蓋をした側の考えの方に、結論や真実はあったのだろう。

 

 本当は、この大学の同級生やS先生やA先生(女子)達こそ絵画の基礎力で劣っていて、適当な素人考えで絵画の基礎を語っているのではないだろうか?

 K先生(女子)等との教員間の考え方の矛盾や、そこを突いてくる面倒くさい僕を黙らせるために、僕から質問を受けても屁理屈で返し、その場をやり過ごすことしか考えていないのではないだろうか?

 S先生やA先生(女子)と会話をしている限り、デッサンなどの基礎的なことで苦労してきた感じや、力があるようには感じ取れない。

 美大で有名大学に当たる武蔵野美術大学多摩美術大学では、日本画を専攻する生徒も洋画を専攻する生徒も、大学1年次は一緒に同じ授業を受けるという。

 それから2年次で、それぞれ日本画や洋画の専攻へと分かれていくのだから、僕は武蔵美多摩美に入学していれば、こんな違和感に悩むことはなかった様に思える。

 ここでは学校名を避けるけれど、北海道で行われたある美大の入試説明会で、その大学の教授はこんな話をしたことがある。

 「予備校は絵の描き方を教えてしまうから、それを学んだ生徒は、自由に絵を描けなくなってしまう」

 その話を直接聞かされたのは、僕の通っていた予備校の堀田先生で、「お前らが入試の難易度を上げていくから、予備校が生徒に絵を教えなきゃいけなくなってるんだろう。自由に絵を描いていいなら、外国の美大みたいに、受験の難易度下げたり、希望者全員入学させろ」と怒り、怒鳴り散らしたことがある。

 有名な大学の教員であっても、そういう失言自体はあるわけだけど。

 僕がどんな人達に絵を教わったかも判らないのに「これ迄に絵を教えてきた人の程度が低かった」等と語ってしまうこの大学の教員達こそ、程度が低いのではないだろうか、等と僕は考え怒っていた。

 そういう考えが頭に過る度、僕は「美大の教員でありながら、大した基礎力もないのに、基礎を語り適当なことを教えるなんてことあるだろうか?」「この先生達は、実績をあげて大学の教授・助教授にまでなった人達なのだから、そんなことはない筈だ」「考え方や価値基準の大きく違うところに来てしまっただけで、きっとここでも、絵に対する奥深い考えや価値基準があるのだ」等と、何度もその考えを打ち消そうとする。

 

錯覚

 教員達の指示や僕の絵を見る目というものを疑ってしまうなかで、いつも思い出してしまうことがある。

 簡潔に言ってしまえば「しっかりものを見つめなさい」という話なのだけど。

 細かく話していくと、

「人の目は惑わされるものであり、惑わされずにものを見つめようとする目を持ちなさい。」

 そんなことを、浪人時代には堀田先生や木路先生等から、特にデッサンの指導のなかで言われていた。

目が惑わされるという話で、解りやすい話をあげると、こんな錯視の図が割りとよく出てくると思う。

f:id:motonari1:20190927181325j:image

f:id:motonari1:20190927181411j:image

f:id:motonari1:20190927181349j:image

錯視(さくし)とは - コトバンク

 ここまで解りやすい錯覚ではなくても、絵のモチーフには錯覚を誘う場面がある。
 基礎としてのデッサンは、そういう錯覚等に惑わされずに、しっかりとものを見れる目を持っているかが大事だと、僕は教わってきた。

 それはデッサンの話だけど、デッサンや絵だけの話でもないのだ。

 この場面での僕の話に置き換えたなら、学年で1番下手だと噂になっている僕が、時折は教員達の指示に反発することで、それなりの絵を描いている場面がある。

 噂や偏見の様なものがあっても、僕がしっかりとしたものを描いたときに、絵に取り組む者として、教員として、それをしっかりしたものと見れるか、ということでもある。

 そういう目を、S先生やA先生(女子)は持っていないように感じてしまう。

 K先生(女子)が僕の絵を見て酷評し「どうでもいいことしか考えていない」と言えば、その言葉を信用し過ぎ、そう決めつけてしまっている。

 自分の目や経験で判断したり、自分の頭では考えたりはしていない…そんな風に見える。

 同級生達に関しても同じで、教員達が僕へ厳しい言葉をかけるのを見て、それが揺るぎない真実の様に考え、自分で考えないままの内容で批判や注意や危害を加えてくる。

 そういう処からの判断も、デッサンとか基礎は関係するものだと、僕は考えている。

 

余談き

 こんな事を悩んでいた2年後、浪人時代を一緒に頑張っていた中嶋さんという女性と偶然会い、話をしたことがある。

 中嶋さんは難関校への受験を諦め、東北芸術工科大学へと入学していた。

 大学の教員達は、教員達より中嶋さんの方がデッサンが上手いと認めていて。

 デッサンの授業では、生徒である中嶋さんが他の生徒にデッサンを教えるように教員達から言われ、中嶋さんがデッサンを教えているのだと言っていた。

 僕が浪人時代に学んできたことは、程度が低い等と言われるような内容ではなかったと、それ迄そう思ってきたことに自信を持てた場面だった。