絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

テッポウユリ2 No.15

 僕はこの美術大学で、誰に見られても恥ずかしくない勉強をするつもりで入学してきた。
 他人からどう見られるかとか、目立って恥ずかしいとか、そんな目先の小さなことで大切な学ぶ機会を失う訳にはいかない。
 K先生やS先生やA先生(女子)が持っている僕への認識は、間違っていると見てとれる。

 僕は、教員達や日本画のことをバカにはしていないし、絵に対しても、必死に取り組もうとしていた。

 だから、何かの切っ掛けさえあれば、すぐに解り合えると信じていた。

 同級生達と解り合うのは、教員達と解り合った後になるだろう。

 時間はかかるだろうが、絵を志す者通しなのだから、入学して半月程度で起こったことなど、漠然としたいつかは解決するとも思っていた。。

 

りんごの絵

 課題は、テッポウユリの写生から日本画制作に移行する。

最初の課題では、生徒へ様々な事を段階的に教えていく関係上だと思うのだが、期間はひと月ほどの時間を設けていた。
 だから、手順や勝手を知っていれば、一週間もかけずに出来てしまう制作内容でもある。

 このことをK先生自身も語っていて、
「課題以外でも絵を描いて学びたい方は、りんごの絵を書いてください。描いてきたら、課題でなくても見ます。」
 等と教室の生徒たちに話す。

f:id:motonari1:20190822123640j:image

https://www.ajfarm.com/1893/

 たぶん、この時にりんごの絵を描いていたのは、僕だけではないだろうか。

 同級生との関係も険悪になっていたから、僕がそういう人がいることを把握していないだけなのかもしれないが。

 K先生の「りんごの絵を…」という発言を切っ掛けに、僕は何度も水彩画やデッサンを描いては、研究室へ持っていく。

 たぶん、そういうことを十回くらい繰り返したと思う。

 その時も、僕は必ずK先生を指名して取り次いで貰う様にお願いするが、取り次いでは貰えない。

 毎回、僕の対応をするのは、S先生とA先生(女子)である。

 S先生やA先生(女子)は、K先生が生徒に「りんごの絵」の話をしているのを知らない様子だった。

 そのせいだろうが、はじめの内は僕の絵を見て
「突然こんな絵を描いてくる感性が独特で、理解できない」
「こんな絵を描くよりも、今の課題に集中しなさい」
 等と、遠回しに馬鹿にしている様に感じ取れる発言が耳につく。

 そうして最後の辺りでは、「課題以外の絵を持ってくるのは止めなさい」「K先生はあなたのことを物凄く怒っているから、K先生に質問をするのは止めなさい」等と叱られる。

 そうして、僕はK先生へ質問や描いた絵を持ちかけることを止めてしまう。

 K先生が教員間で、僕を毛嫌いしている話をしていることや、こちらが何度質問を持ちかけても一切対応しないのに、授業内では「解らないことがあったら、研究室に聞きに来てください」等と発言してしまう行為など。

 時間の経過と一緒に、僕はK先生への不満や嫌悪感が募っていく。

 そんな考え方をしてはいけないと、ずっと自分で自分に言い聞かせる。

 しかし、S先生やA先生の話を聴く限り、K先生は僕を毛嫌いし、僕に質問されている状況にもの凄く怒っている。

 それで仕方なく、S先生やA先生(女子)は僕の質問への対応を買っているのだという。

 そんな話ばかり聞かされているもので、僕側も、K先生とのやり取りに堪えられなくなっていった。

 それから次第に、僕はK先生の顔を見るだけで嫌悪感が沸いてきて、授業中でもK先生には話しかけなくなっていく。

 

テッポウユリ日本画制作

 テッポウユリのデッサンや写生など、最初は普通に行っていた。

 そこから「光が当たった結果現れるものは、

一切描かないでください」という言葉が出てきて、僕は教員達へ何度も繰り返し質問を続けてきたが、いつも適当な話ではぐらかされる。

 例えば、僕の考えとしては、光や影などを見ながら、モチーフの形や花や葉の色や厚みや透明感や空気を描く。

 その光や影を見ずに、モチーフの形は無視して描くべきなのか、アウトラインと個有色だけを追って絵にするべきなのか、そんな質問を持ちかけたりもした。

 勿論、K先生は僕の質問への対応はしない。

 S先生とA先生(女子)の返答は、モチーフにない色を使い、そのモチーフにない色の混ざり合いやグラデーションで形を描くのだと言ってくる。

 そう指示を受ける為に、僕はその様に描き、S先生とA先生に描いたものを見て貰い、その様に描けばよいと許可を貰う。

 その流れのまま、写生を元にした日本画の細密描写へと移行していく。

 その日本画の制作時、それまでに描いてきたスケッチブックの写生をK先生が見て、怒りだす。

 最初に描き始めたデッサンや水彩絵具での写生等を指差し

「こういう風に描けるのに、どうしてこんな変な絵を描いているのですか?この課題で抽象画をやるのは止めてください!」

 と、強い口調で叱られる。

 僕は「僕は、指示された通りに描いているつもりです。これがダメなら、何がどうダメなのか教えてください。」と返答する。

 K先生は「あなたの言っていることは矛盾しています。解らなければ研究室へ聞きに来ればいいじゃないですか!」と言い返す。

 僕は「僕は何度も聞きに行ってますが、先生方が僕の相手をしてくれてないだけじゃないですか」と言い返す。

 K先生は怒りながら「ああ、そうですか」と返して会話を打ち切り、他の生徒の絵を見に行く。

 そんなやり取りを遠目で見ていたA先生(女子)は、翌日から僕に対して「もっと色んな絵具を使って描きなさい!」と叱りつけてくる。

 僕は「A先生は僕に、何をやらせようとしているのか解りません。もっときちんと説明してください」と言い返す。

 A先生(女子)は「解る解らないではなくて、これはそういう課題なの。解らなくてもいいから、黙って言われた通りにしなさい!」と叱りつけてくる。

 僕は納得いかないまま、仕方なくそれに従ったつもりではいた。

 それでも僕の絵は、K先生やA先生(女子)の描かせたい絵に近づいていかないらしい。