絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

ふたつ目の課題2 No.18

 先にも述べている様に、ふたつ目の課題の結末は、テッポウユリと同じ様なものになる。

 内容は同じ様なものでも、繰り返しとなれば険悪なものになっていく。

 

二回目の講評会 

 僕の認識としては、この課題は僕の意思で制作したものではなく、教員達の指事に従ったものである。

 そう思わなければやりきれない程、酷い出来でもあった。

 僕の意思で描いた上で、どう悪いのか聞く流れで制作してはダメか、質問を持ちかけた場面もあった。

 それも即答で「ダメ」と言われていて、解らないことへの具体的な質問も取り合ってもらえない。

 テッポウユリの課題と同じ状況を繰り返しそうだと思いながら、同じ道を辿る。

 それを回避しようとした分だけ、怒鳴られるやら叱られるやらで、教員や同級生達との関係は悪くなっていくのが目に見えてわかる。

 

 講評会がやってきて、思っていた様に、僕には「意味不明な抽象画をやろうとしている」という叱りばかり投げ掛けられ、こちらが何を語っても聞き入れては貰えない(聞いている振りはする)。

 その上で、K先生から「あなたの言っていることは、全てどうでもいいことです」「見たものを見た通りに描いてください」と叱られる。

 やはりその直後には、A先生(女子)からは「解らないことがあったら、遠慮をしないで研究室へ聞きに来なさい」という言葉を被せてくる。

 そうして研究室に聞きに行っても、こちらの質問には答えて貰えない…そんな処まで、課題の制作が始まった時からの予想通り、同じ結末を迎える。

 この講評会で叱られている生徒は僕だけで、他の生徒達は「よく描けている」「今年の生徒はレベルが高い」と誉められている。

 講評会のなかで、僕は、K先生(女子)とA先生(女子)が誉める課題作品に対して「蛍光灯の光の映り込みとか、影とか、みんな描いてますよね」「やっぱり光や影は描くんじゃないですか?」「これはどう考えるべきなのですか?」等と質問をする。

 そのことでも「こんな変な絵を描いているのは、あなただけじゃないですか!」と怒鳴り付けられ、僕の質問は打ち切られる。

 そんな場面まで、これ迄の流れや予想の通りとなる。

 

講評会の後

 講評会を終えた後、僕は教員達のいる研究室へ行き、課題の内容についてK先生から話を聞きたいと求める。

 この時も、K先生(女子)を取り次いでくれることはなく、S先生とA先生(女子)が僕の対応をする。

 僕はK先生から直接話を聞きたいと求めるが、K先生は僕のことをとても怒っているとのことで「K先生(女子)に質問するのは辞めなさい」と怒鳴られ、K先生(女子)へ質問を持ちかける行為を禁止される。
 それから、教員達に質問を持ちかけるのではなく、まわりの生徒の様子を見て、それを真似して課題の制作を行うようにと指示を受ける。

 僕は、その指示はおかしいと反論するが、それよりも、僕の制作する課題作品の方がずっとおかしいと責められ、「俺たちだって暇じゃないんだ」といって会話を打ち切られる。

 

 そんなやり取りに僕は何ひとつ納得いかず、日を改めて、僕は同じ質問をS先生に持ちかける。

 そこでもS先生は、僕の質問を無視した内容で返してくる。

 S先生の話では~

 僕の絵の腕というのは、程度が低すぎて対応できないのだという。

 それに加え、これまで指導にあたってきたであろう人達も程度が低いことしか教えてこなかった様で、絵については全く会話が成立していない。 

 まわりの生徒のやり方を見て学び、この大学の教員達の言葉を信じ、これ迄に絵を教えてきた人たちがどうしようもない人達だったことを受け入れなさい。

 高木(僕)自身の腕も、どうしようもない程に程度が低いことを認めなさい。

 こんな内容で、S先生は僕を叱りつけてくる。

 この話に、僕は反論する。

 『僕個人が、程度が低いと叱られるのは仕方ないと思う。

 それでも、僕に絵を教えてきた人達は、程度の低い人たちではなかった。

 そうやって会ったこともない人の事を悪く言って、僕を責め立てるS先生の考え方や教え方自体がおかしい。

 少なくとも、この大学の教員達が指示してくる事を無視さえすれば、僕はそれなりのものを描ける自信はある。』

 こんなことを語る僕の反論を、S先生は怒鳴りながら打ち消してくる。

 S先生

 「お前はいつもそうやって屁理屈ばかり言ってくるけど、じゃあ次の課題で、どれだけ描けるのかやって見せてみろよ。

 俺達は制作中に何も言わないから、その上で、高木が描いたもの対して色々と言ってやる。

 それなら文句ないだろ!」
 S先生が怒鳴り付けてきたこの話を、僕は「わかりました。そうしましょう。」といって、そのまま受けることになった。