絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

美大での人間関係2 No.23

 

同級生との関わり

 美術大学へ入学して、最初に会話をするようになったのは、Toという人物だった。
 座席はすぐ隣で、男どおしだったから自然な流れだった。


 何気なく会話をしていて、ぼくはToのことを知っていくし、Toも僕のことを知っていく。

 Toは、多浪して美術大学へ入学してはきたけれど、特別に絵を描くことに拘るつもりもないし、行けるなら美術大学でなくても良かったと語る。

 Toが学びたいものは上手く言葉に出来ないらしく、哲学や文学の様なものを学びたいと考えていて、その学びたいものの範囲に、絵画が絡んでいるのだという。

 教室のみんなは、絵を学ぶことを主に考えて大学へ入学してきているけれど、Toが主に学びたいとしているのは別にあり、絵はそのついでに当たるのだと語っていた。

 そういうToの語る理屈を、僕はイマイチ理解は出来ないものの、はじめの内は友人らしく会話はしていた。

 

 それから、少し離れたところに席をもつGという男子生徒がやってきて、3人で会話する場面が多かった。

 男子生徒のなかで、僕にとってはGが1番気の合う存在だったと思う。

 Gは大学入学前まで、洋画を学んできたそうだ。

 大学の専攻を洋画ではなく日本画にしたのは「気分転換だ」等と言っていたが、多分僕と同じ様に、日本画から学びたいものがあったのだと思う。

 座席の配置では、GはTaやS(男子生徒)の席に近いのだが、彼らのお節介や強引な性格に合わず、いつもボーッとしている僕のところにきて話しかけてくる。

 僕も大学在学中は、Gのことを悪く思う場面は1度もなかったもので、性格的な相性は合っていたのだと思う。

 

 大学の授業が始まってから2週間程で、僕は授業の内容に疑問や違和感を感じ、教員達に質問を持ちかける。

 その質問へのやり取りも、教員と僕との間で噛み合わず、その噛み合わないまま最初の講評会を迎える。

 講評会では、殆どの生徒が教員達に褒められているなかで、僕だけが「抽象画をやろうとしている」と叱られる。

 その後も「君は力もないのに、大学へ入学してきてしまった」という責めたてが続いていく。

 この状況に対して、1番判りやすい反応を示したのはKという男子生徒だった。

 同級生達で遊びに行こう、飲みに行こう、そんな会話になっているなかで、僕を名指しにして「高木だけは誘いたくない」「高木が嫌いだ」「あいつには関わりたくない」という発言を堂々としていく。

 僕とはまだ一言も会話を交わしたこともないうちから、K(男子生徒)のこんな発言は始まっていた。

 このK(男子生徒)に関しては、絵はあくまでも課題であって、課題以上のものとして考えていない様に思える。

 絵よりも遊ぶことや女性にモテることが大事で、多くの課題も、提出期限が迫ってから手を出す場面ばかり見かけていた。

 K(男子生徒)の様な発言を始めたのは、他にも何人かいたのだけど。

 そういう人物達は僕を避けて、卒業まで1度も言葉を交わさないで終わりを迎えたので、僕側は名前なんかも覚えていない。

 このK(男子生徒)に関しては、こういう発言で目立っていたことと、途中から始まる盗難トラブルでも揉めたり、何かと悪い問題を起こしていく人物でもあり、名前はどうしても記憶に残っている。

 

 僕と教員達との関係が険悪になっていくのと平行して、S(男子生徒)とK(男子生徒)の親しい生徒達で集まり、僕を馬鹿にした話で盛り上がることが非常に多かった。

 そういうことを毎日の様に行いながらも、特にS(男子生徒)は時々、僕へ親しげに話しかけてくる。

 そういうSのことを僕は受け入れられず、不快で、僕はS(男子生徒)を嫌がり避けていく。

 S(男子生徒)だけではなく、S(男子生徒)と仲良くしている生徒達との関係も避けていく結果となった。

 S(男子生徒)は同級生のみんなと仲良くしようと、毎日殆どの同級生達へ話しかけているもので、僕もその殆どの同級生と係わりを持たなくなっていった。

 

 状況をもっと複雑にしている事柄もあった。

 大学へ入学して数ヶ月で、僕のことをタイプだとかたる女子が何人かいた。

 僕の避けているグループないに居る生徒達で、いつも僕の悪口を聞かされているのに、積極的に話し掛けてくる。

 僕としては、彼女達を異性として好きとか嫌いとかいう問題ではなく、僕は友人として仲良くしたり、絵を一緒に学ぶ存在として交流は持ちたかった。

 しかし、 状況は複雑だった。

 僕とは殆ど会話をしていない者が僕と友人であることを語り、その上で彼女達へ「高木とは関わらない方がいい」と語りだしたり。 

 僕自身へも、画材を盗んだり、制作中の課題へいたずらを始めたり、色々な嫌がらせを行っていく。

 実際に当時に考えたことで。

 僕はS(男子生徒)やTaと不仲である為、彼女達が僕と仲良くなった場合、日本画の絵具の使い方やら描き方等をS(男子生徒)やTaから教われなくなって困るのが目に見えている。

 僕が自身の判断や行動で困ったのは仕方ないけれど、僕の件で僕以外の者を困らせてはいけないとも考えていた。

 そう考えるほど、同級生達はS(男子生徒)とTaに頼っていたし、S先生もA先生(女子)もその便利さを利用していた。

 そういう幾つもの問題が面倒臭くて、僕は自分の絵の勉強に集中もしたくて、積極的に話し掛けてくる女性達のことも避けていく。

 

後の話ではあるけれど

 後の話ではあるけれど、この話をS先生へ説明したことがある。

 2年生のはじめの辺りで「何で高木はみんなと仲良くしないんだ」と聞かれた場面だった。

 僕はまじめにこの話をしたのだが、S先生は大笑いし「思い込みが激しい」「誰もが高木のことなんか好いてない」等と語って、僕の話など聞き入れては貰えなかった。

 自分で「僕は女性にモテます」等と語るのは、恥ずかしくてなかなか言えるものではなくて。

 当時はそれ以上の話も出来なかった。

 アメーバブログで書いていた時も、この時と似たような考えや、当時の関係者が読んでいる可能性等も考慮して、女性関係の話は省いていた。

 でも、今回は追加して書き残しておく。