絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

ドルチェノフという名前の猫 5

 僕と一緒にいるときのドルチェノフは、いつも笑顔でゴロゴロとのどをならしていました。

 でも、猫の世界には色々とある様でして。

 外から僕の元に帰ってきた時には、悲しい鳴き声をしてくる場面も何度かありました。

 

 当時、小学校に通う僕にも色々とあり、楽しい場面ばかりではありませんでした。

 それでもドルチェノフと会えば、そんなことを忘れて遊んだものです。

 そんな僕の色々とは、兄弟喧嘩であったり、いつも学校の宿題をやらずに叱られていたり、そんな感じのことです(--;)

f:id:motonari1:20190604051433j:image

 ドルチェノフの場合は、なわばり争いが主だったのではないかと考えています。

 ごくたまに、1~2週間とかの期間で、ドルチェノフは僕の元に帰ってこなくなる時がありました。

 その後で、体の色んなところに怪我をして帰ってきて、悲しい鳴き声を僕に向けてしてくるのです。

 たぶん、どこかの野良猫に攻撃されて、受けた傷なのでしょう。

 むかし読んだ何かの漫画で、猫のなわばりのことを語っていました。

猫が他の猫のなわばりに入り込んでしまった時、その猫はなわばり内の猫に追い回され、なわばりの外に追い出されることになります。

 そうして、逃げた先も別の猫のなわばりであることが多く、繰返しなわばりの猫に追い回されることで、その猫が本来帰るべき家やなわばりから遠のき、帰りたくても帰れなくなってしまう、という話を読みました。

 ドルチェノフはノンビリしていつもニコニコしているから、ケンカもしないで逃げるばかりか、ケンカしても弱っちい子だと考えています。

 

 ある日のこと。

僕は家に居て、ドルチェノフは外から家に帰ってきて、二階の僕の部屋に急ぎ足でやって来ます。

 そして、僕のところにきて無言で固まってます。

 いつもと様子が違うように見えて「どうした?」と話しかけていると、後ろから「ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ー!!」という恐い何かの叫び声が聞こえてきます。

 その鳴き声で振り替えると、肉付きのよい強そうな猫がドルチェノフを威嚇しているのです。

 そこで振り返った僕とその猫とで目が合い、その猫は驚いて逃げていきます。

 しかし、その猫のすぐ後ろには階段があり、その猫は階段を踏み外して転げ落ちていきます。

  ゴトン、ゴトゴトゴトゴト…

 その猫のことが心配で後を追おうとしましたが、すぐに外へ逃げていき、怪我なども確認できませんでした。

 階段付近の床は木でできているのですが、何ヵ所かえぐれています。

 きっと、その猫の爪痕でしょう。

 むかしの記憶なので、イメージを膨らませている可能性もありますが、この地域のボス猫は、こんなにも恐い子だったのかと驚きました。

 あの猫だったらドルチェノフどころか、人に飼われた犬や僕なんかでも、負けるかもしれません。

 

 この頃の僕は、まだ知らないことばかりなのですが。

 猫のなわばり争いで相手の猫が病気を持っていて、その争いで傷を負うと、猫エイズや猫白血病に感染する可能性があります。

 以前に書いたそぼろくんも、恐らくはなわばり内のボス猫に攻撃され、猫白血病に感染したのでしょう。

 この猫エイズや猫白血病は、猫どうしで感染はしますが、人には感染しません。

 そういう病気や事故などを考えると、出来ることなら、猫は家のなかだけで生活させた方が、ずっと長く生きていける様です。