絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

テッポウユリ3 No.16

講評会の直前

 テッポウユリの課題。

 鉛筆デッサンや水彩絵具での写生から始まり、日本画絵具を使った細密描写へと移行する。

 それから講評会前後までの話。

 

 これまで書いている通り、課題については、僕は自分の思うような絵は描かせては貰えなかった。

 それは、僕が研究室(日本画の職員室)へ、何度も質問を持ちかけていたことを契機にしている。

 僕としては『光があたった結果表れるものは一切描かない』という話について質問していた。

 しかし、S先生とA先生(女子)は、途中から『力不足で美大生としての普通の描きかたが全くわからずにいる・みんなのようには描けない』という内容へと歪めて受け取る。

 それからS先生とA先生(女子)は、S先生とA先生(女子)なりの写生のしかたや絵具の扱い方を強要してきて「なんでこの程度のことがわからないのだ」「こんなことさえわからないな、君だけだ」「基礎的なことが何もわかっていない」等と怒り、叱りつけてくる。

 僕にとっては、そうして強要してくる内容は基礎でも何でもなく、僕の持つ常識からは外れたものばかりだった。

 もう少し語ると、基礎という言葉を使いながらも、基礎をわかっていない人の言葉の数々に感じてしまう。

 でも、美術大学助教授という立場の人達の語る言葉であるから、そんな訳はない…という考えを、頭のなかで何度も繰り返していた。

 その為、指示や強要を受ける度に、僕は反論や意見はするけれど、課題の制作の作業に関しては、全面的にその指示には従ってはいた。

 でもそこで僕が描いているものは、S先生とA先生(女子)がやらせたいものとは違うものとなっている。

 「納得するしないは関係なく、やりなさい」

 という言葉で、僕からの質問や意見や反論は全て無視され、特にはA先生(女子)の一方的な描きかたの指示と、説明不足がそうさせていた。

 

 僕が基礎を学んだ浪人時代では、予備校の先生達は「わからないことに対して、わかった振りはしないでくれ」という発言をして、教えることに努力をしていた。

 だから、僕はわからないことについては「わからない」という言葉を繰り返し口にしていたし、わかることへの努力は惜しまないつもりでもいた。

 この美術大学のS先生とA先生(女子)に関しては、自覚してやっているのかはわからないが。

 自分等の答えられない質問に対しては、最終的には圧力をかけて黙らせるという行為に行き着いてしまう。

 そして、後になってから、このことが問題になった時には「わからないことがあったら、わかるまで何度でも質問にきなさいと、俺たちは言っていただろ」「わかるまで聞きに来なかったお前が悪い」という理屈で逃げてしまう。

 

 この流れは、最初のデッサンや着色写生の場面だけではなく、日本画制作の場面でも続いていった。

 話の流れとしては、描いた絵の講評会の場面のことを書いてはいくけれど。

 この教員達と僕との噛み合わずに、質問を黙らせようという教員の動きと、それでも質問を持ちかける僕の動きは、1年生の後半まで続いていく。

f:id:motonari1:20190824141912j:image

テッポウユリとは? | ユリ.net

 

テッポウユリ課題の講評会

 僕の課題はグチャグチャの状態のまま、講評会を迎える。

 講評会の直前にも、A先生(女子)は僕に対して「この色を上から塗って絵を壊しなさい」といって、赤い色の絵具を僕の手元に置く。

 僕は「講評会の直前なのに、今からなぜそんやなことをしなければいけないのですか?」と質問をするが、A先生(女子)は声を荒げて「黙って言われたことをやりなさい!」と怒る。

 僕はその指示にしたがって絵を赤く塗り壊し、この後にどうするべきなのかを、講評会で訊ねるつもりでいた。

 それでも講評会では、それまで取り交わしていた話は全て無かったことにされて、散々に怒られる。

 モチーフを見て描いていない、身勝手に抽象画をやっている、人(教員)の話を全く聞かない、解らないことがあったなら、研究室へ聞きに来ればいいじゃないですか。

 そんな内容で、K先生とA先生(女子)からはずっと責められる。

 僕は、自分なりの描きかたを仕方なく止め、S先生とA先生(女子)に強要された描きかたをしたつもりでいた。

 でも、講評会に出した僕の絵は、僕が自身の意思で描いたものとして扱われ、指示に従いなさい、力がない、身勝手に抽象画を始めている、等と終始怒られる。

 僕側も幾つかの反論はするのだが、僕の描いた絵を見ながら、僕の述べている内容とは関係なく「こんな絵を描いているのは、あなただけではないですか」という指摘で怒り、僕の言葉は何ひとつ聞き入られることはない。

 そんな感じなので、僕もこの講評会の場では何を言っても無駄だと諦め、講評会の後に研究室へ行って話をしようと考える。

 

 僕が講評会に出した絵は、自分から見ても酷いものであり、それを前に力がないと怒られると、こちらは反論や意見がし辛く、何を言っても理解はして貰えない。

  それとは対照的に、僕以外の生徒達は、皆が力があると褒められていた。

 褒めて、これから良い気持ちで絵を描いて貰おうという指導上の意図があったのだろう。

 その同級生たちの作品を見ても、僕には、僕よりも力があると考えられる生徒の作品はなかった。

 そうは見えても、こういう状況に置かれてしまったのだから、冷静に他の生徒達の作品を見れていないだけではないだろうか…そんな風に、僕は自分の目や感想や経験を否定したり疑って考えようともしてしまう。