絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

テッポウユリ1 No.14

 前回までに、何度か書いている話から始めることになるけれど。

 アメーバブログをやっていた頃、この辺りの話がまとまらず、同じ様な話を何度も繰り返していた。

 はてなブログへ記事を移行していく過程では、ある程度の話はまとめようと思っている。

 それでも、元の記事が同じ話を繰り返し過ぎているので、くどい処は残ると思う。

 

テッポウユリの写生

 美大の最初の課題はテッポウユリで、写生からはじまり、写生を元にした日本画の細密描写へという流れで進む。

 まだユリがつぼみの状態でモチーフを渡され、それをスケッチブックに写生する。

 花が咲くのを待ちながら、写生と同時に、日本画の制作行程を教わる。

 その写生の途中で「光が当たった結果現れるものは一切描かないでください」という話が出てきて、僕はその言葉に疑問を持つ。

 僕は美術大学へ入学する以前から、「日本画には影はない」という言葉を知っていた。

 しかし、「光が当たった結果現れるものは一切描かない」という話となると、どう受け止めるべきかわからない。

 

細かな話をすると~

 彫刻やデザインを含めた西洋絵画で、基礎訓練の始まりでは、モチーフに当たった光や影を見て、形や質感などを感じ取る訓練をデッサンを通して行う。

 物や色がその存在を現すには光が必要で、その物に光が当たり、その光を吸収したり反射したりするからこそ、その物の形や色は視覚的に現れる。

 これが、西洋絵画の基礎のなかでも初歩の話なのだ。

 洋画と日本画とでは、文化や精神の違いがあり、その立ち位置は違うという人は居るけれど…それがこの問題に当てはまる話だとは思えないでいる。

 光を捉えて描く訓練は、西洋絵画の基礎だと述べたとしても、日本画では素描という言葉を使いながらもデッサンを行う。

 デッサンや素描というものは、元々は日本画には無かったものであり、時代の流れのなかで日本に入ってきた概念だ。

 多くの美大や芸大の受験のなかでは、デッサンを入試の科目に設けている。

 そこで日本画のデッサンだけは特殊かといえば、そんなことはない。

 日本画であっても、洋画や彫刻やデザインと根本的な部分(しっかりモチーフを捉えているか)は同じものを、受験者に求めている。

 そういう考え方が僕のなかにある為、「光が当たった結果現れるものは一切描かない」という言葉を額面通りに受け取ろうとすると、絵画についての話として成立しない。

 日本画の世界では多々あることなのだけれど。

 日本画を描く者は、西洋絵画を「あれは合理性の絵画だ」と否定し、日本画内では抽象的ないいまわしで説明を完結させようとする者も多い。

 その抽象的な少ない言葉のなかに、多くの情報を含めていることも多いので、それを僕は否定するつもりもない。

 だから、この「光が当たった結果現れるものは一切描かない」という言葉も抽象性を含んでいて、その言葉のままではないのだろう。

 ならば「光が当たった結果現れるもの」とは、どこまでの内容を指しているのだろうか、という疑問を僕は持った。

 

 それから僕は、教員達のいる研究室(日本画教員の職員室)へ行き、K先生(女子)の名を指名しながら質問を持ちかける。

f:id:motonari1:20190820115224j:image

【純潔のテッポウユリ】花言葉と育て方!種まきの時期や方法は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap

 僕は研究室へ行き、その問題の言葉を発した本人であるK先生(女子)を名指しで質問を持ちかけるのだが、いつも対応するのは、二年生の担当教員であるS先生と、一年生の担当教員であるA先生(女子)であった。

 僕側から何度もK先生(女子)を求めても、なぜか取り次いでくれることはなく、S先生とA先生(女子)とで対応しようとする。

 それでいて、この二人の先生とも「光が当たった結果現れるもの」という言葉やそ意味合いは把握しておらず、僕がそれを口にしても、いつも筋違いの返答で誤魔化されてしまう。

 ザックリと言ってしまうと「そんなことはイチイチ意識しなくてもよい」という内容で、僕の質問はいつも締め括ろうとする。

 後になって考えると、S先生もA先生(女子)も、その辺りについての認識はしっかりしていなくて、返答できないから話をぼかし、その場を強引に閉じることしか出来なかったのだろう。

 そんな彼等の言葉に従い何となくでの理解をすること(わかっていないのに、わかった振りをすること)が一番利口なやり方であり、他の生徒もその何となくで解釈していることは、僕にもそれとなくわかっていた。

 それでも僕は、日を改めて、K先生(女子)を名指しにして質問を持ちかける。

 利口とか聞き分けの良い生徒でいることより、僕は絵に対して一生懸命に動き、煙たがられても、それ以上にしっかりした技術を身に付けようとしていた。

 その対応がS先生やA先生(女子)による代弁では、K先生(女子)の言葉の真意などは掴めないし、殆どのことをなあなあで流そうとする人たちであることも、僕は早い時期から感じ取っていた。

 K先生(女子)の発言に対する質問は、K先生(女子)に聞かなくては答えはでないと僕は考える。

 しかし、その僕の行為がS先生とA先生(女子)の機嫌を損ね、意地になって僕をK先生(女子)には取り次がず、僕のこの行為からいくら説明しても理解の出来ない、力のない生徒として括られ、「どうでもいいことしかかんがえていない」という言葉を使って、僕が疑問に思うこと自体を否定し、説明する行為を省こうとしていく。

 この当時の僕は、そんなことを薄々と感じながらも、そんな程度の低い美術教育をしている筈はないと考えようとしている。

 でも、後から色々なことを知ったり状況を把握していった上で、幾らこの問題を思い返しても、僕にはこういう見えかたや解釈しか出来ずにいる。 

 

 

日本画の傾向や趣向の違い

 ここからの話は、美術大学へ入学したばかりの僕では殆ど理解していない事柄を書いていて、少し後になって考えてみれば、という意味合いの話になってしまう。

 

 S先生とA先生(女子)が、僕をK先生(女子)に取り次がない理由らしきものに、日本画に対する考え方や趣向の違い等もあった。

 この美術大学日本画教員は、殆どを日展という美術団体に所属している人達で固めている。

 そのなかで一人、K先生(女子)だけは院展に所属している人物である。

 あくまでも傾向ということで書いておくが、この院展に関しては、古典絵画の勉強をよくする傾向にある。

 それ以外の美術団体に関しては、古典への意識は薄く、洋画と日本画との違いなどをあまり意識していない(勉強していない)傾向にある。

 こういう部分で、日本画に対する考え方の違いが大きくある。

 僕の件でいえば。

 非常勤講師という立場にあるK先生(女子)の考えや、院展の絵の傾向の方へ、生徒の考えが寄っていくことを、S先生とA先生(女子)はよく思っていない部分が多々見られる。

 それでも、教員間では様々な兼ね合いがあって、正規教員で助教授の立場にあるS先生とA先生(女子)であっても、非正規で非常勤講師のK先生(女子)の立場を上の立場であるように立てていて、傍目にも上下の関係が複雑になっている。

 S先生とA先生(女子)に関しては、絵に対する考え方はかなり近くあるのだが、K先生(女子)とは大きく違っている。

 他の教員とS先生とA先生(女子)とでは、考え方は近いように僕は思うのだが、S先生とA先生(女子)の語る内容からは、考えはまた違っているそうだ。

 それでいて言葉の上では、

『違ったことを言っているように聞こえるかもしれませんが、実は(教員達はみんな)同じことを教えているのですよ』

 と語る。

 そう語っている為、その考えや趣向や意見の違いを、S先生とA先生(女子)はK先生(女子)に向かって言えず、K先生(女子)の前ではいつも言葉尻を合わせてしまう。

 それでいて、K先生(女子)のいない場面となれば、生徒に対しては自身等の考えに合わせるように求めてしまう傾向がある。

 僕の視点から考えると、教員間で考え方が違うなら、自分は他の先生達と違った考え方を持っていると、はっきりと語るべきだと思うのだが、この大学の日本画教員達はそれがなぜか出来ない。

 だから、僕からK先生(女子)に向けた質問をしているのに、S先生とA先生(女子)はK先生(女子)の代弁をして僕の質問に答えながらも、結局はK先生(女子)の考えや指導の内容を否定してしまう。

 そういった様々な矛盾を、僕は美術大学へ入学した最初の月から漠然と感じ取り「何かはわからないけれど、何かがおかしい」と口にし始める。

 まわりの生徒も教員達は、僕側のこの発言や考え方こそおかしいと語っていたけれど。

 僕には、この状況に何の疑問や違和感を感じない同級生や教員達に対しても、おかしいのではないかと疑問を感じていた。

 そう思いながら、僕が理屈ぽく考えすぎなのだろう、という思い直しをしようともする。

 

日本画の影への質問から着色写生の批判へ

 入学したばかりの時期。

 最初の課題で、また着色写生しか生徒にやらせていない頃。

 教員の立場からは、生徒には、見たものを見たままに描いて欲しい訳なのだが。

 その見たままに描く過程にも、基礎に対する各々の食い違いがある。

 着色写生とか描写とか着色写生等と言われると、僕はそのモチーフから感じた色を選び、その感じ取った色の絵具を塗り重ねながら色を作る。

 例えば白い花であっても、白のなかには黄色味や緑がかった処もあれば、青味がかった影を作ったり、花の厚みから見てとれる色もある。

 そういうものをしっかりと感じ取り、計画的に色を塗り重ねて絵を描く。

 それでいて、完成時にモチーフの色がうまく出せていない・うまく描けていないというのは、それはモチーフをしっかり見れていない・色を探せていない、と考える。

 それが絵画の基礎のひとつであり、ものを見るという行為だと思っている。

 S先生やA先生(女子)に関しては、モチーフには無い色を何色も混ぜたり塗り重ねて、偶然出来上がった色味を活かし、モチーフの持つ色を混ぜたり塗ったりして、最終的なモチーフの色にしていく。

 その行為を、色を探すと語る。

 現代の日本画の描きかたとしては、そういう描きかたが主流ではある。

 上手く絵具を扱えない人なども、日本画に限らずにその様な描きかたをする傾向にはあって。

 きちんとした人について絵画の基礎を学ばないと、その辺りの絵具の塗り重ねや、絵具の濁りに関する考え方は身に付かないと僕は思っている。

 こう書き綴っている僕も、中学・高校生あたりで好き勝手に絵を描いていた頃であれば、それに近い描きかたをしていた。

 仮に、その頃にS先生やA先生(女子)の言葉を耳にしていれば、僕も特には疑問に思わなかったかもしれない。

 しかし、大学入試を経て、絵画の基礎を身に付けているという前提で会話をしているとなると、この大学ではどうしても疑問が湧いてしまう。

 この問題を抜きにしても、見たままの様に描かれた写実性の高い絵というは、一般の人では想像も出来ないくらいの訓練や研究や科学や人生経験が隠れている。

 僕が当時に描いていたデッサンや着色写生であっても、訓練や研究の過程では、何度も壊れながら修復させて作り上げた技術であり、傍目に見えるほど単純なものではない。

 この辺りの考え方は、人によって色々とあると思うので、ここで書き綴っていることは、あくまでも僕なりの視点とでも思って貰いたい。

 

 そんな基礎に対する考え方の違いが、またおかしな状況を作る。

 僕は教員達の処へ、何度も質問を持ちかけていた過程もあって「わからないのは、きちんと絵が描けないからだ」と決めつけたかたちで目をつけられる。

 始まりはA先生(女子)からの指摘で「君はモチーフにある色しか塗っていない」と叱られて、モチーフにない色を塗って、その時点での色を壊すように強要される。

 それに対して、僕は「なぜその様なことをしなければならないのですか」と質問するが、「これはそうする課題であるから、黙って言われたことをやりなさい」等と叱られる。

 そうして仕方なく、指示に従って出来た色合いに対して、僕は「これからどうしたらよいのですか?」と質問しているのだが、そこでK先生(女子)からは「あなたは抽象画をやろうとしている」と叱られる。

 この時を契機に、A先生(女子)は僕に怒りながら次々と指示を出してくる。

 使おうとする絵具の色の選び方を変えなさい、意図的に色を作っていこうとする考え方を辞めなさい、この色でいま描いている絵を壊しなさい…等々。

 僕はその度に反論しながらも、その指示には従うことで、おかしな絵を何枚も描き続けることになる。

 僕には悪意などなく、理解できない指示や強要してきたことを、その言葉通りに従っているのだが、結果としてそれが悪い。

 A先生(女子)としては、出来上がった色を壊しては修正してを繰り返して、偶然出来るよい色合いを探りながら制作を進めさせたかった様だが、いつも言葉足らずであった。

 言葉が足りなくても、水彩絵具を使って着色写生をする場合は、そういう描きかたをする以外にないという考えを持っているから、そうすることが常識だと考えて説明を省いてたのだろう。

 それに対する僕は「壊しなさい」と言われてれば言葉通りに絵を壊して制作を止め、そこからどうさせたいのか、わざわざこうさせたことの意味合いなどをA先生(女子)に質問しようとする。

 しかし、A先生(女子)は『日本画の影』の件から、僕から質問を受けることにうんざりしていて、質問に対してまともに取り合うことはしない。

 その時の僕の絵を見たK先生(女子)も、S先生とA先生(女子)から指示を受ける前に描いていた僕の着色写生を指差して、「こういう風に描けるのに、何でこう描かないのですか」と怒り叱ってくる。

 そのことで、S先生とA先生(女子)は僕に対して「君は、大学へ入ってくる為に必要な力もないのに、この大学へ入学してきた」と語る。

 それ以降に僕が質問を持ちかけても、

「今のレベルの君には、何を説明しても理解は出来ない」

「まわりの生徒を見習って努力して、早くみんなのレベルに追い付いて貰わないと困る」

 等と語り、質問に対して答えることをしなくなる。

 そのやり取りを何度も見ている同級生達は、僕を「まぐれで大学へ受かった奴」と決めつけて見下し、一部の生徒達は、僕との関わりを嫌い避けて「高木とは関わりたくない」「あいつには関わらない方がいい」と語られていく。

 そうして僕は少しずつ、孤立する方向へと向かっていく。

 そうなっても、僕は研究室(日本画の職員室)へ行き、K先生(女子)を指名して質問を繰り返す。

 こうして僕が質問を繰り返すことに、S先生とA先生(女子)は声を荒げて怒っていくのだけれど。

 そのK先生(女子)が僕の質問に対応してもらうという機会は、卒業までやってくることはないのだ。

 

 ここで書いていることの殆どは、僕が美術大学へ入学してからひと月くらいの間で起こっていることである。

 美術大学へ入学してすぐに、K先生(男子)は生徒全員に対して、

「解らないことがあったら、何度でも解るまで聞きに来なさい」

 と何度も言い聞かせていた。

 K先生(女子)自身も「先生によっては色んな考え方の違いを持っていますから、私に限らず、色んな先生からも話を聞く様にして下さい。」等と言っている。

 だからこそ、僕がK先生(女子)から話を聞こうと質問を持ちかける行為自体に、なにも悪いことはないと考えている。

 でもその言葉通りには、教員達や現実は進んでは行かなかった。

 入学してからひと月程度で起きたこの誤解なんて、すぐに解消できると、当時の僕は思っていた。

 でも、この誤解は最後まで溶くことは出来なかった。

 

 最初の印象は3年先まで残る

 心理学での話で、最初の印象は3年先まで残ると言われている。

 最初に悪い印象を持たれると、次の場面でよいことをしていても、それはたまたまだという心理が働く。

 逆に、最初に良い印象を持たれても、次の場面で失敗や悪いことをしてしまっても、たまたまだという心理が働く。

 その心理は、3年先まで続く場合もあるという。

 僕のこの問題も4年先の卒業まで、日本画の教員達は「高木は抽象画をやろうとしている生徒だ」等と語り続けてきた。

 これを心理学ではそう語っているから、仕方のないことと思われるかもしれない。

 でも、絵画の基礎を学んできた人で、ものを見る訓練をしてきた人なら、そうは思って欲しくない。

 例えばデッサンの訓練で、モチーフに対する思い込みや、まわりに置いてあるものや状況や錯覚に惑わされないよう、しっかりとものを見る訓練をしているではないか。

 大学の教員として、提出物の評価をする者が、特定の生徒を嫌い偏見を持ってしまった為に、正しく評価できないというのを、僕は受け入れることが出来ない。

 これは、絵に限った話ではないてまと思っている。

 人の認識の間違いはどうしてもあるだろう。

 それでも、時間の経過と供に、認識の違いや事実を知っていくこともある。

 そこで、きちんと物事を見ようとするかどうか、という問題なのだ。 

 絵画の基礎として、デッサンを頑張ったことのある人ならば、何度もこういう話を耳にしていたのではないか。

 そういう意識をもって、自分の絵のかたちの狂いを正すこと等、繰り返ししてきたではないか。