絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

そぼろくん 3

 そぼろくんの不思議。

f:id:motonari1:20190211135348j:image

 そぼろくんは、カラオケ居酒屋に毎日やって来ます。

 最初から心配していたことで、お店のなかに入ってくるのではないか、という問題。

 お店の入口は自動ドアで、センサーさえ反応すれば、いくらでも入ってこれる状態にはあります。

 しかし、お店の入口まで来たそぼろくんは、ドアが開いてもお店に入ってはきません。

 そぼろくんは自動ドアの前までやって来て、ドアが開いて僕を見つけると、「ニャー」と鳴いている様に口を動かします。

 でも、実際には鳴き声を出しません。

 僕は仕事の合間に、窓からそぼろくんを覗きみますが、その時も、僕に気付いたそぼろくんは鳴いている様に口を動かします。

 

 飲食店として、そぼろくんをお店のなかに入れることは出来ません。

 その人間側の都合を、そぼろくんは理解しているかのように、最初からずっと守っています。

 僕には不思議に思えるのですが、そぼろくんの心理はどうだったのでしょうか。

 お店に出入りする従業員やお客さんに可愛がられながら、それでも、お店のなかは人の縄張りで恐かったのか。

 或いは、お店のなかには入っていけない雰囲気を察していて、いい子にしていようと我慢していたのか。

 その真意は、今もわかりません。

 

 カラオケ居酒屋店は、12時から開店し、深夜1時(週末は3時)に閉店します。

 営業時間内では、時々、お客さんやアルバイトの子達が、そぼろくんへご飯をあげたり遊んだりします。

 でも、僕がゆっくりかまってあげられるのは、殆どが閉店後になります。

 その閉店後、少しの間だけ遊んだり膝の上に乗せてやります。

 多くの猫と同じく、そぼろくんも人の膝の上で寝るのが好きでした。

 膝の上で寝ることを経験してからは、雑用関係で、僕が店の入り口を出入りしている時。そぼろくんは僕の足に手をかけて「膝に乗せて」と頻繁に求めてくる様になりました。

 それでも営業時間内の僕は、殆ど構ってあげられませんでした。

 

 僕が個人的に思っていることで、何かに書いてあったという話ではないのですけど。

 猫が人の膝の上に乗ることを好むのは、人に守られている感じがするからではないでしょうか。

 幼い子猫たちが、母猫のおっぱいを飲み、母猫の側で寝るような感じと、人の膝の上で寝る行為は、少し繋がっている様に僕は思っています。

 飼い猫の心理として、猫は大人になっても、飼い主のことは母親の様に思っているといいます。

 人の膝の上にいる限りは、外敵などの心配もなく、人(母親)に守られて安心できる…そう書かれた本やネットページも、今のところ見たことは無いので、これはあくまでも僕の持論です。

f:id:motonari1:20190211130429j:image

アクリル画(F3号だったかな)