絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

ふたつ目の課題1 No.17

 大学のふたつ目の課題でも、起こることは殆んど同じ様なもので、険悪さばかり増していく。

 

鳥の剥製の日本画制作

 僕自体は、教員たちの教え方や考え方等を早く理解しようと考え、それ迄と同じく質問を繰り返していた。

 その質問や疑問などの僕の話など、教員達は殆んど聞き入れず、その都度、理解に悩む指示ばかり出してくる。

 その為に、僕は自分の本来の描き方を保留し、教員達の指示を満たす描き方を考えるが、大学へ入学する迄に学んできた絵画の基礎と統合できず、悩んでいる。

 教員達から理解できないままに指示され、その指事に従っているつもりでも、その従って行った作業に叱られる。

 それまで時間をかけ、計画性を持って丁寧に塗り重ねたものを、全く別の色を指定して塗り潰すように指示される。

 計画性を持って色を塗り重ねていたこと自体にも注意され、そのことについて会話や説明を求めても「講評会で説明するから、今は言われたことをやりなさい」等と言われながら相手にされない。

 何度も質問を繰り返す僕に対して、A先生(女子)はうんざりしている様だが、僕側も、何度も意味の理解できない指示をだされ、やろうとすることを否定され続ける状況にうんざりしていた。

 そんな強引な指示を受けているのは僕だけであり、質問をした行為や、教員達の指事に従っていることまでもが悪循環を招いている。

 

 このふたつめの課題のはじめの辺りから、前回の課題であったテッポウユリと同じ流れは生じている。

 だから、今回の課題でも同じ様な結末になることは目に見えていて、僕はA先生(女子)へ、描き方についてこう求める。

「一度、僕が思うように描いた上で、出来上がったものに注意を受けるのではいけませんか?」

 この求めに対しても、A先生(女子)は「ダメ。言われたことをやりなさい!」と怒る。

「先生達の言っていることも人によって違って聞こえるので、誰かの一人の言っていることだけに絞って制作してはダメですか?」

 という提案のようなことを言っても、やはりダメだと怒られる。

 教員達の人あたりについては、K先生(女子)が少しだけ強めに感じるものの、S先生とA先生(女子)はとても優しい先生という印象がある。

 教員達は、新入生達に優しい言葉をかけようとしている様子は見てとれる。

 とはいっても、僕に対してだけは、K先生(女子)もA先生もS先生も、みんな厳しく怒ってくるので、その様子を見ている同級生達(特に男子達は)面白がり、生徒間でも僕はバカにされながら遠ざけられていく。

 

 状況から察すると、入学して勝手の解らない内は、解った振りをして暫く傍観し、まわりと同調するのが適切なのだと思う。

 それをここで後悔しても手遅れで、僕は教員達に目をつけられ、制作の過程を細かく見張られている。

 特にA先生(女子)は、A先生(女子)なりの描き方と僕なりの描き方の違いを見つけては、僕の意志や考えを無視して注意し、叱りながら描き方を矯正しようとしてくる。

 僕はA先生(女子)の話を聞く度に、疑問ばかり増えていく。

 S先生もそうなのだが、A先生(女子)の指示している描き方は、基礎どころか、素人的な描き方に聞こえてしまう。

 僕がまだ中~高校生で、絵画の基礎等を全く知らなかった時期であれば、絵具を混ぜて偶然出来上がった色合いで絵を作っていく(それが絵画の基礎だ)という話も、僕は何の疑問も持たなかっただろう。

 しかし、浪人生活を中心に学んできた絵画の基礎では、絵具を多く混ぜ合わせるほど、色は濁っていくし、彩度も混ぜた分だけ落ちていく。

 水彩絵具も油絵具も、絵具を幾種類も混ぜて濁らせると、落ち着いた色合いにはなるが、それを絵画の基礎として褒めたりはしない。

 「色を探す」というのも、絵具の混ざり合いのなかで探すのではなく、モチーフを見つめて感じ取ろうとする時の行為である。

 教える側や細々とした環境や状況からによって、考え方や勝手の違いもあるだろう。

 この大学の教員達と僕との考え方の違いも、その範疇のもので、僕がこれまで学んできたことを程度の低いものとは考えられなかった。

 しかし、この課題に移行してから、S先生とA先生(女子)は、僕に絵を教えてきた者達の否定を始める。

 「今まで高木くん(僕)に絵を教えてきた人達の程度が低すぎたんだ。だから、今まで教わってきたことは、全部忘れた方がいい。」

 こんな言葉を最初に言い始めたのはS先生で、研究室でのやり取りだった。

 その後、同級生達のいる教室でも、同じ内容の発言をA先生(女子)は始める。

 それを聞いている同級生達も、そんな認識をもって、僕を責め立ててくる様になる。

 この発言から、僕も不快感を押さえきれなくなり、同級生間の人間関係も破綻していく。

 

教員達の都合

 これらの状況と同時に、教員達の指導上の矛盾に対して、僕は『解らない』から『おかしい』という認識へと移行していく。

 K先生(女子)からの叱りに関しては、僕がS先生やA先生(女子)の指事に従って描いたものに対して、「見たものを、見た通りに描きなさい」と叱っている傾向にある。

 S先生とA先生(女子)に関しては「(モチーフを)見たままの絵具しか使っていない」という内容での叱り方が多く、考え方や教え方は共通していた。

 この時期の僕自身、ここまで状況を把握したり考えの整理はできていなかったが、少しずつこの状況を把握していくが、把握したもの自体に矛盾があり、把握という認識も出来ないでいる。

 少なくとも、 S先生とA先生(女子)の指導に対して、K先生(女子)の指導には違いがあって、そこに矛盾が多くあることは認識していた。

 その矛盾を S先生とA先生(女子)は認識していながら、K先生(女子)の前では言葉尻を合わせて誤魔化していることに関しては、僕はまだ疑いという範疇での認識だった。

 そして、K先生(女子)という存在が、教員のなかでひとり矛盾を作りおかしな状況を作っているのだと、僕は思い始める(この考えは、後に少し変わる)。

 同級生達に関しては、このことを誰も認識していないのではないかと思う。

 或いは、状況が面倒臭そうなので、わかっていながらわからない振りをしている者もいたかもしれない。

 

 K先生(女子)は非常勤講師でありながら、教員間ではS先生とA先生(女子)より上の立場として立てられている。

 そのことで、矛盾した指事や指導が幾つも入り交じっているのだが、暗黙の内に、教員達はそこへ触れない事にしていた。

 後になって気付いたことだが、僕もそういう状況も含めた内容で質問を繰り返していて、必要以上の顰蹙を買っていた。

 

 K先生(女子)は、院展という美術団体の会員であり、片岡珠子という各方面に影響力を持つ有名な画家の弟子という立場にもある。

f:id:motonari1:20190828131440j:image

片岡球子 - Wikipedia

 K先生(女子)は生まれつき体が弱いらしく、その関係から正式な大学の教員にはなれないそうで、その為に非常勤講師という立場にある。

 他の教員は、皆が日展の会員であった。

 今はまだ、S先生とA先生(女子)しか教員の名前は出てきていないが、このほかにK先生(男子・教授)とA先生(男子・教授)とI先生(非常勤講師)といった教員もいる。

 

 この頃はまだ、僕はそこまでの情報を知らなかったし、生徒間でも完全には孤立していなかった。

 この頃の生徒間の会話で、公募展の日展院展は、どちらの展示の方が面白いかという話題になっていた。

 この会話では、誰もが日展を推していながら、僕だけが院展を推していた。

 公募展の主流が日展に対して、院展は古典回帰の様な考えを持っている組織で、展自作品も少し古くさく見える傾向にある。

 同じ大学で同じく日本画を学ぶ生徒であっても、僕は近代の日本画を好み、そういう絵を学んで描こうというイメージがあった。

 それに対する他の生徒たちは、現代の日本画らしい絵を描くイメージを持つ人物ばかりで、その部分から考えは大きく違っていた。

 そういう違いもあって、僕だけが院展を推していること・考え方の違いに「高木は頭がおかしいから仕方ない」と語る男子生徒も数人いて、僕も「あぁ…そうかもね」等と言葉を返し、会話をする生徒も少なく限られていく。

 

教員間の考え方の違い

 ふたつめの課題辺りから、教員達は、生徒間で教え合うことを促していた。

 細かくいえば、そういう場面をよく目にするようになっただけであり、本当はひとつ目の課題からその様な促しはあったのだと思う。

 大学へ入学する前から日本画を学び、日本画の絵がかたを知っている一部の生徒へ、教員達が「教えてやってくれ」と語る。

 そういう状況とは別に、入学当初のK先生(女子)は「生徒間で教え合わないでください」と口にし、なぜかの理由も語っていた。

 そういう背景から、僕は同級生から教わることは避け、教員達へ直接質問することを選んでいた。

 僕の視点ではこうなのだが、一部の生徒の視点では、先生達から「教えてやってくれ」と言われていて、恐らくは僕の存在に対しても「教えてやれ」という会話を、教員と一部の生徒との間でしていたのだろう。

 そのこともあって、一部の同級生からも高圧的に「教えてやる」という姿勢でこられ、おかしな指示や強要も受ける。

 教員達の真似をして、僕の描きかたや考えかたの否定もしていくのだが、僕はそういうものには従わないし「先生達に教わるからいい」と拒み、僕の生徒間の関係はより険悪なものへと深まっていく。