絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

泥だらけだった子猫 5

 添付するたぬ吉の画像は、もう他にないので、今回で話をまとめたい処です。

(^_^;)

 このたぬ吉をひっくり返すと、画像の通り、もっと珍しい毛の模様をしていました。
f:id:motonari1:20190415183019j:image

 たぬ吉の飼い主は、拾った翌日に決まりました。

 会社へアルバイトに来ている女の子の友達が、たぬ吉を引き取ってくれたのです。

 他にも、里親を名乗り出てくれた人もいまして、たぬ吉は意外にも人気者でした。

 変わった毛並みが、逆に人の目を引いたのかもしれません。

 

 拾った日のたぬ吉は、可愛くない変な鳴き声をあげながら、あちこち歩き回ってばかりでした。

 でも、この日のたぬ吉は寝てばかりです。

 あの行為が母猫を探していたものだったなら、やはり必死だったのでしょう。

 それから僕を母猫と思い込み、安心したであろうたぬ吉は、疲れたのか、よく寝ます。

 

 それから夕方、たぬ吉を引き取りに、アルバイトの子がきました。

 たぬ吉を連れて、一旦家に帰り、それから飼ってくれる友人の家に向かったそうでして。

 その一旦家に帰った時、そのアルバイトの子はたぬ吉と少し遊んで情がうつり、『友達には嘘をついて、この子は私が引き取り、私がこの子を育てようかな…』という考えは何度も頭に過ったといいます。

 そんな考えを振り切り、友人の家へたぬ吉を渡し、それからはたぬ吉が恋しくて、泣きながら家に帰ったそうです。

 子猫の愛らしさの威力は凄いですね。

 

 たぬ吉を引き渡したその日も、雨が降っていたもので、たぬ吉の新しい名前は『アメ』としたそうです。

 里親さんの家ではワンコも飼っているそうで、たぬ吉は人見知りもせず、飼い主さんやワンコとも仲良く暮らしていると聞きました。

 

 めでたしめでたし。