絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

テッポウユリ3 No.16

 日本画制作で、テッポウユリの細密描写の課題。その講評会前後の話。

 

講評会の直前

 大学が始まり、最初の課題制作を始めた辺りでは、特に疑問もなく始まっていた。

 しかし、教員達の話に耳を傾ける度、理解の出来ないことばかり増えていく。

 そのことに質問を持ちかけても、答えてくれないか、聞いたこととは少し違った内容しか返ってこない。

 僕の質問の仕方が悪いのだろうが。

 それ以前に、教員達の「解らないことがあったら、聞きに来てください」という言葉を額面通りに受け止め、質問をしている僕の行為自体が悪いのだろうか、等と考え込んでいた。

 

 テッポウユリの講評会は迫ってきて、ようやくS先生やA先生(女子)なりの教える描き方や考え方が口に出始めていた。

 その内容に対しても、僕は疑問を持っていくことにもなる。

 S先生とA先生(女子)の述べる描き方は、描くモチーフの持っていない色の絵具を塗り重ねていき、意図せず偶然出来上がった色合いや感じを利用し、絵を仕上げていくものであった。

 その行為を「色を探す」と言っている。

 それは日本画に限らず、水彩絵具で写生する際の基礎でもあり、そういう描き方をしなけれならなかったそうだ。

 20人くらいいる一年生のなかで、僕だけがそれをやらず、制作時間もまわりよりもかなり早いペースで仕上げようとしている。

 直接的ではないが、それが僕の絵の良くない処だと言われている様だ。

 

 その描き方に、僕は「それはおかしくないですか」と返す。

 僕がそれまで学んできた、基礎的としての写生や描写というのは、偶然に頼って描くものではない。

 モチーフを見つめ、そのモチーフから感じ取った色を塗り重ね、色を作っていく。

 白いモチーフを鉛筆でデッサンするときも、濃い鉛筆の濃淡を使えないということは、そのモチーフの持つ色味を感じ取れていないのだ。

 そういうものを絵画の基礎として、僕は苦労して学んできた。

 僕がまだ絵を上手く描けなかった頃、模索のなかから、その様に描いていた場面は多くあった。

 イメージのなかから絵を描くのに、そういう描き方をするのも否定はしない。

 しかし、絵画の基礎を学び、大学の入学試験を通過した上で描く、写生や際密描写というのは違うのではないか。

 それが違うというのであれば、大学側の説明不足や、課題名の付け方に間違いがあるのではないか。

 そんな感じの話を、僕はしていた。

 A先生(女子)は、僕のこの話などを聞き入れることなく「これはこういう課題だから、言われたことをやりなさい!」とばかり、怒りながら指示してくる。

 僕はそれまでも、指示には従ってきたつもりではいたし、その上で「解らない」と述べてきた。

 そのことさえ理解してもらえていないのではないか、という疑問を持ちながら、指示には従う。

 

 だが、その指示に従っているつもりの僕の制作にも、A先生(女子)は不満を持っていた。

 課題の締切・講評会が迫っていて、仕上げる兼ね合いもあり、モチーフにない色を塗っていくのでも、モチーフにある色に近い色を使ってしまう。

 その作業を見ているA先生(女子)は、赤や青や紫の顔料(絵具)等を制作している絵の上に置き「こういう色を使って、絵を壊しなさい!」と語気を荒げて指示してくる。

 僕は「もう明日が講評会ですよ。それでも今から壊さなければいけませんか?」と言葉を返すものの、A先生(女子)は僕の言葉を遮りながら「いいから、黙って言われたことをやりなさい!」と怒鳴り付けてくる。

 そうして、僕のテッポウユリの絵は、白い花の部分まで赤黒く濁った色に塗すことになり、そのまま講評会を迎える。

f:id:motonari1:20190824141912j:image

テッポウユリとは? | ユリ.net

 

テッポウユリ課題の講評会

 僕の課題はグチャグチャの状態のまま、講評会を迎え、提出する。

 それまでに行っていたS先生やA先生(女子)とのやり取りの内容は、全て無視したかたちで散々に怒られ注意される。

 モチーフを見て描いていない、身勝手に抽象画をやっている、人(教員)の話を全く聞かない、解らないことがあったなら、研究室へ聞きに来ればいい。

 そんな内容で、K先生からはずっと責められる。

 僕側も幾つかの反論はするのだが、僕の描いた絵を見ながら、僕の述べている内容とは関係なく怒り「こんな絵を描いているのは、あなただけではないですか」という指摘だけで片付けられる。

 その講評会にはA先生(女子)もいて、前日等に絵を壊す指示をしていたことや、僕が質問を何度も繰返し行っていたことも無視し、「解らないことがあったら、何でも質問に来いや」という言葉で、僕の絵の講評は一方的に打ち切る。

 話が全く噛み合おらず、そのことをA先生(女子)はある程度の認識を指定ながら、K先生の発している言葉をたてる為、わざとこんなことを言っているのだろう。

 僕には、A先生(女子)の言葉をその様にしか解釈できなかった。

 

 講評会で見る同級生たちの作品を見ても、僕よりも力があると考えられる作品はなかった。

 この話しも20年以上まえの話であり、時間の経過で、僕がそう思い込んでしまった可能性も少しはあるだろう。

 この当時であっても、自分の絵が下手であっても、それを本音として受け入れられない心理も、浪人時代の経験から理解はしている。

 そういう心理状態と合わせ、現実に僕が描いたテッポウユリの課題は、自分の意思ではないにしても、僕が自分の手を動かして描いた作品そのものである。

 目も当てられないそんな酷い僕の作品を教員や生徒達の前に出し、その作品について、どんな話や主張をしていても、誰も僕の発言を信じたり聞き入れたりはしない。