絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

竹籠と野菜の静物画2 No.20

 みっつ目の課題では、S先生から「自分が思うように描いて見せろ」等と怒鳴られることから始まり、そのように描こうとする。

 どういう絵を描いたと語っても、実物が手元に無いため、僕の話は話し半分にでも受け取ってほしい。

 

制作の意図

3つ目の課題では、『光があたった結果現れるものは、一切描かない』という最初の課題の話に反発している様な内容になる。

 モチーフや背景も含めて、絵の画面全部を影として描いた。

 影というのは、光の当たった結果現れるものであり、K先生(女子)の述べていた指示からは離れたものになる。

 それと、K先生(女子)を除いたこの大学の先生達の傾向としては、濁ったような沈んだ色合いを好んでいる様に僕には見える。

 ただ、この描き方も、僕が元々描きたい描き方ではないし、これまで学んできたものとも違う。
僕が思う様な描き方というよりも、教員たちの考え方を探ったり、この絵をもとにした会話を期待する意味合いのものだった。

 描こうと思えばこういうものも描ける、という処を見せようとしていた考えもあったが、実際にやってみると、かなり作業面で難航はしていた。

 技と言えるものの話ではないが、それまで何年も描いてきたやり方やモチーフの見方等の方向性を変えて、新しい絵を作り出すというのは、要領の悪い作業の連続になる。

 この程度の作業と端から見える様なものが、気が遠くなるような細かく根気強い作業の繰り返しになる場面が、僕には多々ある。

 僕自身も、鈍臭くのんびりした性格であり、そういう処から要領の悪い作業になっていたのだろう、とも考えてはいる。

 それでも頑張って制作していたものの、講評会の日の朝まで徹夜で作業をしていた為、講評会の時間には寝てしまい、寝坊で欠席してしまう。

 K先生(女子)に限っては、求めても講評会の場でしか、僕との会話はしてもらえないと認識していた。

 この頃、K先生(女子)は僕を物凄く嫌っていると聞いていたし、僕もK先生(女子)には嫌悪感を持ち始めていた。

 それでも、K先生(女子)は絵に対して、他の教員よりも真剣に取り組んでいる人と見ていた。

 そういう人から、僕の描いた絵ついての話を聞ける可能性があったと考えると、講評会には出たかった。

 きちんと絵に向き合った上での講評であれば、キツい言葉をかけられても、言い合いになって揉めてもいいと思っている(嫌ではあるが)。

 勿論、可能性の話であり、これまで通りに内容なく僕の絵だけが馬鹿にされ、キツい適当な言葉をかけられて終る可能性の方が高く思える。

 それでも、今回は自分の意思だけではじめて描いた課題であり、僕としては、それまでの課題とは意味合いも違っていた。

 そういう内容からも、自分のやってしまった寝坊と講評会の欠席には、残念な思いが強かった。

 

課題の提出 

 講評会の後、制作した課題を提出する。

 提出時は教員達が忙しそうにしていた為、後日に研究室でS先生を指名して、提出した課題を見てもらう。

 僕の求めに対して、S先生は課題(絵)の積み重なったものを探す。

 それから、課題を一枚ずつめくりながら「高木の絵はこれか?これか?これか?」と、わざと変な言い方をしながら聞いてくる。

 そのことに対して僕は何も言わなかったが、本音としては、僕の真面目な意思や質問や求めを、S先生は茶化し馬鹿にしている様にしか見えなかった。 

 S先生からは馬鹿にされている様にしか受け取れないものの、めくっていく課題(絵)は、どれも大した差も感じない似たり寄ったりのものばかりに見える。

 そこから、ようやく僕の提出した課題は出てくるのだが、僕の絵だけは違って見えることに、自分でも驚く。

 絵を描いている人なら、自分が長い時間をかけて描いた絵が、それと同じ様な絵に紛れていても、自分のものが特別に思えてしまう経験はあると思う。

 そういう部分も、多少は有るとは思うけれど、色の感じは僕のものだけが違って見える。

 もう少し語ると、同級生達の色は粉っぽく塗り重ねているのに対して、僕の色だけは艶っぽく見える。

 出来上がった複数の作品を見比べ、比較した上での話であるから、油絵等と僕の柄を見比べたなら、全くそんなことはないだろう。

 この僕の絵だけの持つ艶っぽさは、これまで僕だけが教員達から注意を受け続けてきた状況から、後ろめたい気持ちを持ってしまう。

 これが悪いことではないと解っていながら、一人だけ色合いが違っていることに、暫くは不安を持ち始めていた。

 一応、この艶っぽさの件は、この場では具体的な問題にはならないのだけど、僕の絵だけはまわりと大きく雰囲気が違ってくることで、後々まで続く表面に表れない問題となっていたのだと思う。

 S先生は僕の課題(絵)を見て、少しだけまよい「こういう風に描けばいい」とだけ言う。

 この言葉だけで、僕の絵に対しての批評が終わったことに、僕は納得できなかった。

 

 このS先生とのやり取りについての話は、まだ長く書くことになりそうなので、今回はこの辺りで区切ることにする。

 

 それと、僕の絵が持つ艶っぽさは、当時はしばらく悩む要因ではあったけれど、ここで結論を書いておく。

 後になって考えてみれば、これは作業性の問題だと気付く。

 同級生や何人かの教員達も、複数の絵具を紙の上に塗り重ね、塗り重ねた絵具・色が混じりあっていくことで、大雑把に色を作っていく。

 そこから、最後は仕上げ用の絵具で整える描き方をしている。

 僕の場合は、早い段階から完成時の色合いを決めていて、同じ色を何十回と塗り重ねて色やグラデーションを作っていた。

 僕の絵の艶っぽさは、その為に現れるものであり、意図せず、僕が好んだ戦前の日本画にも近い描き方をしていたと思っている。

 当時のその絵が手元に無いため、画像の添付はできない。

 僕のこういう説明は、幾ら語っていても実物がないために、イメージの湧かない話にしてしまっているかもしれない。

 ただ、この後にもう一回静物画が続く。

 そちらに関しては、たまたま断片的な画像も残っているので、その画像から、少しはイメージ出来るものになるのではないかと思う。