絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

漫画 デイ・アフター・トゥモロー

 最近、Amazonさんで『デイ・アフター・トゥモロー』というガンダム関係の漫画を取り寄せました。

 ファーストガンダムに登場していたカイ・シデンを主人公にした漫画です。

 元々は、劇場版Zガンダムを盛り上げる為に、描かれた話のようです。

f:id:motonari1:20190630221401j:image

 ガンダムの設定や細かな展開などは、扱われる媒体で変わっている場合が多々あります。

 例えば、カイの扱いをあげても。

 ある小説やゲームでは、カイはニュータイプとして覚醒します。

 ある漫画では、ガンダムが登場する前、カイは不良グループのリーダーで、アムロを悪い遊びに巻き込んでいく存在であったり。

 その媒体で、少しずつガンダムの設定や扱いが変わっていますし、後付けで色々と物語は追加されてもいます。

 漫画で描くにあたって、作者もその設定の違いなどで苦労した話や製作上の縛りがあったこと等を、対談形式で語っています。

 

デイ・アフター・トゥモロー感想

 デイ・アフター・トゥモローの時代はZガンダムの頃で、Zガンダムの物語が語られている時に、カイはジャーナリストになった上で、どう動いていたかを描かれています。

 Amazonプレビューでは、それなりに高評価を受けているのを見かけていましたが、僕としては~まぁまぁの評価でしょうか。

 漫画の雰囲気は良くて面白く読みましたが、高評価とまではいかなかったりします。

 僕はこの漫画に、もっとドロドロした戦争の裏話を期待していたのですが…やはり劇場版Zガンダムを盛り上げる為の漫画でした。

 これは僕が勝手に変な期待を込めて、その期待とおりではなかったという、僕の身勝手な評価な訳ですけれど…Zガンダムの物語に寄り添いすぎ?という印象です。

 

 僕がこのデイ・アフター・トゥモローを見て期待してしまったものというのは、カイが強化人間やサイコ・ガンダムについて、何かしら動いて調べているのではないか?と思えたのです。

 そんなの無くても良いのですが、カイを中心とした独特な物語に期待していたのです。

 カイへの期待として強化人間とサイコ・ガンダムの話をあげたのは、そこに物語として見てみたいものが僕にはあったのです。

 

 Zガンダムのアニメ版でも劇場版でも、サイコ・ガンダムを操縦する強化人間のフォウ・ムラサメというヒロインがいます。

 Zガンダムの主人公であるカミーユ・ビダンと恋人関係になり、物語上で重要な人物となります。

f:id:motonari1:20190630222417j:image

https://www.dailymotion.wiki/video/mTbptvscKYM/aichi201501.html

 そのフォウの名前は本名ではなく、ムラサメ研究所の4番目の実験体ということで、その呼び名はフォウ・ムラサメとされました。

 フォウは研究のなかで記憶を失い、本名さえも失ったのです。

 実は、そのフォウとカイを結びつけるものが、ガンダムの物語のなかにありました。

 

 少し話は飛びますが。

 ファースト・ガンダムの時である一年戦争時代、ミハルという民間人の女スパイがいたことを覚えていますか?

 ミハルはカイと知り合いになったあと、ジオンのスパイとしてホワイトベースに潜り込みました。

f:id:motonari1:20190630221902j:image

http://www.gundam-gundam.com/entry/kai-shiden

 その後、ジオン軍との戦闘になり、ミハルは行方不明になります。

カイはミハルと意気投合して仲良くなっていた為に、酷く悲しみます。

 ミハルはスパイをしながらお金を貯め、兄弟達と戦争のない土地へ引っ越して暮らすことを夢見ていました。

 恐らくは戦災孤児で、親はいないのでしょう。

 そんな話を思い出しながら、カイは悲しんでいたのです。

f:id:motonari1:20190630221742j:image

http://www.gundam-gundam.com/entry/kai-shiden

 そのミハルのスパイ問題が発覚した後、地球連邦軍はミハルの兄弟を保護した後、ムラサメ研究所の実験体として送り、フォウとも接している話があるそうです。

 僕はまだ読んでいませんが、たぶん、小説版のZガンダムでしょうね。

 

 ジャーナリストになったカイが、ミハルのことを調べてみたりして、そこから強化人間に繋がりそうな状況があるのですが…そんな話はありません(..)

 まぁ、勝手に僕がそういうのないかな?と思って、この本を手にしたのですがね。

 漫画のなかで、サイコ・ガンダムが断片的に出てきて、カイはその研究者たちと接触まではしているのに、少し冗談ぽく話は流れて終わります。

 

まぁ、サイコ・ガンダムの話は、僕の勝手な妄想やら期待やらの話なので、そんな話はないのは当然の話です。

 ただ、そういうカイだからこその物語に期待していたのですが、漫画の後半は、Zガンダムのひと場面でありそうな感じのものばかりになっていて、ドロドロにはいかずに爽やかで終わっていきます。

 裏話として、Zガンダムの物語のなかで、アムロが乗っていたディジェというモビルスーツの顔が、本来はガンダムタイプの顔であったそうです。

 それを開発途中から、ザク系統の顔に変えてしまったという話もあって、多くの人は面白く読んでいたのでしょうが…やっぱり僕は「そのディジェへの関与は、別にカイではなくてもいいんじゃないかな?」と考えてしまったりで、僕はヘソまがりなのでしょうね。

 そして、漫画の趣旨や縛りの関係でも、Zガンダムの場面を折り込んだこういう話になってしまうのでしょうね。

 ということで、またいつかデイ・アフター・トゥモローを再開して、そういうマニアックなドロドロした話を描いて欲しいなぁと思うのでした。

 

 漫画の評価として、マイナスの様な話を書いてしまいましたが、面白い漫画でしたよ。

 興味ありましたら、読んでみてください(^^)