絵と猫とぐだぐだ ~髙木元就

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

『#あの時の話』の終わり No.148

 随分と長く書いてしまった『あの時の話』というカテゴリーの話だけれど。

 今回で、このカテゴリーの話は終わりとする。

 またいつかこのカテゴリーを使って、新しい話を書くかもしれない。

 でも今のところは、その予定や考えはない。

 

 人生は、色々とある。

 誰かからは小さな問題に見えても、別の誰かには、一生つきまとう大きな問題だったりもする。

 誤解もある。

 ただ愚かに見える行動でも、そこには必然や深い意味や悪意や善意が隠れていることもある。

 善意でとった行動が、仇になったり、悪意に受け取られたり、そのことで恨まれたり。

 能力や思考的なもので、出来ることや出来ないこともあり、そのことで面倒なことにもなる。

 こういうのは多少なりとも、みんなあると思う。

 僕の人生も、そういう事柄に振り回されてばかりで、色々とあり、そんな一個人の話がこのブログの話だった。

 これから先、僕の人生をもう一歩進めた時、また幾つかのトラブルや不安なんかも想定している。

 そうなる要素も既に幾つかあって、その根本になる部分を、全てではないけれど、ここには書き起こしてきた。

 僕の持つ漠然とした考えを、文章に置き換えようとする意図もあった。

 僕という個人へ憎み恨んでいる人に対しても、あの場面はどういう状況であったかを、僕なりに書いてきたつもりだ。

(そういった人物達は、僕のこのブログなんかを、読もうとなんかしないだろうけれど。)

 そういった、細々とした意図は多々あったけれど、今回でこのカテゴリーの話は終わりとする。

 

 ブログ自体をやめる訳ではなくて、この後も、幾つかの話を投稿するつもりでいる。

 過去記事を、少しだけ手直しするつもりでもいる。

 ブログ以外で、新しく手を出そうと考えていることもあったりで、幾つかの記事を書いた後には、このブログは暫く放置してしまうかも知れない。

 

 という訳で、僕の長々と書き綴ったこんな話を、ここまで読んでくれた人がいたなら、ありがとうございました。