絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

竹籠と野菜の静物画1 No.19

 みっつ目の課題は、竹籠と野菜を組み合わせた静物画だった。

 この課題が始まる直前、S先生からは「どれだけ描けるのか、やって見せてみろ(どうせ大したもの描けないだろ)」と怒鳴られていた。

 こうなる迄の過程で、教員達との関係が悪くなるばかりであった為、そのことやこれから先の人間関係等に不安や焦りはあった。

 しかし、最終的にS先生が怒り怒鳴り付けてきた辺りでは、教員達の僕への悪い印象は、行き着くところまで行ったという思いがあった。

 そのせいか、僕は割りと冷静でもあった。

 

竹籠と野菜の静物

 この課題では、僕の思うように描いてよい、という話ではあった。

 しかし、そういう発言をしていたのは、二年生の担当教員であるS先生である。

 教員間で、僕には(絵の)力がないとか、意味不明な抽象画をやろうとしている、等といった勝手な話は共有している。

 でも、S先生が僕に対して、制作に口を挟まないとか、今回は出来上がった課題に対して指摘する、という話は共有していない。

 その為、A先生(女子)からはこれまで通りに指示を出されてしまう。

 S先生とのやり取りや僕なりの考えを説明しても、こちらの話などは聞いてくれず、指事に従うように叱られる。

 同時に、僕には大学入試を通過するだけの力もないのに、何かの間違いで通過して入学してきてしまったとか、早くまわりの生徒のレベルに追い付いて貰わないと困る、等といった内容でも責め立てられる。

 こういう発言の数々によって、僕は同級生達との関係までメチャクチャになってきた経緯もあるので、A先生(女子)の責め立てにうんざりしていた。

 それから、このA先生(女子)の指示に従ってしまうと、これまでと同様の結末を迎えることが目に見えている。

 そういった危機感から、課題の制作途中で、学校での制作を諦め、自宅で制作することにした。

 

口には出せなかった本音

 この課題の辺りでは、何やらおかしな学校に来てしまった気持ちで一杯だった。
 でも、どこかで僕の至らなさや勘違い等が発覚し、そこからお互いに納得しあい、皆で笑いながら解決…そんな展開がいつか来ることをずっと願っていた。

 しかし、そんな展開になることは無い。
 教員達の僕への発言は、粗っぽく責め立てるものになっていたし、僕側の話など、聞いている振りをしながら「どうでもいいことしか考えていない」という言葉で打ち切ってしまうのがパターン化していた。

 その教員たちと僕のやり取りを見ている同級生達の何人かも、その真似をして馬鹿にした接し方ばかりしてくる。

 僕としては、教員達が怒り叱りつけてくることに対して、そのまま反発する対応をするつもりはなかった。

 教員達の真似をして、僕の力の無さを責め立てて優越感に浸ろうとする一部の同級生達に対しても、まともには相手にしない姿勢を通したかった。

 でも、僕にはそれが出来なかった。

 教員や同級生達が僕だけを責め立てているならば、誤解が解けるまで我慢しようとしてはいた。

 それを僕に出来なくさせてしまったのは、これまでに僕へ絵を教えてきた人達と、僕自身の程度が低過ぎると語り、それを認めて、絵の指導・指示などの言うことに口を挟まずに従えというものだった。

 そういうことを言ってくるS先生とA先生(女子)の話に、僕はいろんな矛盾を抱え、振り回されているが、その当人達もK先生(女子)やK先生(男子)との考え方の違いは自覚している。

 そのことが、指導上の矛盾に繋がっていることへの自覚となっているかについては、僕の立場からは解らない。

 そんなことまで含めて、僕や僕に関わる者を指して「程度が低い」とかたるこの教員達の方こそ、程度が低いのではないかと疑い始めていた。

 それと同時に、何も状況を把握していないこんな時期から、そんな偏見を持ってはいけないと、僕は自分に言い聞かせる。

 僕に対して「程度が低い」と責め立てているのは、具体的にはS先生とA先生(女子)だけなのだが、当時の僕には、K先生(女子)や他の教員等も含めた教員全体の意思と受け止めていた。

 

 教員達の指導に対して、僕だけが疑問を持って質問を持ちかけることについて、僕なりに認識している状況はあった。 

 まわりの生徒たちと同様に、教員たちの言葉など適当に聞き流し、受験時の描き方をそのまま課題で描いていれば、僕の置かれている状況は悪くないものだっただろう。

「わからないことがあったら、遠慮しないで聞きに来なさい」
という言葉を何度も耳にしているのに、同級生達は教員達の処へ質問に行かない。

 わからないことが無いからではない。
 美術大学に入学する前から日本画を学んでいた生徒が、同級生全体の何割かを占めている。
 その日本画の描き方を入学前から知っている生徒が、わからない同級生達に語り教えているからだ。

 幾つか疑問に思っていることがあっても「俺はこう思っている」「こう解釈した」等と語り、その生徒なりの解釈と結論を提示する。

 教えている同級生の声は、教室の端に居ても聞こえる為、みんなそれでわかった気になっている。

 しかし、K先生(女子)は『(同級生の)日本画の経験者に教わらないでください』と言っている。

 K先生が芸大へ入学した頃、入学する前から教わり行っていた膠(日本画絵具の接着剤)の作り方と、大学で教える膠の作り方の違いで叱られた経験があったという。
 その例を挙げ、経験者に教わったり、日本画の描き方を書いている本等で学ばないこと。 それよりも、この大学で教員達が直接教えている生きた教育から学んでください。
 そう語っていた。

 だからこそ、同級生達が疑問の解釈を語っていても、僕は教員達へ質問を持ちかけた。

 その後の教員達の酷い対応を同級生達が見ているからこそ、余計に同級生達は質問をしない。

 K先生(女子)の発言に反して、S先生はこう語る。
「これだけ生徒がいれば、大学に入学する前から日本画を学んできた生徒は何人もいる。だから、こうやって何度も質問に来ないで、そういう生徒達から色々聞きなさい。」

 S先生・A先生(女子)とK先生(女子)では、時折、言っていることに大きな違いや矛盾があるのだ。

 

 この時点で、美術大学へ入学してからまだ数ヵ月しか経過していないのに、僕には、これから先の人間関係には悲観的な考え方しか持てないでいた。

 それでも、僕はこの大学へ楽しい時間を過ごす為に入学してきた訳ではない。

 惨めでも、まわりから相手にされなくても、僕は絵について、学ぶべきことを精一杯学んでいくだけだ。

 そういう意思を再確認し、固めていく。