絵と猫とぐだぐだ

雑記ブログです。趣味で絵を描いています。漫画やイラストなども含めて、幅広く絵の好きな人に読んで貰いたいです。

新入生歓迎会1 No.44

 新入生歓迎会

 新入生の歓迎会は、毎年の恒例であった。

 出席するしないに関わらず、2年生以上はみんな会費を払わなくてはならない、という流れで毎年やっていた。

僕は会費は払っても出席する気は持てないでいた。

 これ迄に書き綴ってきた様に、僕は入学して半年もしないうちから、同級生との人間関係も破綻していた。

 そんな僕が新入生歓迎会へ出席しても、まわりや僕も不快な思いをするだけである。

 新入生を歓迎しようと少しでも考るなら、僕はその会に出席しない選択が適切だと思えていた。

 そうして欠席した歓迎会のなかで、おかしなことが起こっていた。

 その場面に僕はいなかったので、取り敢えずは、そこで起きていたことの記述はしないでおく。

 

 歓迎会のあった日の翌日

 僕はいつも通りに学校へ来て、午前中の講義を終える。

 その後は、日本画の校舎に向かって移動する。

 その途中にある彫刻科の校舎の前に、日本画の先輩のDがいた。
 親しい関係では無いのだけど、お互いに顔見知りということもあり、「こんにちは」と挨拶意するが、何の反応もない。
 僕の声は明らかに聞こえているのに、わざと他へ顔を向ける。
 まあいいや…深く考えず、僕は通りすぎる。

 通り過ぎてから、少し大きめな声が聞こえてくる。
「何でそんなことするんだよ。高木はいい奴じゃねぇか」
 僕の名前を出しながら、大きな声を出している事に驚いて振り替える。
 その日本画のDに対しして、彫刻科の先輩の江崎さんが怒鳴り怒っている。

 このEは、大学へ入学した当初に僕が入った柔道サークルの人であり、この一連の流れを見ていた。

 その柔道サークルも、僕は「日本画の件で迷惑をかけてしまうから」といって、早い時期に辞めてしまっている。

 たまたま物陰になって僕は気付いていなかったのだけど、その他にも、Dのまわりには彫刻家で顔見知りの人は何人も居た。

 

 この場で江崎さんが怒っているのは、Dが僕を無視したという単純な話ではなく、前提にある事情もあった。

 大学入学前からの知人や、僅かでも柔道サークルへ入った関係から、僕には彫刻課の知り合いが多くなり、僕を彫刻課の生徒と誤解している人もいた位だった。

 その彫刻の上級生たちには、日本画でのトラブルや事情等は、あえて説明してこなかった。

 それでも日本画の同級生等は、僕の彫刻科での交遊関係を壊そうと、「高木には日本画の友達はいない」とか「高木は日本画の先生達からももの凄く嫌われていて、誰からも相手にされない奴なんだ」といった話を持ちかけていた場面があった。

 そういう場面に居合わせたり、人伝に聞いたと確認に来られたりすると、
「僕は変態だから、日本画では友達も出来なかったんだ。迷惑をかけちゃった様でごめんな。」
等と僕は冗談混じりで話し、「これからは、あまり僕に関わらない方がいいかもね」等といって、日本画の同級生達の時と同様に、僕は交遊関係を諦めようとする。

 それで交遊関係が切れていったのは日本画の生徒達だけで、彫刻科の生徒達は、逆に気を使ってくれて縁は切れなかった。

 そうして、そういうことをしてしまう日本画の生徒へ、彫刻科の知人は怒ることで、僕の学年に限っては、日本画と彫刻の生徒間の関係は悪かった。

 彫刻科の知人からは、何度もそうなった事情を聞かれてはいたけれど、僕は「それを話してしまったら、(彫刻と日本画での)仲直りや後戻りが出来なくなるから…」と言って、最後まで誰にも説明することはしなかった。

 

 それから、江崎さんとDが中心になり、僕のまわりで何が起きているのかを質問される。

 その質問に対して、僕はこの時もその内容に答えることは無かった。

 この場面でDの行ったことは、僕の挨拶を無視しただけではなく、その場に居た彫刻科の生徒達へ「あいつには係わらない方がいい」と語り始めたものだった。

 Dの言い分としては、先日の歓迎会で僕の名前が出てきて、友達がいないとか、関わらない方がいいとか、そういう話で盛り上がっていた。

 日本画の教員達も、その話を聞きながら注意する訳でもないので、教員公認の様に見えていたし、高木が何か悪いことをしてそうなっているものと考えていた。

 だから、あの場の話通りに、高木とは関わってはいけないものだと考え、彫刻科の生徒にもそう促した。

 Dが語ったのは、そういう内容だった。

 そこから何度も繰返し、
「誰と仲が悪いんだ?」
「何があって仲が悪くなったんだ?」
「誰が嫌いなんだ?」
 という質問を受けるが、僕は何も答えなかった。

 

 僕の感覚で普通に考えると、新入生歓迎会でそんな話を聞いたからといって、一緒になってそんな悪意ある行動をとるだろうか?という考えが浮かぶ。

 でも、現実の人の考えや動きというものは、そんな愚かなことをして、後になってからつじつま合わせの嘘をつき、自分は悪くないと語る。

 或いは、散々悪乗りしておきながら、自分は関係ないとか知らなかった等と語る。

 そんな人が、世の中にはあまりに多いと思う。

 昔から言われているもので、日本人はまわりに合わせた動きをしてしまう。

 集団心理的なもので、ずっと仕方ないと思おうとしてきた。

 そして、この頃の僕は、人間関係よりも絵を描くことに集中しなくてはならない意識から、孤立することに躊躇はない。

 

 この後も、まだ何かが起きるかもしれない…
そう思っていると、その何かはやはり起こってしまう。